東京マラソン2018の靖国通りの交通規制時間は?迂回ルートも調査!

こんにちは!

 

エンタメガ天ライターのayuhonです。

 

2月25日(日)は2018年東京マラソン

が開催されます。

 

今回も前回に続き、2018年の東京マラソン

について紹介したいと思います。

 

東京都内にお住みの方は当日は交通規制

の為、中々動けなかったりしますよね。

 

そこで、今回はその中でも清国通りの

交通規制や迂回ルートなどについて

紹介します。

 

東京マラソン2018年靖国通りの交通規制の時間は?

 

まず始めに、2018年東京マラソンの

靖国通りの交通規制の時間を調べました。

 

東京マラソン9:05~9:10のスタート

ですが、交通規制はそれよりも早く行われ

ます。

 

交通規制は6:00~21:00まで各区間で

されていて、早い所で東京都庁付近では

6:00から始まります。

 

1番交通規制が長いゴール付近の行幸通り

では7:00~21:00までの間交通規制が

行われるそうです。

 

ほとんど一日中規制されると思った

方がいいでしょう。

 

さて、清国通りの交通規制の時間ですが、

以下の通りでした。

 

(新宿区)富久町・住吉町地区

・新宿5-市谷見附(靖国通り)

8:35~10:40

 

(千代田区)神田地区

・専大前-須田町(靖国通り)

8:50~11:20

 

靖国通りは9:00前~11:30までの間

交通規制がされるようでした。

 

午前中の間に交通規制は解除されるのは

助かりますね。

 

急ぎの用事などがない方はお昼から

出かけるのがベストかも知れませんね。

 

なお隣接する都庁通り、外堀通り

目白通り、専大通りに関する詳しい記事は

こちらをどうぞ!

東京マラソン2018の都庁通りの交通規制時間は?迂回ルートも調査!

東京マラソン2018の外堀通りの交通規制時間は?迂回ルートも調査!

東京マラソン2018の目白通りの交通規制時間は?迂回ルートも調査!

東京マラソン2018の専大通り等の交通規制時間は?迂回ルートも調査!

 

 

スポンサードリンク

 

東京マラソン2018年の靖国通りの迂回ルートも調査!

 

続いては、2018年の東京マラソンの靖国通

りの迂回ルートについて調べました。

 

新宿区の富久町・住吉町の靖国通りの

迂回ルートについて紹介します。

 

出典:東京マラソン2018公式ページ

出典:東京マラソン2018公式ページ


出典:東京マラソン2018公式ページ

 

 

最初の画像では緑色、次の画像ではオレンジ色、

三番目の画像では緑色の区間の中に

靖国通りがあります。

 

画像からも分かるように、新宿3丁目、

6丁目は通行が出来なくなっていますね。

 

1度、全体マップで確認してみましょう。

 

出典:東京マラソン2018公式ページ

 

都庁通り、北通りを走り靖国通りの

通るマラソンコースなので迂回ルートも

中々交通規制中は難しいのではと思い

ましたが、ありました。

 

富久町・住吉町地区の靖国通りの場合は、

新宿区5丁目から市谷見附は外苑東通り

が横断が可能なので、コースを横断し推奨

迂回ルートに出ることをお勧めします。

 

全体マップの緑色の太字線は推奨迂回ルー

トを表示していて、緑色の点線は通行する

のが可能なルートを表示しています。

 

続いては、千代田区神田地区の靖国通りの

迂回ルートについて紹介します。

 

外堀通りを抜けて靖国通りのマラソン

ルートですが、こちらも交通規制中は

中々迂回するには難しそうですよね。

 

千代田区神田地区の靖国通りの場合も、

いくつかコースの横断が可能みたいでした

 

昭和通り(日本橋⇔茅場町1丁目)のコース

を横断し、台東4丁目に出れば推奨迂回ルー

トがあります。

 

ただし、原付、自転車は横断出来ないので

注意してください。

 

また、推奨ルートとは多少異なりますが、

昭和通りから秋葉原の方に通行し、外堀通

り、白山通りを抜けて春日通りの推奨迂回

ルートに通行する事も出来ます。

 

でも、おそらく靖国通りから昭和通りに抜

けて台東4丁目から推奨迂回ルートに進行す

る方が混雑は避けれると思います。

 

こう見ると、意外と通行出来る道は

あるんですね。

 

すごく勉強になりますね( 笑 )

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は前回に続き、2018年東京マラソン

の靖国通りの交通規制の時間や迂回ルート

などについて紹介しました。

 

東京マラソンとなればすごい人の数

ですよね。

 

私も生で見たことはないのですが、

画面越しからも熱気などが伝わるほど

の迫力があります。

 

今年はルートなども多少頭に入っているの

で昨年とはまた違う見方が出来そうですね

 

 

スポンサードリンク

 

2 Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。