中国電力の2019年の駅伝メンバーや監督は?高校や大学も調査!

出典:https://twitter.com/rikujolove/status/947732501560041475

元日に行われる、「ニューイヤー駅伝」。

古豪復活をかけて挑むのが、中国電力です。

2019年の中国電力は、どういったメンバーでニューイヤー駅伝に臨むのでしょうか?

そして、中国電力を率いる監督は、どういう方なんでしょうか?

駅伝メンバーの出身高校出身大学も調べてみました。

中国電力の2019年の駅伝メンバーの高校や大学は?

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/shino_whale/10846289.html

2019年のニューイヤー駅伝に挑む中国電力のメンバーは以下のようになります。

左右にスライドすると詳しく見れます!

名前生年月日年齢身長/体重出身高校出身大学10000mマラソン
石川卓哉1987.10.2931173/54豊北高校明治大学28’14″44
清谷匠1989.1.2429179/60世羅高校法政大学28’55″82
岡本直己1984.5.2634176/57由良育英高明治大学28’05″842°11’29”
藤森憲秀1985.2.1533176/58佐久長聖高早稲田大学28’29″412°13’11”
森本卓司1987.6.831165/48鳥取中央育英神奈川大学28’36″052°17’47”
米沢類1987.10.1931167/52敦賀気比高青山学院大学28’39″69
山崎亮平1989.11.2429174/57鳥取中央育英明治大学28’51″30
兼実省伍1990.9.2028169/54倉敷高校拓殖大学29’23″25
北魅道1992.2.2326170/55世羅高校明治大学28’42″92
藤川拓也1992.12.1726163/49世羅高校青山学院大学27’58″872°11’59”
松井智靖1992.10.3126166/50世羅高校明治大学
渡邉心1994.1.3124167/55世羅高校青山学院大学28’37″00
ポールカマイシ1996.10.2422177/64世羅高校
秋山雄飛1994.5.224178/60須磨学園高校青山学院大学28’58″93
佐藤孝哉1994.5.524166/52出雲工業高校山梨学院大学28’26″70
森宗渚宇部鴻城高校

 

出身高校を見てみると、地元・広島県の世羅高校出身者が多いようですね。

やはり地元なのに加えて、世羅高校は、陸上の強豪校なのでレベルが高い、というのもあると思います。

 

出身大学を見てみると、大学駅伝会の王者、青山学院大学出身のメンバーが多いですね。

これは何と言っても、青山学院大学監督の原晋さんとの繋がりがあるからでは?と思います。

原晋さんは、中国電力陸上部OBで、そこから青山学院大学の監督へと転身しました

例えば藤川拓也選手は、青山学院大学で主将を務め、2015年箱根駅伝で初の総合優勝に貢献しています。

強豪高校、強豪大学から選手を獲得できるというのは、強みの一つなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

中国電力の2019年の駅伝の監督は誰?

出典:https://katamahino-ayumi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-26-3

 

2019年の中国電力を率いる駅伝監督は、誰なんでしょうか?

監督は、

坂口泰さん

です。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/kameoka816/28723997.html

 

坂口泰さんは、地元広島県の世羅高校で名を馳せ、早稲田大学へと進学しました。

箱根駅伝では、2年時に9区で区間新記録、3年時に9区区間賞、そして4年時にはエース2区を走り優勝を果たしました。

エスビー食品では、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝の前身)で4連覇するなど、選手としてもかなりの実績があります。

監督になってからも、2004年のニューイヤー駅伝で優勝経験があり、2000年代にはコニカミノルタとの「二強時代」と形成しました。

中国電力陸上部には、1990年の部の立ち上げから関わっているそうです。

最初の頃は、まだ無名チームでサポートも少なく、仕事後に会社近くの暗い道を街灯の灯りを頼りに走る、という感じだったようです。

良い時も大変な時も見てきているので、チームへの愛情もとても深いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

中国電力の2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:https://www.flickr.com/photos/coopoocoo/25540170952

2019年のニューイヤー駅伝での、中国電力の注目メンバーを上げてみました。

 

まずは、

北 魅道選手

です。

出典:https://www.flickr.com/photos/coopoocoo/17330987071

 

北 魅道選手は、世羅高校時代に全国高校駅伝で優勝しており、駅伝での実績もあります。

ニューイヤー駅伝の予選会となった、「中国実業団対抗駅伝選手権大会」ではアンカーを任され区間賞を獲得しました。

総合結果は惜しくも2位でしたが、2019年の元日へ向けて調子が上がっていることが伺えます。

 

そしてもう一人注目なのが、今シーズン好調な

岡本 直己選手

です。

出典:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201808240000308.html

 

2月の青梅マラソンで優勝した後、8月には北海道マラソンでも優勝しました(自己ベスト記録)

この優勝で、東京五輪選考会となるグランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得しました。

さらには、「中国実業団対抗駅伝選手権大会」では6区を走り区間新記録を出しました。

34歳のベテランですが、まだまだ進化を続けているようです。

チームの大黒柱ということもあり、2019年のニューイヤー駅伝に懸ける思いはかなりのものがあると思います。

 

かつて黄金時代を築いた中国電力。

今年のニューイヤー駅伝では14位という結果でしたが、2019年は復活となるのでしょうか。

今から楽しみですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください