運営者よりお知らせ。現在、更新を休止してます。楽しみにされている方にはお詫びいたします再開に向けて準備中ですので新しい記事が作成できるように応援をお願いします。

コニカミノルタ2019年駅伝部のメンバーや監督は?高校や大学も調査!

過去のニューイヤー駅伝で、何度も優勝している古豪・コニカミノルタ駅伝部

今年のニューイヤー駅伝は7位に終わってしまいました。

 

復活を目指すコニカミノルタ駅伝部は、2019年ニューイヤー駅伝にどのようなメンバーで臨むのでしょうか?

そのコニカミノルタを率いる監督は、どんな方なんでしょうか?

駅伝メンバーの出身高校出身大学も調べてみました!

コニカミノルタ2019年の駅伝部のメンバーの高校や大学は?

出典:https://s.nikkei.com/2PBuGoY



コニカミノルタは、ニューイヤー駅伝では歴代2位となる8回の優勝を誇る強豪チームです。

ニューイヤー駅伝のテレビ中継では、「21世紀の駅伝王者」と称される事も多いです。

 

そんな2019年のコニカミノルタ駅伝部メンバーと、メンバーの出身高校や大学を調べてみました。

左右にスライドするとより詳しく見れます!

 

名前 生年月日 年齢 身長/体重 出身高校 出身大学 10000m マラソン
宇賀地強 1987.4.27 31 164/50 作新学院高校 駒澤大学 27’40″69 2°10’50”
山本浩之 1986.4.30 22 172/54 川口北高校 東洋大学 27’55″40 2°09’12”
ポール・クイラ 1990.1.25 28 168/50 仙台育英高校 27’40″43 2°11’58”
野口拓也 1988.7.2 30 173/56 東北高校 日本体育大学 28’25″27 2°08’59
谷川智浩 1989.3.4 29 161/46 熊本工業高校 拓殖大学 28’24″31 2°11’39”
菊池賢人 1990.9.18 28 173/57 室蘭大谷高校 明治大学 28’04″25 2°15’32”
サムエル・ムワンギ 1997.9.19 31 169/51 ニャフルエリート高校 27’45″27
西池和人 1993.2.17 25 170/53 須磨学園高校 法政大学 28’37″22
長谷川令 1997.6.25 21 171/59 豊川高校 29’36″26
蜂須賀源 1994.11.29 24 170/50 柏日体高校 國學院大学 28’05″32 2°18’50”
大山憲明 1995.8.11 23 175/60 大牟田高校 創価大学 28’57″62
工藤有生 1995.9.5 23 178/55 世羅高校 駒澤大学 28’23″85
川端千都 1995.12.20 23 176/56 綾部高校 東海大学 28’32″94
ドミニク・ランガット 1995.9.15 23 171/60 ニャフルエリート高校 27’44’27

出身高校を見てみると、作新学院高校や須磨学園高校、世羅高校など強豪校がズラッと揃っています。

出身大学も、駒澤大学や東洋大学、東海大学など、箱根駅伝などの常連校が並びます。

ベテラン、中堅、若手のバランスもとても良いのではないでしょうか。

コニカミノルタ2019年の駅伝部の監督は誰?

出典:https://bit.ly/2Et8e0a

 

2019年のコニカミノルタ駅伝部をを率いる、監督は誰なんでしょうか?

監督の名前は

磯松 大輔さん

と言います。

 

コニカミノルタでの選手時代は、キャプテンを務めました。

ニューイヤー駅伝では、1区のスペシャリストとして活躍し、当時の監督に「1区は磯松に任せておけばいい」とまで言われていたようです。

 

ニューイヤー駅伝で5度の優勝をしていて、選手としての経験も豊富です。

とても情熱溢れた熱血監督のようです。

現役時代には、練習態度が悪い先輩に「先輩、だめですねぇ」とはっきり言ってのけていたとか。

 

まだ45歳と若く、選手たちにとっても「兄貴的な存在」なのかもしれません。

2019年のニューイヤー駅伝も、熱血監督がコニカミノルタのメンバーを優勝に向けて率います。

 

コニカミノルタ2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:https://twitter.com/lacto__bacillus/status/926435858667810817

 

2019年ニューイヤー駅伝での、コニカミノルタ駅伝部の注目メンバーを見てみましょう。

まずは、

宇賀地 強選手

です。

出典:https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E8%B3%80%E5%9C%B0%E5%BC%B7

 

コニカミノルタでは、キャプテンを務め、磯松大輔監督からの信頼も厚い選手です。

2019年ニューイヤー駅伝の予選会となる東日本実業団駅伝では、4区を走り、気迫あふれる走りで区間賞を獲得しました。

今年のニューイヤー駅伝では、1区で24位と出遅れてしまい不本意な結果に終わりました。

2019年は雪辱に燃えていることでしょう。

 

そして、

谷川 拓也選手

です。

出典:https://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXBZO6208304003112013000001&dc=1&ng=DGXNSSXKA0128_T01C13A1000000&z=20131103

 

ニューイヤー駅伝でも2度の優勝を経験しています。

2017年、2018年と2年連続の区間賞を獲得していて、安定感・信頼度ともに抜群です。

さらには、今年8月の北海道マラソンに優勝し、東京五輪代表選考レース(MGC)を獲得して好調をキープしています。

2019年のニューイヤー駅伝では、良い走りが期待できるのではないでしょうか。

 

コニカミノルタ駅伝部メンバーの出身校や監督、注目メンバーを紹介しました。

ここ2年間は、思うような結果を残せていませんが、2019年のニューイヤー駅伝では上位進出、さらには4年ぶりの優勝を狙っているはずです。

元日を楽しみに待ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください