日清食品の2019年の駅伝メンバーや監督は?高校や大学も調査!

出典:https://sports.nissin.com/rikujo/weblog/2015/01/20150101-1.html

2019年ニューイヤー駅伝に出場する日清食品は、過去2度の優勝を果たしています。

昨年は15位でしたが、2019年は上位進出を狙っています。

日清食品は2019年のニューイヤー駅伝に、どのようなメンバー構成をしてくるのでしょうか?

駅伝メンバーや監督について、出身高校出身大学についても調べてみました!

日清食品の2019年の駅伝メンバーの高校や大学は?

出典:https://sports.nissin.com/rikujo/weblog/index.html?cid=1

 

2019年のニューイヤー駅伝に臨む、日清食品の駅伝メンバーの出身高校や出身大学を以下でチェックしてみましょう。

左右にスライドするとより詳しく見れます!

名前生年月日年齢身長/体重出身高校出身大学10000mマラソン
高瀬無量1989.1.3129171/50市立尼崎高校山梨学院大学28’03″812°12’31”
小野裕幸1986.10.332170/56前橋育英高校順天堂大学27’57″85
佐藤悠基1986.11.2632179/60佐久長聖高校東海大学27’38″252°08’58”
若松儀裕1986.12.932161/49八千代松陰高東洋大学28’44″85
村澤明伸1991.3.2827167/54佐久長聖高校東海大学27’50″592°09’47”
矢野圭吾1991.12.327172/56佐久長聖高校日本体育大学28’21″89
我那覇和真1993.10.125176/61東京実業高校神奈川大学28’46″08
徳永照1993.4.1825179/60倉敷高校中央大学28’48″19
戸田雅稀1993.6.2125174/55東農大二高東京農業大学28’22″17
武藤健太1994.2.1424172/57田村高校国士舘大学28’58″02
中谷圭佑1995.1.1223176/59西脇工業高校駒澤大学28’17″56
町澤大雅1994.4.1724169/59市立柏高校中央大学28’43″15
三浦洋希1996.10.222170/56東北高校29’19″32
バルソトン・レオナルド1994.10.2124166/53キモゴチ高校27’20″74

 

出身高校で一番多いのが、

長野県の佐久長聖高校です。

言わずと知れた、駅伝の全国区の強豪校で、2017年の全国高校駅伝でも優勝しました。

村澤明伸選手、矢野圭吾選手が在学時も全国優勝を果たしています。

佐藤悠基選手も佐久長聖高校時代、高校長距離界を席巻していました

 

出身大学を見てみると、東洋大学、駒澤大学をはじめとして、

箱根駅伝常連校となる強豪校がズラッと揃っていますね!

実際に、大学に進んだ選手全員が箱根駅伝への出場経験があります

これは、なかなかすごいですね。

能力の高いメンバーが揃っていることがよく分かりますね!

スポンサードリンク

 

日清食品の2019年の駅伝の監督は誰?

出典:https://ja-jp.facebook.com/nissin.rikujo/

 

2019年のニューイヤー駅伝で、日清食品を率いる監督は誰なんでしょうか?

名前は、

白水 昭興(しろうず てるおき)さん

と言います。

出典:https://twitter.com/nissinrikujo/status/675626831144345600

 

かつて、日産自動車やダイエーなどでも指揮を取っていたこともあり、キャリアは30年以上に及びます。

アテネ五輪6位になった諏訪利成選手などを育てるなど、指導力にとても定評のある監督です。

そういった長年の陸上界への貢献が評価され、白水 昭興監督は、日本陸上競技連盟から「秩父宮章」を受章しました。

日清食品では、「総監督」として指揮を取っています。

「日本陸上界の重鎮」と言えるのではないでしょうか。

日清食品の監督としても、2010年、2012年とニューイヤー駅伝を2度制覇しています。

2019年も、虎視眈々と優勝を狙っているのではないかと思います。

スポンサードリンク

 

日清食品の2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:https://twitter.com/nissinrikujo

 

2019年の日清食品の駅伝メンバーの中でも、注目メンバーを見てみましょう。

まずは、

佐藤 悠基選手

です。

出典:https://toyokeizai.net/articles/-/114836

今年のニューイヤー駅伝では、区間3位といい走りを見せました。

さらには、東京マラソンでは8位に入り、マラソンの自己新記録も更新しています。

2010年と2012年の優勝を知るメンバーの一人でもあり、気合が入っていると思います。

 

そして、

小野 裕幸選手

も注目の一人です。

出典:https://www.goldwin.co.jp/c3fit/athletestalk/vol01/

 

順天堂大学時代には、箱根駅伝で総合優勝を経験しています。

小野 裕幸選手も、2010年と2012年の優勝経験者で、2010年の初優勝時には、ルーキーながらアンカーに抜擢され、ゴールテープを切っています。

このベテラン2人がチームを引っ張っていく事になると思います。

 

さらに、キーマンとなるのは、ケニアからの選手、

バルソトン・レオナルド選手

ではないでしょうか。

出典:https://twitter.com/nissinrikujo/status/977085305927815169

今年のニューイヤー駅伝では2区を走り、順位を8つあげる快走をしています。

2019年も2区を任されると予想しています。

バルソトン・レオナルド選手の走りが、日清食品のレースの出来を左右するのではないでしょうか。

 

日清食品の2019年のニューイヤー駅伝のメンバーや監督、出身校を調査してみました。

今年は、チキンラーメンが誕生して60周年との事で、日清食品は注目を浴びていますが、

2019年は駅伝メンバーが活躍するのを楽しみにして、元日を待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください