履正社高校野球部2017夏のメンバーや部員数は?安田尚憲がすごい!

 

熱戦続く高校野球の地方予選。

 

まだ代表校も決まっていませんが、
選手権の優勝候補に挙げられる
高校は何校かあります。

 

その中でも履正社への期待は高いようです。

 

センバツでは史上初の
決勝戦大阪対決で敗れはしたものの、
総合力の高さは誰もが認めるところです。

 

ただ、大阪大会を勝ち上がるのは
容易なことではありません。

 

センバツ優勝の大阪桐蔭、
昨秋の府大会で敗れた上宮太子と
ライバルは多くいます。

 

昨秋の明治神宮大会を制した履正社ですが、
実はまだこのチームで
大阪大会を制したことがありません。

 

この夏、履正社のリベンジがあるのか
注目していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

履正社高校野球部2017夏のメンバーや部員数は?

今年の履正社のメンバーでは
注目すべき選手が多くいます。

 

特に注目されているのが
三番の安田尚憲(やすだひさのり)選手。

 

安田尚憲選手に関しては後述するとして、
四番で主将の若林将平(わかばやししょうへい)選手、
エースの竹田祐(たけだゆう)投手、

センバツで先頭を打った石田隆史(いしだりゅうじ)選手、
5割を打った濱内太陽(はまうちたいよう)選手等
センバツで活躍した選手が多くいます。

 

 

また、センバツには出場していませんが、
2年生の期待の投手に
岡田龍生(おかだりゅうせい)投手という
監督と同じ漢字の選手がいるそうです。

 

履正社というと打撃が注目されがちですが、
守備にもぜひ注目してほしいです。

 

センバツでの記録ばかりにはなってしまいますが、
竹田祐投手は決勝戦こそ4本塁打8失点でしたが
2回戦の市呉戦では2安打完封、
準々決勝の盛岡大附戦では
7回までパーフェクトピッチング。
素晴らしい投球でした。

 

そして、守備は
5試合で1失策。
堅守です。

 

履正社は攻守ともに優れたチームと言えます。

 

部員数は3年生が17人、
2年生が16人なので
恐らく1学年15人くらいだと思われます。
昨年は53人だったので、
履正社の野球部員はだいたい
50人前後だと思います。

 

高校野球特集記事はこちら⬇︎

特集総合ページ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

履正社高校野球部の岡田龍生監督や寮やグランドをチェック!

履正社を率いるのは
岡田龍生(おかだたつお)監督です。
大阪市出身で、高校は兵庫の東洋大姫路。

 

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2016/12/27/_split_30/

大学は日体大、社会人では鷲宮製作所で
プレーしました。
85年から桜宮でコーチを経て
87年から履正社の監督になりました。

 

今回岡田龍生監督の経歴を調べる中で
一番意外だったのは
中学生まではバレーボールをしていて、
野球を本格的に始めたのは
高校からだったということです。

 

高校時代は主将も務め、
高校3年の時、51回のセンバツに
一番三塁手で出場し
ベスト4まで勝ち進みました。

 

また、お母さんが元プロ野球選手ということです。

 

履正社を甲子園に導いたのは
全て岡田龍生監督です。

 

履正社は強豪私学ですが
意外なことに寮がありません。

 

選手のほとんどが自宅から通学しています。

 

選手の出身地を見てみてもほとんどが府内。
府外でも関西(兵庫や京都)です。

 

履正社の所在地は豊中市ですが
野球部のグラウンドは
茨木市に専用のグラウンドがあります。

 

このグラウンドは、野球場の他にサッカー場や
クラブハウスなど設備が充実しています。

 

室内練習場や照明設備も整っており、
練習にはすごくいい環境のグラウンドです。

 

スポンサードリンク

 

履正社高校野球部の主砲の安田尚憲がすごい!

さて、履正社というと気になるのが
安田尚憲選手です。

 

出典:報発信部屋303号室

 

安田尚憲選手は
身長188㎝、95㎏の右投げ右打ちの
三塁手です。

 

高校通算60本塁打の打撃は
プロも注目する逸材です。

 

小学生の時は阪神タイガースジュニアに所属し、
中学生の時はレッドスターベースボールクラブで
プレーしていました。

 

アスリート一家で
お父さんは駅伝の監督、
お母さんはやり投げの選手、
お兄さんはPL学園で野球をされていました。

高校時代は現在・ドジャースで活躍する
前田健太投手とバッテリーを組んでいました。
明治大学を経て、現在三菱重工名古屋で
プレーしています。

 

実力もさることながら
話題になる要素がたくさんありますね。

 

 

履正社がある豊中市は高校野球発祥の地です。
第1回の夏の選手権は豊中グラウンドで
行われました。

 

履正社は86回のセンバツ、89回のセンバツと
いずれも決勝戦で関西勢に敗れ
準優勝に終わりました。

 

来年、夏の選手権は記念すべき
100回大会を迎えます。
高校野球発祥の豊中市から
優勝校を出したいという
地元の思いはあるでしょう。

 

今年はその可能性に近づいています。

 

まずは、大阪大会を勝ち抜くことができるのか
履正社の活躍を見守っていきたいところです。

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください