【お知らせ】2019年春の高校野球の関連記事!準備中です!

ホンダの2019年の駅伝メンバーや監督は?高校や大学も調査!

出典:https://bit.ly/2ULbkBx

 

2019年のニューイヤー駅伝、旭化成と並んで優勝候補の一角に挙げられるホンダ。

昨年は過去最高位の2位でしたが、2019年は王者・旭化成を倒し、優勝を狙っているのは間違いないでしょう。

ホンダは2019年のニューイヤー駅伝で、どのようなメンバーを組んでくるのでしょうか?

駅伝メンバーや監督について、出身高校出身大学についても調べてみました!

 

ホンダの2019年の駅伝メンバーの高校や大学は?

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/ossie73/60003773.html

 

ホンダは、今年のニューイヤー駅伝で、チーム過去最高位となる2位に入りました。

ちなみに、その予選となる2017年の東日本実業団駅伝では1位で通過しています。

今年の東日本実業団駅伝では4位となりましたが、本番のニューイヤー駅伝へ向けて、確実に調整してくるでしょう。

 

その、ホンダの駅伝メンバーの詳細、出身高校や大学などを見てましょう。

左右にスライドするとより詳しく見れます!

名前生年月日年齢出身高校出身大学10000mマラソン
服部 翔大1991.10.2827埼玉栄高校日本体育大学28’22″792°14’11”
石川 末廣1979.9.2739稲生高校東洋大学28’07″042°09’10”
佐野 広明1988.2.2830浜北西高校麗澤大学28’43″612°09’12”
齋藤 勇人1989.1.929拓大広陵高校中央大学28’55″40
上野 渉1990.8.228仙台育英高校駒澤大学28’38″332°24’08”
設楽 悠太1991.12.1827武蔵越生高校東洋大学27’41″972°06’11″
ウィリアム・マレル1994.3.124カボルソ高校26’54″66
新庄 翔太1992.10.1126西脇工業高校中央大学28’29″06
田口 雅也1992.5.2026日章学園高校東洋大学28’37″37
松村優樹1993.1.1425浜松日体高校順天堂大学28’42″522°25’01”
木村 慎1994.2.824浜松日体高校明治大学28’37″33
山中 秀仁1994.3.1724興国高校日本体育大学28’16″95
足羽 純実1995.2.223米子松蔭高校法政大学28’36″76
荒井 七海1994.12.2624八千代松蔭高校東海大学28’49″66
コシタニー・ エリジャ1998.10.2020ソゴー高校28’32″40
原 法利1995.12.623浦和実業高校大東文化大学28’53″26

 

出身高校を見てみると、埼玉栄高校や仙台育英高校、西脇工業高校など、男子駅伝の名門校が名を連ねています。

大学も同じように、駒澤大学や東洋大学、中央大学など強豪校が揃っていますね。

そして、マラソンの記録を見ると、2時間10分を切る「サブテン」のランナーが3人もいます。

これは、駅伝でもかなりのアドバンテージになるのではないかと思います。

とにかく、力のあるランナーが揃っている印象ですね。

スポンサードリンク

ホンダの2019年の駅伝の監督は誰?

出典:https://mainichi.jp/articles/20171103/k00/00e/050/212000c

 

2019年のニューイヤー駅伝で、ホンダを率いる監督は誰なんでしょうか?

名前は、

大沢 陽祐さん

です。

 

2013年にホンダの監督に就任以降、数々の大会で好成績を収めてきた監督です。

特に、

マラソンでの指導力は有名で、藤原正和選手(現・中央大学陸上部監督)や、設楽悠太選手、石川末廣選手、佐野 広明選手といった、多くの「サブテン」のランナーを輩出しています。

選手個々に合わせた練習メニューを組む事で、結果を出しているようです。

 

リオ五輪の日本代表コーチに選ばれたことからも、指導力の高さが伺えます。

名将に率いられ、2019年のニューイヤー駅伝では、優勝に標準を合わせている事でしょう。

スポンサードリンク

ホンダの2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:https://www.honda.co.jp/sports/track/ekiden/56.html

 

2019年のホンダの駅伝メンバーの中でも、注目メンバーを見てみましょう。

まずは何と言っても、絶対的エースである、

設楽 悠太選手

です。

出典:https://twitter.com/yuri_tf_/status/836191237233246208

 

今や、日本長距離界を代表する選手の一人と言ってもいいでしょう。

2018年の東京マラソンでは、

なんと16年ぶり(!)となる、当時の日本最高記録(2時間06分11秒)を叩き出しました。

そして、

ハーフマラソンでは、現在も日本最高記録保持者です。

もちろん、ニューイヤー駅伝にも強く、過去4回出場のうち3回区間賞を取っています。

特に今年のニューイヤー駅伝では、

エース区間の4区で10人抜きをして区間新記録を出しました。

とにかく、「桁違いに強い」選手です。

ニューイヤー駅伝全体を見ても、一番の注目選手になるでしょう。

 

そして、

山中 秀仁選手

も注目メンバーの一人です。

出典:https://www.thepicbear.com/p/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E7%A7%80%E4%BB%81

 

今年9月の世田谷陸上競技会10000mで自己新記録を更新しました。

さらには、

東日本実業団駅伝でも2区を走り、8位から6人抜きで、2位に押し上げる

など、好調をキープしています。

設楽悠太選手はもちろん、山中秀仁選手も安定した力を出せれば、優勝争いに加わる可能性もかなり高いのではないでしょうか。

 

ホンダの、2019年ニューイヤー駅伝に挑むメンバーや監督、出身校などを調べてみました。

元日から、上州のからっ風の中で「ホンダ旋風」が吹き荒れるか、注目して見てみましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください