高校野球記事大量作成中!メンバー表を右にスライドすると更に詳しく見れます!

湯婆婆とゼニーバ(銭婆)の違いは?同一人物説やかめはめ波も調査!

千尋とハク、カオナシを初め、

数多くに人気キャラが登場する「千と千尋の神隠し」ですが、

忘れてはならないのが湯婆婆ゼニーバ(銭婆)です。

 

主要キャラであり見た目のインパクトも強いので、

忘れたくとも忘れられないキャラですね。

 

特にカオナシに放ったかめはめ波(?)はかっこよかったですね。

そのあと悲劇でしたけどね。

 

今回はそんな湯婆婆とゼニーバ(銭婆)について、

2人はいったい何者なのか、

違いはどこなのか、

同一人物説は本当か、

かめはめ波についても調べてみました。

 

湯婆婆とゼニーバ(銭婆)は何者なのか?


出典:
http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/12/8c86954bceaa99de93547deb7ec3917b27d46b4c.73.1.12.2.jpeg

 

湯婆婆は八百万の神様たちが

疲れを癒しに来る湯屋「油屋」の支配人です。

 

「油屋」の従業員は湯婆婆に名前を奪われ縛られています。

 

働かなければ動物にさせられてしまいます。

 

そのほかにもいろいろな魔法で

湯屋の営業を切り盛りしていますね。

 

お客様は神様(実際そうですが)として

低姿勢でお迎えする姿も描かれています。

 

老舗旅館の敏腕女将のようですね。

 

一方で息子の「坊」には過保護な面も見られます。

 

対して姉の銭婆は常に落ち着いていて、

物事を達観している印象があります。

 

静かな暮らしを好むようで、

「沼の底駅」周辺の家に住んでいますね。

 

外国の田舎のようです。

老後はあんな生活がしたいですね。

 

こちらの関連記事もどうぞ!

千と千尋の神隠しの坊のセリフや名言は?部屋や父親も調査!

 

湯婆婆とゼニーバ(銭婆)の違いは?

恐怖と魔法で従業員を縛る湯婆婆と、

暖かい包容力でカオナシに居場所を与え、

千尋と坊を一回り大きく成長させた銭婆、

2人は正反対と言っていいでしょう。

では、外見はどうでしょうか。


出典:http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=22939358.L

こちらは銭婆ですね。

 

画像のように外見は瓜二つです。

 

銭婆の方が若干目に優しさが出ていますか。

 

しかし、外見だけで判断するのは難しいですね。

 

いろいろなところで、

湯婆婆は胸元にイボが1つ
銭婆は胸元にイボが4つ(原画 田中敦子より)

というコメントが紹介されています。

 

劇中での判断はできなさそうですね。

 

このコメントもジョークという噂もあります。

 

坊も間違えていましたし、

性格以外での見極めは厳しいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

湯婆婆とゼニーバ(銭婆)は同一人物?!

これはジブリによくある都市伝説や噂の一つですね。

 

見分けの判断基準がないので

そう思うのも致し方ないのかなと思います。

 

実際に2人そろって登場もしていませんしね。

 

2人とも強力な魔法を使いますから、

騙したり瞬間移動位できそうですね。

 

とはいえ、性格はほぼ正反対です。

 

同一人物ならハクに迎えに行かせる必要もありませんしね。

 

また、2人で一人前という発言もありました。

 

ピッコロ的な感じで

もともと1人だったのが分かれたのかもしれませんね。

 

湯婆婆のかめはめ波をチェック!ゼニーバ(銭婆)も打てるの?

湯婆婆の魔法で一番印象に残っているのは、

やはりかめはめ波ですね。


出典:
http://1.bp.blogspot.com/–uBgl55UeB0/Uxnx5OA1PMI/AAAAAAAAA5g/FMoFs5jM5qw/s1600/c.jpg

かめはめ波と言っていますが、

実際に宮崎駿監督の絵コンテに

「ドラゴンボール風」と書かれていたそうです。

 

完全にかめはめ波を意識していますね。

 

魔法なので魔族が使う気功弾に寄せているようにも見えます。

 

同程度もしくは

それ以上の力を持つ銭婆も当然使えると思います。

 

銭婆の色は青系の様な気がしますね。

皆さんも湯婆婆と銭婆に注目しながら見てみてください。

 

 

こちらの関連記事もどうぞ!

千と千尋の神隠しの坊のセリフや名言は?部屋や父親も調査!

1 Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。