篠崎康(帝京第五)のドラフト評価は?中学や身長もチェック!

夏の愛媛大会は7月13日に開幕します。

 

個人的な話ですが、
愛媛出身の私としては
いくら愛媛をはなれようとも
愛媛の高校野球は毎年気になります。

 

しかし、ここ最近の愛媛の高校野球というと
勝てない時期が続いていて
長年保っていた夏の勝率1位の座も
96回の選手権で大阪に奪われ、
3位の神奈川に迫られ3位転落の危機にあります。

 

強豪のイメージのある愛媛ですが、
夏に関して言えば95回の夏の選手権で
安樂智大(あんらくともひろ)投手(現楽天)

擁した済美が1勝して以来
勝利から遠ざかっています。

 

強かったのも今は昔の話。

 

昨年もアドゥワ誠投手(現広島)という
注目の投手を擁した松山聖陵でしたが、
初戦で準優勝した北海高校にサヨナラ負けで
あと1歩のところで勝利を逃しました。

 

余談が長くなりましたが、
そんな愛媛で今年もまた、
注目の選手が現れました。

 

帝京第五の篠崎康(しのざきこう)選手です。
今回は篠崎康選手を紹介します。

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

 

篠崎康(帝京第五)のプロフィールや経歴は?

出典:校野球ドットコム

 

篠崎康選手は帝京第五の三年生

右投げ右打ちの捕手で打順は四番
まさにチームの柱の選手です。

 

帝京第五は今年のセンバツに出場したさいに
小林昭則監督元ロッテのプロ野球選手ということで
話題になりましたが、
実は篠崎康選手もロッテと関係がありました。

叔父さん元ロッテの橋本将さんです。

 

帝京第五は私立なので県外選手も多いですが、
篠崎康選手は愛媛出身というところが
私の中でポイント高いです。

 

多くの有力選手がいる中で
地元選手が正捕手の座を掴んだのは
うれしいことです。

 

野球留学を否定するわけではありませんよ。

逆に県外選手に対しては
「来てくれてありがとう」と思っています。
誤解はしないでくださいね。

 

経歴は中学生の時は
宇和島ボーイズでプレーしていました。

 

そして、今年のセンバツに出場。
初戦の作新学院戦でチームは9-1
惜しくも敗れましたが、
篠崎康選手は4打数2安打
チーム唯一のホームを踏んでいます。

 

攻守に評判が高く、
特に打撃は好打率を残しました。

 

2年生の昨秋の県大会では打率が.571
四国大会では打率が.500と5割超え。
センバツでもしっかり5割に乗せていますね。

 

 

スポンサードリンク

 

篠崎康(帝京第五)の出身中学や身長をチェック!

篠崎康選手の出身中学校は
宇和島市立城北中学校です。

 

市立中学校出身ということは
おそらく宇和島市出身だと思われますが、
宇和島出身というと
プロ野球のヤクルトや
メジャーのデビルレイズ等で活躍し
現在福島ホープスで選手兼監督兼球団代表の
岩村明憲選手
宇和島東や済美をセンバツ優勝にみちびいた
上甲正典監督が思い浮かびます。

 

どちらも宇和島東高校出身です。

 

帝京第五は大洲市にあるので、
同じ南予地方の宇和島市と
近いと思っていたのですが
意外と遠いことが分かりました。

 

身長は178㎝、体重88㎏
遠投は98m、50mは6秒6ということです。

 

スポンサードリンク

 

篠崎康(帝京第五)のドラフト評価は?

さて、気になるドラフトの評価です。

 

篠崎康選手は先述したように
打撃がいい選手です。
捕手としてリード面も評価されています。

 

いわゆる「打てる捕手」ですね。

 

身体能力の高さも超高校級と言われています。

 

ところが、ドラフト関連の記事で
ほとんど名前を見ないのが実情です。

 

高校生の捕手で評価が高いのは、
福岡大大濠の古賀悠斗選手や
報徳学園の篠原翔太選手

 

どちらも今年のセンバツで活躍した選手ですね。

 

特に古賀悠斗選手は強肩強打で評判です。

引き分け再試合となった滋賀学園戦では
決勝本塁打。

準決勝の報徳学園戦ではマウンドにも上がりました。

 

あくまでも私のイメージですが、
プロ野球において捕手は狭き門。

 

どの球団にも若手の捕手がいるし、

捕手はほぼ固定されるので
なかなか空かないポジションだったりします。

 

北海道日本ハムファイターズ近藤健介選手
横浜高校時代捕手でしたが、
プロではほとんど内野を守っています。

 

今シーズン4割キープで話題になりましたが
(手術により今シーズン絶望)
持ち前の打撃を生かした生き残りですよね。

 

篠崎康選手は打撃身体能力の高さに定評があるので
一つの選択肢かな、とか思ってしまったわけですが、
個人的には捕手での活躍が見たいです。

 

この夏、ライバルたちに
どれだけ差をつけられるかが勝負です。

 

あと、個人的にはやはり
ロッテと縁があるので
獲得するならロッテがいいと思っています。

 

愛媛大会は今年も読めません。
愛媛は元々公立が強いのですが、
最近は勢力図も変わってきています。

 

済美、松山聖陵に続いて帝京第五が
愛媛の夏出場の私立3校目になるのかどうか
篠崎康選手と共に見守りたいと思います。

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください