富士通の2019年の駅伝のメンバーや監督は?高校や大学も調査!

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/8086

2019年のニューイヤー駅伝。

中でも注目は、初出場から29回目の連続出場となる富士通です。

2019年のニューイヤー駅伝では、富士通はどういったメンバーを組んでくるのでしょうか?

率いる監督や、メンバーの出身高校出身大学も調べてみました!

富士通の2019年の駅伝メンバーの高校や大学は?

出典:https://twitter.com/fujitsuofficial/status/926008782471098368

 

ニューイヤー駅伝で、富士通は過去2回の優勝を成し遂げています(2000年、2009年)。

2017年は6位、そして今年2018年は5位と、常に上位に食い込む強豪チームです。

予選となる東日本実業団対抗駅伝では優勝しているので、2019年のニューイヤー駅伝でも優勝を狙っているでしょう。

その富士通は、以下のようなメンバーで臨みます。

 

左右にスライドするとより詳しく見れます!

名前生年月日年齢身長/体重出身高校出身大学10000mマラソン
星創太1988.1.630173/56会津工業高校駒澤大学28’12″70
田中佳裕1988.9.630178/62大牟田高校城西大学28’52″46
荻野皓平1989.12.829174/58智辯学園高校國學院大学28’56″002°09’36”
佐藤佑輔1990.10.2028173/53富里高校日本大学28’58″70
久我和弥1991.3.727174/58富里高校駒澤大学28’30″80
中村匠吾1992.9.1626172/55上野工業高校駒澤大学28’05″792°08’16”
前野貴行1992.4.2426180/60須磨学園高校明治大学28’56″31
ジョン・マイナ1994.8.324179/52バリー高校27’21″97
潰滝大記1993.5.825175/59笠田高校中央学院大学28’16″49
松枝博輝1993.5.2025175/59相洋高校順天堂大学28’29″01
横手健1993.4.2725165/54作新学院高校明治大学27’58″40
石井秀昴1994.11.3024182/65藤沢翔陵高校国士舘大学28’50″41
鈴木健吾1995.6.1123163/47宇和島東高校神奈川大学28’30″162°10’21”
大森澪1995.10.2323179/61関大北陽高校中央学院大学28’56″06
ベナード・キメリ1995.9.1023177/55キモニング高校27’10″00

 

ジョン・マイナ選手、ベナード・キメリ選手といった

ケニア人選手以外は、全員大学陸上の出身者です。

中村匠吾選手、横手健選手など、大学駅伝などで活躍した選手も多く在籍します。

富士通のチーム環境は、陸上界の中でも評価が高いようです。

なので、良い選手が集まってくるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

富士通の2019年の駅伝の監督は誰?

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/7943

 

2019年のニューイヤー駅伝で、富士通を率いる監督は誰なんでしょうか?

陸上部の総監督は、

福島 正さん

です。

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/page/73

2000年のニューイヤー駅伝初優勝時のメンバーでもあり、その後2004年から監督を務めています。

 

そして、駅伝監督は

高橋健一さん

です。

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/7859

 

先ほど紹介した、2000年ニューイヤー駅伝での、富士通・初優勝時のメンバーです。

6区を走り、優勝の原動力になりました。

そして2001年大会では、2区を走り怒涛の12人抜きを見せ、1時間1分36秒の区間新記録を打ち立てました。

まさに、ニューイヤー駅伝を肌で知る監督です。

ちなみに、高橋健一監督の奥さんは、高橋尚子選手を育てた、小出義雄氏の娘さんです。

高橋健一監督にお子さんがいるかは分かりませんが、もしいるとしたら、走りのDNAを確実に受け継いでいるんでしょうね!

スポンサードリンク

 

富士通の2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/7966

 

優勝を狙う2019年の富士通の中でも、注目メンバーを調べて見ました。

まずは、

横手 健選手

です。

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/7287

 

作新学院高校時代から注目度が高く、明治大学ではキャプテン、そしてエースとして活躍しました。

大学3年の頃から、富士通は横手健選手に注目していたようです。

その横手 健選手は、2017年のニューイヤー駅伝で4区走り、10人抜きの快走を見せました。

まだ富士通に入って3年目ですが、エースの風格を見せつつあります。

「マラソンで世界で勝てる選手になりたい。そのためにまずは駅伝をしっかり走りたい」という内容の話を語っています。

 

もう一人は、

松枝 博輝選手

です。

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-trackfield/archives/443

 

主にトラック競技で力を発揮していて、2017年の日本陸上競技選手権では5000mで優勝しました。

とはいえ駅伝でも能力は高く、今年のニューイヤー駅伝では3区を走り、6人抜きを果たしています。

横手健選手と同じ3年目ですが、並び立つWエース、といった存在感を見せています。

横手健選手、松枝 博輝選手の出来が、富士通が優勝できるかの鍵を握るのではないでしょうか。

 

富士通の、2019年ニューイヤー駅伝メンバーと監督、出身校や注目メンバーについて調べてみました。

富士通グループとしては、Jリーグで川崎フロンターレが優勝を果たしました。

これに刺激を受けて、2019年元日に優勝を果たせるか、楽しみに観戦しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください