2019年福袋特集!開催中!

旭化成のニューイヤー駅伝2019のメンバーや監督は?出身校も調査!

出典:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/01/01/kiji/20180101s00056000215000c.html

もうすぐ2019年がやってきます。

元日の風物詩といえば、「ニューイヤー駅伝」ですね!

2019年のニューイヤー駅伝の最注目チームといえば、やはり3連覇を狙う旭化成です。

旭化成は、2019年のニューイヤー駅伝にどんな監督・メンバーで望むのでしょうか?

メンバーの出身校と共に、調べてみました!

旭化成のニューイヤー駅伝2019の監督は?

出典:https://ameblo.jp/55tigers53/entry-12341142335.html

 

旭化成陸上部は、

総監督:宗猛さん、監督:西政幸さん

が率いています。

宗猛さんは、双子の兄・宗茂さん、瀬古利彦さんらと共に、1980年代男子マラソン界を牽引しました。

ロサンゼルスオリンピックにも出場、4位の成績を残しています。

監督の西政幸さんは、世界陸上ローマ大会に日本代表として出場国内大会でも2度優勝するなど、経験が豊富です。

2人とも、旭化成陸上部OBでもあります。

旭化成の新黄金時代の到来」とも言われている、近年の快進撃を築きあげた名将ですね。

 

旭化成のニューイヤー駅伝2019のメンバーは?

出典:https://www.scoopnest.com/ja/user/EKIDEN_News/947716888489947136-3-2018

 

では、2019年のニューイヤー駅伝、旭化成のメンバーはどうなるのでしょうか?

おそらく直前まで各選手の状態を見極めてメンバー選考をすると思いますが、ベースはある程度決まっているのではないでしょうか。

11月3日の「九州実業団毎日駅伝競争大会」で、旭化成は3チーム出場(Aチーム、Bチーム、実業団混成チーム)し、Aチームが見事に優勝しました。

この大会も、ニューイヤー駅伝と同じ7区間の大会です。

距離は約80kmとニューイヤー駅伝よりも短いですが、おそらく時期的にも、ニューイヤー駅伝の前哨戦と想定してメンバーを組んでいるでしょう。

2018年のニューイヤー駅伝にも出場した、

市田宏・孝、村山紘太・謙太の両兄弟や、2区を走ったアブラハム・キャプシス・キプヤティチ辺りを中心としたメンバー構成をしてくる

と思われます。

ですので、

この大会に出場したメンバーが、2019年のニューイヤー駅伝の主要メンバーとなる

のではないでしょうか。

 

エントリーやオーダーをチェック!

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/sports/rikujo/result/2010/100101.html

 

2019年のニューイヤー駅伝、区間エントリーやオーダーはどのように組んでくるのでしょうか?

これも、おそらく「九州実業団毎日駅伝競争大会」の区間エントリーがベースになると思われます。

九州実業団毎日駅伝競争大会では、以下の区間エントリーとなっていました。

1区:市田孝(区間3位)

2区:アブラハム・キャプシス・キプヤティチ(区間2位)

3区:深津卓也(区間1位)

4区:村山紘太(区間1位)

5区:村山謙太(区間6位)

6区:市田宏(区間1位)

7区:佐々木悟(区間2位)

多少の区間エントリーの入れ替えはあるとは思いますが、

アブラハム・キャプシス・キプヤティチ、今シーズンも好調をキープしている村山紘太・謙太を軸にオーダーを組んでくる

ものと思われます。

2018年のニューイヤー駅伝では、2区からトップに立ち、そのまま逃げ切っています。

2019年のニューイヤー駅伝でも、個人能力の高さを武器に、先行逃げ切りのレースを想定したエントリーになるのではないでしょうか。

 

メンバーの出身高校や大学は?

出典:https://this.kiji.is/318760537041585249

 

各々の能力が高いメンバーが揃っている旭化成。

どの選手も、学生時代から好成績を納め、高い評価を得ています。

旭化成陸上部メンバーの出身高校と大学をまとめました。

 

スマホで見られている方はスライドしてみるとより詳しく見れますよ!

選手名生年月日 年齢高校大学10000mマラソン
市田孝1992.6.1626鹿児島実業高校大東文化大学27’53″592°12’32”
市田宏1992.6.1626鹿児島実業高校大東文化大学28’23″582°14’42”
村山紘太1993.2.2325明成高校城西大学27’29″69
村山謙太1993.2.2325明成高校駒澤大学27’39″952°09’50”
深津卓也1987.11.1031東京農業大二高駒澤大学27’56″292°09’31”
佐々木悟1985.10.1633秋田工業高校大東文化大学28’32″302°08’56
アブラハム・キャプシス・キプヤティチ1993.5.1025コイスンゲル男子校27’44″92
大六野秀畝1992.12.2326鹿児島城西高校明治大学27’46″55
鎧坂哲哉1990.3.2028世羅高校明治大学27’29″74
茂木 圭次郎1995.10.2123拓殖大学第一高校28’25″52
丸山文裕(主将)1990.7.128大分東明高校28’27″632°09’39”
松尾良一1991.8.227大村城南高校29’34″922°12’11”
中嶋和希1994.4.2524日章学園高校29’31″822°18’41”
本田匠1991.7.2527九州学院高校日本体育大学28’45″982°12’18”
西純平1995.10.3123鹿児島実業高校29’06″07
荒毛喬也1996.2.1522宮崎日本大学高校29’26″62
吉村大輝1992.6.1926鹿児島実業高校流通経済大学28’42″672°12’19”
有村優樹1992.9.2126鹿児島実業高校明治大学28’35″61
山口修平1994.3.824鯖江高校創価大学28’44″91
関口海月1995.1.523沖縄県立北山高校亜細亜大学29’22″55
斎藤椋1998.4.720秋田工業高校28’52″41
仲村尚毅1995.5.623須磨学園高校関西学院大学
安藤大樹1999.11.3019鹿児島実業高校28’46″91
小野知大1999.7.2219鶴崎工業高校29’46″54
ロバート・キプチルチル・ムウェイ1998.11.420出身校不詳27’57″14

総監督の宗猛さんは双子ランナーとして名を馳せましたが、その宗猛さんが率いるチームに、2組も双子ランナーがいるのが面白いですね!

 

 

2019年のニューイヤー駅伝での、旭化成の監督、メンバー、区間エントリー選手などを調査しました。

2019年も盤石の強さで3連覇を果たせるのか?

大いに気になりますね!

2019年最初のスポーツイベント、楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください