冨樫颯大の出身中学や小学校!身長や家族、ドラフトの評価は?

6月24日から始まった南北海道大会は
7月3日に地区代表が出揃いました。

 

南北海道というと、
昨夏の98回の選手権で
北海高校が準優勝したことが記憶に新しいですが
北海高校はノーシードから代表の座を掴み
全国大会で準優勝を果たしました。

 

高校野球は本当に何が起こるかわかりせんね。

 

春の大会では駒大苫小牧が優勝し、
いよいよコマトマの復活か、
と言われたり、何かと話題の南北海道大会。

 

今年の南北海道大会は駒大苫小牧と札幌第一の
2強と言われていますが、
果たして代表の座を掴むのはどこなのか。

7月7日に組み合わせ抽選、7月17日に開幕します。

 

さて、その南北海道で注目されている投手がいます。

札幌第一の3年生、

冨樫颯大(とがしそうた)投手です。

どのような選手なのか早速見ていきましょう。

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

 

スポンサードリンク

 

冨樫颯大の身長やプロフィール!

出典:毎日新聞

冨樫颯大投手は身長180㎝の

左投げ左打ちの本格派左腕です。

最速140㎞/hの直球と

スライダー、カーブを持っています。

 

全国大会の経験は豊富にあり、
まずは、1年生の秋、神宮大会に出場。

準々決勝でこの大会で

優勝した高松商との試合で先発し、
4回3分の2を投げ、

6安打4失点と打たれました。

 

88回のセンバツでは

背番号11をつけベンチ入り。

初戦、ユニフォームの

校名2行同士の対戦となった
木更津総合戦では2番手で登板し
2回3分の1を投げ1安打2失点。

この試合5-2で敗れます。

 

2年生の神宮大会は

初戦の宇部鴻城戦で先発しましたが勝敗つかず。

準決勝の履正社戦では登板はありませんでした。

 

ちなみにこの神宮大会では

履正社が優勝しているので、
2年連続で神宮大会では

優勝校に敗れたということになります。

 

2年連続出場となった今年の89センバツでは、
初戦、「機動破壊」をかかげる

健大高崎に11-1と大敗。

先発した冨樫颯大投手は

2回3分の1で6安打3失点。

試合後

「走者を意識して力んでしまい、球が甘くなった」
「この悔しさをマウンドで晴らして、
また夏に戻って来たい」
と語っています。「報知高校野球」

 

悔しい思いをした選手は強くなります。

 

まさに去年の北海高校がそうでした。

前年の選手権で1アウトも取れなかった
大西健斗投手。

初戦の松山聖陵戦で死球を受けながら
決勝では途中で降板したものの、
それまで一人で投げ抜き準優勝。

 

そういうドラマを追いかけるのも
高校野球の一つの楽しみだったりもします。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

冨樫颯大の出身中学や小学校をチェック!

冨樫颯大投手は北海道出身で
札幌市立栄町中学校出身です。

中学時代は札幌東ベースボールクラブ
プレーしていました。

 

出身小学校は、中学校から予測しますと
周辺に小学校がいくつかあるので

候補は多いですが、通学区域からみて、
札幌市立栄町小学校

札幌市立元町北小学校
どちらかだと思われます。

 

スポンサードリンク

 

家族はどんな人たち?ドラフトの評価は?

去年の2月、「センバツLIVE!2017」という
毎日新聞社の記事に
お父さんの話が載っていました。

 

神宮大会で高松商に敗れた後、
制球力アップのために
自宅で18m離れた籠に球を投げ入れる練習を

始めたそうなのですが、
その練習をお父さんが撮影して、
投球フォームのチェックを

していたということです。

 

もしかしたらお父さんも

野球経験者なのでしょうか。

具体的なアドバイスを

していたかもしれません。

野球に懸ける息子のためにサポートする
ステキなお父さんですね。

 

冨樫颯大投手は注目の選手として

挙がっていますが
私が見る限り

現段階でのドラフトの評価というのは
あまり見つかりませんでした。

高卒でプロというよりかは
大学、社会人を経て成長してからの

プロに行く、という見方が多いようです。

 

北海道出身ということでドラフトでは
北海道日本ハムファイターズに入団すれば
地元選手なので喜ばれそうですが、
本人は埼玉西武ライオンズの
ファンだという噂があります。

 

地元球団の獲得が好きですが、
やっぱり自分が好きな球団に

入団出来たら幸せですよね。

 

なので、個人的には日ハムか西武のどちらかが
指名したらいいなと思います。

 

札幌第一は7月3日に地区代表決定戦で
札幌新川と戦い
5回ウラに6点奪い逆転勝利で
南北海道大会への切符を手にしました。

 

全国の舞台で悔しい思いを

たくさんしてきた冨樫颯大投手、
この夏どのような成長を見せてくれるのか
注目していきたいところです。

 

 

参考記事:「センバツLIVE!2017」
  紺の春風  センバツ札幌第一 第2部・選手紹介/11 冨樫颯大投手(1年)
  本格派あとは制球力 /北海道
 →http://mainichi.jp/koshien/articles/20160226/ddl/k01/050/139000c

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

最新情報をチェックしよう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク