高校野球記事大量作成中!メンバー表を右にスライドすると更に詳しく見れます!

土浦日大高校野球部2018年メンバーや監督は?部員数やプロも調査!

こんにちは!

みなさん、台風は大丈夫でしたか?

久々の雨で嬉しいですが、台風は被害が出てしまうので、心配ですね。

 

早速ですが、今回は、茨城県大会、優勝の土浦日大高校野球部について書いていきます!

2017年に続き、2連覇の土浦日大高校野球部2018年メンバー監督部員数プロについても調べてみました!

土浦日大高校野球部2018年メンバーや出身中学は?

まずは、土浦日大高校野球部2018年メンバー紹介からです!出身中学についても書いていきます!

控え位置氏名学年投打身長体重出身地出身中学校前所属
富田 卓茨城土浦市土浦第四中オール茨城県南
小沢 礼嗣千葉我孫子市布佐中中学軟式
小管 康太茨城守谷市守谷中竜ケ崎シニア
石渡 耀茨城取手市永山中取手ファイトクラブ
井上 莞嗣東京足立区第四中足立区ブラックキラーズ
鶴見 恵大茨城古河市総和南中古河シニア
鈴木 健太茨城つくば市高崎中竜ケ崎シニア
木原 琉位茨城土浦市土浦第四中オール茨城
大賀 玲介茨城常磐大宮市大宮中中学軟式
荒井 勇斗東京足立区第九中足立ブラックキラーズ
清水 樹東京修徳中中学軟式
中川 朋彦茨城常磐市石下中オール茨城県南
大和田 康太茨城かすみがうら市下稲吉中筑波ボーイズ
岡野 誠也京葉ボーイズ
丸山 恭平茨城東海村東海南中日立ボーイズ
岡野 由伸茨城石岡市石岡中筑波ボーイズ
本田 光河茨城土浦市土浦第一中オール茨城県南
平野 太進東京江戸川区小岩第四中
河井 楽門東村山中央ボーイズ
磯貝 郁人茨城東海村東海南中日立ボーイズ

茨城県内中学の出身が12名で、東京が5名、千葉県が1名と、関東近郊を中心したメンバー構成ですね。

出典元:https://www.hb-nippon.com/hb/images/player/12166/photo.jpg

その中でも、富田卓選手は、小学生から永国東ジャイアンツで野球をはじめ、中学では茨城県南地区73校から選出の茨城オール県南チームで活躍。全日本軟式野球大会で投手として準決勝3位の成績を残す結果を残しています!

136キロの速球と、変化球を駆使し2017年からエースとして活躍する中心選手です!

https://twitter.com/83_0215rrr/status/1021968119210946561

 

 

土浦日大高校野球部2018年の監督は誰?

土浦日大高校野球部2018年の監督も調べてみました!

現在、監督を務めているのは、小菅 勲 監督です!

まずはプロフールです。

出典元:https://ibanavi.net/img/id/contents/178/38161354_l.jpg

名前:小菅 勲

生年月日:1966年生まれ(51歳)

出身高:取手第二高

指導歴:(1993~1999)伊奈・(2000~2015)下妻二・(2016~)土浦日大

 

小菅勲監督は、高校時代、3年春、夏に甲子園出場を経験し、清原和博、桑田真澄がいるPL学園と対戦し、全国制覇を経験しています。

高校卒業後、一度は、公務員として就職して、野球から離れていましたが、教員免許を取得する勉強をするために、退職し、勉強しながら、恩師である、木内幸男監督のいる常総学院のコーチとして活躍。

正式に教員免許を取得した後、伊奈高校、下妻第二高校を経て、土浦日大高校に赴任しました。

全ての高校で、野球部の監督になり、下妻第二高校時代に2回、土浦日大高校で1回の甲子園出場を果たしている指導力のある方です!

 

土浦日大高校に赴任してすぐは、なかなか、選手たちが受け入れてくれず、苦労したそうですが、監督自ら寮に泊りに行き、選手たちと話をする時間を作ったりして、信頼関係を築いていったそうです。

今回の茨城大会決勝は、当時、取手第二高で一緒に甲子園に出場していた同級生の佐々木力監督が率いる常総学院との対戦で、小菅勲監督にとっても、特別な試合でした!

「全国優勝した時のチームメートと、100回大会でこういう形で対戦させていただくのは大変ありがたい」

出典元:https://www.asahi.com/articles/ASL7T365BL7TUTQP008.html

当時、取手第二高校の監督を務めていた、木内幸男さんも試合に駆けつけ、教え子たちの率いる高校の試合を見守ったそうです。

「今日は両方に勝って欲しいね。まあそれは無理なんだけど」。満面の笑顔で、教え子たちの戦いを見守った。

出典元:https://www.asahi.com/articles/ASL7T365BL7TUTQP008.html

青春の高校野球には100年の歴史があり、監督たちのストーリーもあり、ドラマを感じますね!!

 

土浦日大高校野球部2018年の部員数やプロ野球選手も調査!

強豪校の土浦日大高校には毎年、多くの野球部員が、入部してきます。

現在の部員数は、75名です。

茨城県内の選手も多いので、自宅から通っている生徒もいると思いますが、グラウンドの隣に、合宿寮も完備していますので、県外からの選手も、野球に集中できる環境のようですね!

 

土浦日大高校からプロ野球選手になった方々も調べてみました!

  • 大室 勝美 :日本ハムファイターズ(1973~1976)
  • 大西 忠 :阪急ブレーブス(1971~1974)
  • 工藤 一彦 :阪神タイガース(1975~1990)
  • 田中 毅彦 :ヤクルトスワローズ(1978~1982)
  • 羽生田 忠克 :西武ライオンズ(1983~1997)
  • 小山田 保裕 :広島東洋カープ(1999~2007)・横浜ベイスターズ(2008~2010)
  • 神戸 拓光 :千葉ロッテマリーンズ(2007~2014)

土浦日大高校野球部が初の甲子園出場したのは、1974年ですが、甲子園出場前から、プロ入りしていることがわかり、以前から、実力のある選手が集まってきているのですね!!

今年、茨城県大会優勝の成績を残したのもあり、今後も、土浦日大高校に野球留学も増えそうですね!

 

 

今回は、茨城県 日大高校野球部2018年について、調べてみました。

監督のつながりもわかり、決勝戦で敗れた常総学園高校の思い・・だけでなく、茨城県の高校全ての思いを背負い、甲子園でも思いっきり、実力を発揮してほしいな!と思いました!

暑い夏を、もっと熱くしてくれることを期待しましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください