東京マラソン2018のトイレ対策や穴場は?ロッカーの場所も調査!

皆さんこんにちは!

エンタメガ天ライターの@soraです。

 

大学主催の講演会に参加しました。

 

宇宙・素粒子研究に関するもので、

もともと興味のある内容であり、

とてもいい機会になったと思います。

 

25日に行われる東京マラソン2018

]

2018の抽選倍率は12.1倍と、

今年走れる人はかなりの幸運ですね。

 

全体では36,000人もの人が、

東京の街を駆け抜けるようです。

 

そんな東京マラソン2018。

 

ランナーにとって、

注意しなければならないのが、

トイレです!

 

ランナーだけでなく、

応援の人やボランティアなど、

大人数東京の街に集まります。

 

トイレの場所をしっかりと、

把握しておかないと、

いざというとき、

空いていないということになりかねません。

 

マラソン2018のトイレ対策について、

トイレの穴場や、

ロッカーの場所についても、

調べてみました。

 

東京マラソン2018のトイレ対策について!

 

25日当日のスケジュールは、

以下のようになっています。

 

時間内容会場
8:54スタートセレモニー開始都庁第一本庁舎前
9:05車いすマラソン・車いす10kmスタート都庁第一本庁舎前
9:10マラソン・10kmスタート都庁第一本庁舎前
10:5010km競技終了コングレスクエア日本橋
11:10~12:1010km表彰式コングレスクエア日本橋2F アトリウム
13:00~15:00表彰式 / 贈呈式丸ビル1F マルキューブ
16:10マラソン競技終了東京駅前・行幸通り

 

例年の経験者によると、

セレモニーの約2時間前、

7:00ごろにはゲートはOPENしているようです。

 

この2時間の間には、

必ずトイレは済ませておくべきだそうです。

 

整列してセレモニーが始まってしまうと、

抜け出していくのは非常に困難。

 

スタートに遅れてしまっては、

元も子もありません。

 

当然仮設トイレなども用意されていますが、

最低36000人。

 

応援やボランティア含めれば、

その倍以上の人数が、

都庁周辺に集まることになります。

 

そんな中では、

40分待ちを経験した方もいるようで、

いかに早めの準備が大事かがわかりますね。

 

また、

レース中に、

トイレに行きたくなる可能性もあります。

 

コースのどこにトイレがあるのか、

しっかりと把握しておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

東京マラソン2018のトイレの穴場はどこ?

 

では、

都庁周辺、

コース上のトイレは、

いったいどこにあるのでしょうか。

 

まずスタート地点である都庁周辺ですが、

スタート地点中央部付近に、

仮設トイレは設けられるようです。

 

しかし、

そこは確実に行列となるでしょう。

 

2017年は、

新宿中央公園水の広場に、

仮設トイレが設けられていたようです。

 


出典:仮設トイレ設置情報館

 

新宿中央公園水の広場の仮設トイレは、

男女兼用で使える個室タイプのトイレと、

その隣に、

男子用の小用トイレがあったとのこと。

 

今年も同じようになっていれば、

しっかりスタート前に確認したいですね。

 

では、

コース上のトイレは、

どうなっているのでしょうか。

 

 

大まかな地図上の位置です。

 

設置数でみると、

こちらの一覧

 

 

0.4 km地点。

 

新宿アイランドタワー前広場では、

男女兼用の仮設トイレで、

和式15洋式5

男子用5とかなり揃っています。

 

5.3 km地点の東京理科大学駐車場も、

同様の数。

7.7 km地点の千代田区小川広場

21.7 km地点の清澄庭園公園広場

38.7 km地点の区立芝公園では、

仮設に加え公衆便所もあるので、

数の面では多そうです。

 

東京マラソン2018のロッカーの場所を調査!

 

トイレはもちろん大事ですが、

もう一つ注意しなければならないのが、

手荷物についてです。

 

ランナーの方は特に、

スタート地点までの格好と、

走っているときの格好は違うと思います。

 

着替えや貴重品など、

応援の人に預かってもらうならいいですが、

そうできない人もいると思います。

 

もちろん、

運営やボランティアの人が預かってくれます。

 

しかし、

混雑する会場と大人数、

預けられる時間や条件もあります。

 

特に既定の袋に入らないなどで、

もし預けることができなかったら、

大変ですね。

 

そこで、

誰でも利用できる、

ロッカーの場所を調べてみました。

 

コインロッカーは、

基本的に周辺の駅ならあります。

 

また、

タカシマヤなどの百貨店内にも、

コインロッカーはありますね。

 

ただ、

一番は事前に預けられるサイズを確認して、

手荷物を少なくしておくことが大事です。

 

東京マラソン2018では新しい試みとして、

エントリー時に、

「手荷物預けなしランナー」

を募集するようです。

 

定員は3000名。

 

スタート時点での荷物預けを行なわずに、

フィニッシュすると、

限定のオリジナル防寒ポンチョが、

配布されるのだとか。

 

ランニング時の姿で、

そのまま帰路につかなくてもいいように、

配慮した試みですね。

 

現地の人は是非、

参加してみてもいいのではないでしょうか。

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

東京マラソン2018、

参加される方は、

事前の準備と確認をしっかりして、

頑張ってください!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください