【お知らせ】2019年春の高校野球の関連記事!準備中です!

青山学院大学箱根駅伝2019のメンバーや監督は?出身高校や進路も調査!

今年も残すところわずかとなり、2019年の箱根駅伝が迫ってきました。

2019年の見所は、何と言っても王者・青山学院大学の5連覇なるか?というところですね!

青山学院大学は、2019年箱根駅伝にどのようなメンバーで臨むのでしょうか?

率いる監督、そして注目メンバーの出身高校や、卒業後の進路なども調査してみました!

青山学院大学箱根駅伝2019のメンバーは?

出典:https://toyokeizai.net/articles/-/151432

 

2018-2019年シーズン、青山学院大学は出雲駅伝、そして全日本大学駅伝で優勝し、二冠を達成しています。

もちろん、正月の箱根駅伝も制し、大学駅伝三冠を射程圏内に入れています。

2019年の箱根駅伝で優勝すると、2度目の大学駅伝三冠となり、史上初の快挙となります。

では、青山学院大学は2019年の箱根駅伝に、どのようなメンバーで臨んでくるのでしょうか?

 

今年の箱根駅伝では、このようなメンバーでした。

区間選手学年記録区間順位
1区(21.3km)鈴木 塁人2年1時間02分41秒5位
2区(23.1km)森田 歩希3年1時間07分15秒1位
3区(21.4km)田村 和希4年1時間02分41秒2位
4区(20.9km)梶谷 瑠哉3年1時間03分39秒9位
5区(20.8km)竹石 尚人2年1時間12分49秒5位
6区(20.8km)小野田 勇次3年58分03秒1位
7区(20.9km)林 奎介3年1時間02分16秒1位
8区(21.4km)下田 裕太4年1時間04分46秒1位
9区(23.1km)近藤 修一郎4年1時間11分51秒9位
10区(21.3km)橋間 貴弥3年1時間11分38秒2位

往路優勝は、東洋大学に譲ったものの、復路を圧倒的な強さで制し、総合優勝を果たしました。

 

そして今シーズン、出雲駅伝と全日本大学駅伝のメンバーは、このようになっています。

 

【2018 10月 出雲駅伝】

区間選手学年記録区間順位
1区橋詰 大慧4年23分15秒1位
2区鈴木 塁人2年16分26秒1位
3区森田 歩希3年25分21秒2位
4区吉田 圭太2年18分00秒1位
5区生方 敦也3年18分48秒2位
6区竹石 尚人2年30分08秒2位

 

【11月 全日本大学駅伝】

区間名前学年記録区間順位
1区小野田 勇次4年27分29秒3位
2区橋詰 大慧4年32分21秒5位
3区鈴木 塁人3年34分42秒3位
4区林 奎介4年34分27秒2位
5区吉田 裕也3年36分23秒1位
6区吉田 圭太2年37分29秒1位
7区森田 歩希4年51分26秒2位
8区梶谷 瑠哉4年58分44秒3位

出雲駅伝では、ライバル東洋大学と競り合いながら12秒差で優勝しました。

6区間と短期決戦ながら、1区の橋詰 大慧選手が落ち着いた走りを見せて常に優位にレースを進めました。

 

全日本大学駅伝では、前半にリードして余裕を持ったレース展開をする計算だったようですが、前半は調子が上がらず苦戦しました。

しかし、後半の7区にエースの森田 歩希選手が鮮やかに東海大学を抜き、トップでゴールテープを切りました。

改めて、青山学院大学の層の厚さと勝負強さを印象つけたレースでした。

サブメンバーとして、橋間貴弥選手(4年)、竹石 尚人選手(3年)、岩見 秀哉(2年)、神林 勇太選手(2年)、湯原 慶吾選手(1年)が入りました。

全日本大学駅伝から箱根駅伝までは、2ヶ月弱あるので体調面なども変化します。

最終エントリーは12月29日なので、それまで多少のメンバー変更もあるかもしれません。

しかし、

11月の全日本大学駅伝のメンバーが、箱根駅伝でも主力となるのは間違いないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

青山学院大学箱根駅伝2019の監督は?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010000-storyfulp-spo.view-009

 

史上最強と噂される、青山学院大学を率いる監督について、見てみましょう。

原 晋監督

です。

出典:https://number.bunshun.jp/articles/-/828242

もはや「名将」ですね。

箱根駅伝の前にはたくさんのテレビやメディアに登場し、「○○大作戦」と命名するのも、今や風物詩になりました。

 

広島県の強豪・世羅高校でキャプテンとして全国高校駅伝2位となり、中京大学に進学しました。

卒業後、中国電力陸上部に入団しますが、ケガの影響などで引退を余儀なくされると、その後は営業マンとしてサラリーマン生活を送ります。

この時、社内でトップの営業成績をあげ、「伝説の営業マン」と呼ばれました。

この時期の経験が、後の監督業に活かされているようです。

 

青山学院大学監督就任する時は、

「3年間で結果を出したら、3年後の身分保証をして欲しい。だが結果が出ない場合その必要もいらない」

と退路を断つ覚悟で、オファーを受けたようです。

ちなみに、奥さんの美穂さんは、何に相談もなく決めたようで、

「中国電力を退社し、青学陸上部監督に成った。箱根駅伝では必ず優勝させるから、夫婦で東京の寮に住み込もう」

と、突然言われ、猛反対したそうです。

安定した生活を突然捨てよう、と言われたらそれは猛反対しますよね。

今では、美穂さんは陸上部学生寮の寮母として、部員たちの生活や恋愛相談に乗るなど、素晴らしいサポートをしているようです。

美穂さんあっての、今の強さかもしれません。

原晋監督自身も、とても選手思いの監督で、今年卒業した4年生(部員・マネージャー含む)全員に「ハワイ卒業旅行」をプレゼントしたそうです!

選手も、「原監督の為にも!」と奮起するのは当然ですね!

 

ところで原晋監督といえば、大学三大駅伝の前には、「○○大作戦」とスローガンを発表しますね。

今まで命名された、箱根駅伝での「○○大作戦」は以下のようになっています。

 

大会スローガン名
第91回大会2015年1月ワクワク大作戦
第92回大会2016年1月ハッピー大作戦
第93回大会2017年1月サンキュー大作戦
第94回大会2018年1月ハーモニー大作戦

2019年箱根駅伝のスローガンは、「ゴーゴー大作戦」です。

この意味を、原晋監督はこう語っています。

「私は就任15年目。95回目の箱根駅伝。ポイントは5区。マークするチームはナンバーカード5番の東海大。覚悟(ご)を持って5連覇に挑戦したい」

引用元:https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20181210-OHT1T50110.html

今回も、大作戦は大成功するのでしょうか?

原晋監督の采配にも注目ですね!

 

スポンサードリンク

青山学院大学箱根駅伝2019の注目メンバーの出身高校や進路も調査!

出典:https://mainichi.jp/articles/20160104/k00/00m/050/047000c

 

無類の強さを誇る青山学院大学ですが、その中でも注目メンバーを見てみましょう。

まずは、

森田 歩希(ほまれ)選手

です。

出典:https://xn--3ck5c7a3bw07ylv1g.com/2016/11/07/moritahomareplayer/

 

竜ヶ崎第一高校から青山学院大学に入りました。

高校時代は、全国区の成績は残せませんでしたが、大学に入学後頭角を表しました。

今や、キャプテンであり絶対的エースとなっています。

今年の箱根駅伝では、2区を走り快走を見せました。

卒業後は、GMOアスリーツへ入団することが決まっています。

 

そしてもう一人、

林 奎介選手

です。

出典:https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A5%8E%E4%BB%8B

 

柏日体高校(現・日体大柏高校)卒業後、青山学院大学へ入学しました。

大学3年時から急成長し、今年の箱根駅伝でも7区で区間新記録、という素晴らしい走りをみせてくれました。

卒業後は、森田 歩希選手と同じGMOアスリーツへの入団が決まっています。

GMOアスリーツは、原晋監督がアドバイザーをしているので、環境がとてもいいのではないでしょうか。

 

2019年箱根駅伝へ挑む、青山学院大学の駅伝メンバーや監督、注目メンバーや進路などを調べてみました。

原晋監督曰く、「今年のメンバーは、今までで一番強い」と言っています。

無双状態で優勝し、史上初の2度目の大学三冠、そして箱根駅伝5連覇を成し遂げるのでしょうか?

目が離せませんね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください