林和成監督(星稜)の離婚した嫁や子供は?松井秀喜との関係も調査!

こんにちは!

石川県の星稜高校といえば、高校野球ファンにはもうおなじみの強豪校ですね!

星稜高校から、プロ野球に進んで活躍した有名選手も多いです。

今回は、その星稜高校の林和成監督にスポットを当ててみました。

林和成監督の離婚した嫁や子供について、

さらには、あの松井秀喜さんとの関係についても調べてみたので、どうぞご覧ください!

林和成監督(星稜)の離婚した嫁は?

出典:https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180528/spo1805280009-p2.html

 

林和成監督は、実は離婚している、と言われています。

離婚した、元の奥さんはどんな方なのか?を調べてみました。

とは言え、一般の方でしかもプライベートな問題なので、

詳しい情報はわかりませんでした。

 

一説には、元の奥さんも林和成監督と同じく教員だった、という説もありますが、こちらは定かではありません。

結婚生活の中では、意見や価値観の食い違いは出てくるでしょうから、そういった部分が積み重なって離婚する事になったのかな、と個人的には想像しました。

お互いに話し合って納得した上での離婚なのでしょうから、今は林和成監督も、元の奥さんも気持ちを切り替えて生活しているのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

林和成監督の子供も調査!

出典:https://baseballgate.jp/p/262144/

 

林和成監督には、お子さんもいたようです。

そのお子さんについても調べましたが、

こちらも情報が少なく詳しい事はわかりませんでした。

 

星稜高校は中高一貫で、その星稜中学にお子さんは通っていた、とも言われているようですが、こちらもはっきりはしていません。

もしそうだとしたら、「星稜高校野球部の監督の息子さん」というだけでも注目を浴びるでしょうから、お子さん本人も複雑な気持ちはあったのかもしれませんね。

お父さん譲りの運動神経で、何かスポーツをやっているのでは?と、私としては予想しています。

今後、何かのスポーツで頭角を現して、良い意味で全国的に注目を集める、という事もあるかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

 

林和成監督と松井秀喜との関係とは?

出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20190128-34

 

松井秀喜さんといえば、国民栄誉賞まで受賞している野球界のスーパースターですね!

巨人の4番を打ち、その後は大リーグのニューヨーク・ヤンキースでも大活躍しました。

林和成監督は、あの松井秀喜さんと関係が深い、という噂もあるので調査してみました。

 

すると、意外な事がわかりました。

林和成監督と、松井秀喜さんは、星稜高校時代のチームメートで、しかも三遊間でコンビを組んでいました!

 

有名な、松井秀喜さんの「5打席連続敬遠」があった1991年夏の甲子園の試合でも、林和成監督は2番・ショートで出場しています。

林和成監督の方が1学年後輩ですが、2人は卒業後も付き合いが深かったようです。

林和成監督が大学卒業後、指導者の道へ進むか悩んでいた時に、松井秀喜さんに相談したそうです。

松井秀喜さんは、

「どちらの道に進んだとしても、応援する」

「星稜高校の指導者として進むなら、全力で応援する」

とアドバイスし、それが林和成監督が指導者になる後押しになったそうです。

人生の岐路に立った時に相談する間柄というのは、お互いの信頼関係はとても深いんですね!

ちなみに、2018年夏の甲子園では、松井秀喜さんが始球式に登場しました。

 

 

この時、緊張からかボールがワンバウンドしてしまったのですが、林和成監督は、

「僕に力むなと言っていたのに、力んでいましたね」と取材で話し、笑いを誘っていたそうです。

仲の良さを感じる、いいエピソードですね!

 

スポンサードリンク

 

林和成監督の経歴やプロフィール!

出典:https://baseballmaniaa.com/seiryou-5030

 

ここで、林和成監督のプロフィールを紹介します。

林 和成(はやし かずなり)

 

生年月日:1975年7月23日(43歳)

出身地:石川県

出身高校:星稜高校

出身大学:日本大学

選手時代は、星稜高校で松井秀喜さんらと甲子園に出場しています。

日本大学では、準硬式野球部で活動していました。

卒業後は実家の建設関係の家業を継ぐつもりだったそうです。

それが、先ほどの松井秀喜さんの後押しもあり、指導者の道へと進む事になります。

指導者としての経歴も紹介します。

  • 1998年 星稜高校コーチ就任
  • 2004年 星稜高校野球部長就任
  • 2011年 星稜高校野球部監督就任

やはり、お世話になった母校へ恩返しがしたい、という気持ちが強かったのかもしれませんね。

2011年の監督就任以来、

夏の甲子園には2013年、2014年、2016年、2018年に出場

春の甲子園(センバツ)には2018年に出場しベスト8まで進みました。

星稜高校としての、甲子園での最高成績は1995年夏の準優勝です。

林和成監督は、きっと甲子園での優勝を目標に指導しているんでしょうね!

 

いかがでしたか?

名門・星稜高校を率いる林和成監督は、松井秀喜さんの全力応援も受けながら、甲子園を目指して選手たちを率いているんですね!

近いうちに、林和成監督の甲子園での胴上げが見られるかもしれませんね!

読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください