運営者よりお知らせ。現在、更新を休止してます。楽しみにされている方にはお詫びいたします再開に向けて準備中ですので新しい記事が作成できるように応援をお願いします。

創成館高校野球部2018年監督やメンバーは?川原や深見や七俵に注目!

昨秋の明治神宮大会において、優勝候補と目された聖光学院と大阪桐蔭を破った創成館高校

 

初出場ながら準優勝という結果を残した、九州の強豪校です。

 

かつて、海星や波佐見、長崎商など、強豪ぞろいだった長崎の高校野球に一石を投じ、代表校となった創成館高校

 

その強さの秘訣は、選手たちをここまで育てあげた稙田監督にあります。

 

今回は、そんな稙田監督の経歴や、今季注目の選抜メンバーについて調査しました。

 

センバツ初戦の相手はこちら⬇

下関国際高校野球部2018年の坂原監督は?鶴田や吉村と練習と寮も調査!

 

他の2018年選抜高校野球出場高校の記事はこちらからごらんください!

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

 

創成館高校野球部2018年の監督は?年齢や経歴を調査!


出典:https://www.sponichi.co.jp/

 

稙田監督は、監督就任前まで、九州三菱自動車の社会人野球選手として活躍していました。

 

そして、’99年からは監督に就任。

 

創成館高校には、’08年に野球部監督に抜擢されます。

 

それまでの社会人野球での経験を生かし、強いチームを作り上げ、’13年春に甲子園へ初出場します。

 

1963年生まれの55歳である稙田監督は、守備を重視した緻密な野球を徹底し、体格に差のある選手達の適性を見極めた素晴らしい采配が見どころでもあります。

 

追い込まれても焦らず慌てず、着実なバッティングでしぶとく敵へ食らいついていく、耐久性の高いチームづくりで、今大会でも監督の得意とする繋いでいく野球が見られるのが楽しみですね。

 

 

 

創成館高校野球部2018年のメンバーや出身中学とチームは?

 

まずは選抜メンバーの一覧を紹介します。

 

位置 氏名 学年 投打 身長 体重 出身中学校 前所属
投手 川原陸 3 左左 184 78 三川中学校 長崎北シニア
捕手 平松大輝 3 右右 178 74 春日北中学校(福岡) 福岡BBC
松波基 3 右右 178 72 上之島中学校(大阪) 八尾シニア
藤優璃 3 右左 165 59 熊西中学校(福岡) 北九州若松アンビシャス
杉原健介 3 右左 163 78 平野中学校(福岡) 福岡大野城ボーイズ
徳吉涼太 3 右左 173 65 花畑中学校(福岡) 福南ボーイズ
野口恭佑 3 右右 179 72 千々石中学校
★峯圭汰 3 右右 171 70 筑柴野南中学校(福岡) 筑紫野ドリームズ
松山隆一 3 右左 176 75 南串中学校
投手 戸田達也 3 右右 175 75 高屋中学校(広島)
投手 伊藤大和 3 右右 182 75 吉井中学校(福岡)
捕手 右近大志 2 右右 173 69 八本松中学校(広島) 府中広島’2000
深見直人 2 右左 176 100 春日北中学校(福岡) 福岡ブルースターズ
投手 七俵陸 3 左左 181 79 城南中学校(福岡) 福岡BBC
出嶋公誠 3 右右 169 70 福間中学校(福岡) 九州古賀ボーイズ
埜川希龍 3 右右 170 69 小島中学校 南長崎ヤンキース
真崎晴那 2 左左 165 62 海星中学校 長崎海星シニア
水野航洋 3 右左 168 60 岩屋中学校 長崎北シニア

★は主将です。

 

創成館高校野球部は昨秋の大会で出場した20名中、6名が長崎県出身で、他は福岡県出身が10名、残る4名は広島、大阪、佐賀などから入部した選手達です。

 

県外からの強豪選手がこぞって集まっている印象ですね。

 

九州圏を中心として、高校野球をするなら創成館へという意識が高く、中学時代に実績のある選手達から、注目を集めている高校といえます。

 

県外中学出身者が多いだけあって寮も完備されています。

 

甲子園出場回数は、春が3回夏が1回とさほど多くはありませんが、近年どんどん力をつけてきている、目が離せない注目のチームに育っています。

 

チームのエースである川原陸選手は、長崎市立三川中学校出身で、3人兄弟の長男です。

 


出典:高校野球ドットコム

 

小学1年生の頃にソフトボールを始め、3年生から軟式野球に転向します。

 

中学では長崎北リトルシニアに入団して、投手兼外野手として活躍しました。

 

また、シニア日本代表にも選出され全米大会にも出場し、優勝、世界1位するなど、マルチな経験を積んだ有力選手です。

 

その豊富な経験を生かし、チームのキーパーソンとして活躍が期待されています。

 

川原陸選手について詳しくはこちら⬇

川原陸の彼女と父親や母親などの家族は?ドラフト評価や進路も調査!

 

多彩な投手陣を抱える創成館高校の野球を支える2年生の捕手、平松選手は、常に投手をしっかりと見て、時に勇気付けたり、投球の切り替えを促したりと、リードすることを欠かしません。

 

投手の孤独な気持ちを、自身のサポートで和らげることができるよう気配りのできる魅力的な選手です。

 

高校野球ファンのそこのあなた!

高校野球関連のなにか面白いスマホゲームはないかと探したことはありませんか?

そこでおすすめのゲームがあります。

それがこちら⬇

あなたも高校球児になって甲子園を体験しよう!

無料ダウンロードはこちらからどうぞ⬇

Androidの方はこちらからインストール!

iPhoneの方はこちらからインストール!

 

注目のメンバーの川原選手や深見選手、七俵選手をチェック!

 

昨秋の大会では1番を背負って登板した川原選手は、大会序盤に先発で出場。

 

常に自分より球の速い選手はいるということを忘れずに、鍛錬を欠かしません。

 

左腕で力強いピッチングが魅力です。

 

184cmの長身を生かした最速141キロのストレートや縦横のスライダーを投げ分け、敵を翻弄します。

 

多彩な球種を扱える投手とあって、プロのスカウトも目を光らせる注目選手。

 

今季の大会でも更に評価を上げるべく活躍が期待されています。

 

 

1年生の深見選手は、右腕の内野手です。

 

中学時代は福岡ブルースターズでプレーしました。

 

身長176cm、体重100kgの大きな体格で、秋季大会では1年生で唯一の先発メンバー入りを果たし、期待に応えるように先制しました。

 

その力強いプレーで今季も活躍が期待されています。

 

 

昨秋の大会で先発の投手として登壇した七俵選手は、左腕の14番選手。秋季大会の途中からメンバー入りしました。

 

チーム内の競争は激しく、投手は1年生も入れると、30人にもなるといいます。自分の後ろには、常に20人が控えているという気持ちを持って、試合に臨んでおり、気迫が伺えます。

 

今回は、近年、その実力を発揮して着々と九州の強豪として名を上げてきている創成館高校について調査しました。

 

冬のオフシーズンに力を蓄えた強い選手が目白押しの同校がどんなふうに春の甲子園のマウンドを駆け抜けるか楽しみですね!

 

センバツ初戦の相手はこちら⬇

下関国際高校野球部2018年の坂原監督は?鶴田や吉村と練習と寮も調査!

 

他の2018年選抜高校野球出場高校の記事はこちらからごらんください!

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

 

 

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください