2019年福袋特集!開催中!

相澤晃(東洋大)の出身高校や中学や小学校は?記録や経歴も調査!

出典:https://takiro-pj.com/sport/akira-aizawa-marathon

2019年の箱根駅伝では、青山学院学院大学の5連覇への期待が高まっています。

それを阻止しようとする、ライバル校の筆頭が東洋大学です。

中でも注目されているのが、前回素晴らしい走りを見せた相沢晃選手

今回は、相沢晃選手の出身高校や中学、小学校に注目してみました。

相沢晃選手の持つ記録や、今までの経歴も一緒に調査しましたよ!

相澤晃(東洋大)の出身高校は?

出典:https://twitter.com/runningsukagawa

相沢晃選手は、2018年の箱根駅伝では、エース区間の2区を1位で走りきる快走でした。

高校時代から、実力を評価されていたようです。

そんな相沢晃選手、出身高校は

福島県の学法石川高校

です。

 

 

高校時代は、3年連続で全国高校駅伝大会に出場しています。

さらに、5000mを13分台で走るという記録も残しています。

ただ、高校時代はケガにも度々泣かされていたようで、実力を完全に出し切ったとは言えなかったようです。

そのポテンシャルは、東洋大学陸上部に入って、一気に開花することになります。

 

ちなみに、学法石川高校陸上部の監督は、かつて箱根駅伝でも活躍した松田和宏さんです。

相沢晃選手が学法石川高校を選んだのは、箱根駅伝への憧れがその頃からあったのかもしれませんね。

相澤晃(東洋大)の出身中学は?

出典:https://kininaru-journal.info/aizawa-akira/

相沢晃選手の、学法石川高校に入学する前、つまり出身中学校はどこなんでしょうか?

須賀川市立長沼中学校

です。

地元・須賀川市では、陸上の強い選手として有名だったようです。

須賀川市で行われたローカルマラソン大会、円谷幸吉メモリアルマラソン大会中学の部」で優勝を飾りました。

さらには、全日本中学陸上競技選手権大会(全日中)に300mで出場し10位に、

全国都道府県対抗駅伝競走大会では2区を走り、区間9位となるなど、全国区でも成績を残しています。

やはり、才能のある選手は、その片鱗を早くからみせているんですね。

成人式は、須賀川市へ帰省して出席するなど、地元愛も強いようです。

相澤晃(東洋大)の出身小学校は?

相澤晃選手(東洋大・2)【2区】

 

相沢晃選手の出身小学校は、やはり地元の、

須賀川市立長沼小学校

です。

相沢晃選手が陸上を始めたのは、小学校3年生の時だそうです。

小学校の時は、足の速い子って特にモテますよね。

相沢晃選手は、ルックスもイケメンなので、きっと小学校の頃から女子に人気があったのではないでしょうか?

相澤晃(東洋大)の経歴やプロフィールをチェック!

出典:http://sports-toyo.com/news/detail/id/5485

ここで、相沢晃選手のプロフィールをチェックしてみましょう。

相沢晃(あいざわ あきら)

 

生年月日:1997年7月18日

出身地:福島県須賀川市

身長:178cm

体重:62kg

あだ名:姉さん

あだ名の由来は謎ですが、面白いですね(笑)

 

相沢晃選手は、東洋大学に入学してから好成績を次々収めるようになります。

入学2ヶ月後のアジアジュニア選手権では銀メダルを獲得

翌年2017年の平国大長距離記録会では、10000mで優勝を果たしました。

 

スクロールするとより詳しく見れます!

大会種目(区間)順位記録
2016関東私学六大学対抗陸上選手権5000m14分40秒21
2016日本選抜陸上5000m6位14分10秒17
2016アジアジュニア陸上競技選手権5000m2位14分32秒08
2016男鹿駅伝競走大会4区区間4位27分50秒
2016上尾シティハーフマラソンハーフマラソン5位1時間02分05秒
2017香川丸亀国際ハーフマラソンハーフマラソン31位1時間02分59秒
2017日本学生ハーフマラソンハーフマラソン14位1時間03分33秒
2017関東私学六大学対抗陸上選手権5000m4位14分06秒88
2017平国大長距離記録会10000m優勝28分44秒19
2017関東学生陸上競技対抗選手権10000m18位29分42秒15
2017関東学生陸上競技対抗選手権ハーフマラソン8位1時間04分57秒
2017世田谷陸上競技会5000m13分48秒73
2018熊日30キロロードレース30km6位1時間30分25秒
2018兵庫リレーカーニバル10000m5位/日本人1位28分17秒81

 

そして、大学駅伝の3大大会では、以下のような成績を残しています。

 

スクロールするとより詳しく見れます!

学年出雲駅伝全日本大学駅伝箱根駅伝
1年(2016)出走なし3区 27分40秒(区間4位)出走なし
2年(2017)2区 16分23秒(区間3位)1区 43分24秒(区間賞)2区 1時間07分18秒(区間3位・歴代11位)

 

箱根駅伝では、1年時はノロウイルスに罹ってしまい出場できませんでしたが、2018年は2年生で「花の2区」をトップで快走し、区間3位の成績を残しています。

東洋大学のキャッチフレーズ「その1秒を削り出せ」にふさわしい、ラストスパートの走りは見事でした。

相澤晃(東洋大)の記録も調査!

出典:https://www.flickr.com/photos/coopoocoo/26404856265

ここで、相沢晃選手が東洋大学入学後に出した、自己ベストの記録もまとめてみました。

 

スクロールするとより詳しく見れます!

種目記録大会備考
1500m3分52秒482017年関東私学六大学対抗陸上選手権
5000m13分48秒732017年世田谷陸上競技会
10000m28分17秒812018年アシックスチャレンジ
ハーフマラソン1時間02分05秒2016年上尾シティハーフマラソンジュニア日本歴代3位

毎年のように自己ベストを更新しているのが凄いですね!

 

 

相沢晃選手の出身小学、中学、高校や経歴や記録をまとめてみました。

2019年の箱根駅伝も活躍が期待されています。

素晴らしい走りを楽しみにしましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください