運営者よりお知らせ。現在、更新を休止してます。楽しみにされている方にはお詫びいたします再開に向けて準備中ですので新しい記事が作成できるように応援をお願いします。

MHPSの2019年の駅伝部のメンバーや監督は?高校や大学も調査!

2019年のニューイヤー駅伝に、10年連続23回目の出場となるMHPS(三菱日立パワーシステムズ)。

今年の8位からさらに上位進出、そして優勝を狙います。

MHPSの駅伝部は、どういったメンバーで2019年ニューイヤー駅伝に臨むのでしょうか?

MHPSの駅伝部を率いる監督と、メンバーの出身高校出身大学についても調べてみました!

MHPSの2019年の駅伝部のメンバーの高校や大学は?

出典:https://this.kiji.is/346542651480458337

 

2019年ニューイヤー駅伝の地区予選となる九州実業団対抗駅伝では3位に入賞し、ニューイヤー駅伝への弾みをつけたMHPSの駅伝部。

2019年ニューイヤー駅伝には、以下のメンバーから構成されます。

左右にスライドするとより詳しく見れます!

名前 生年月日 年齢 身長/体重 出身高校 出身大学 10000m マラソン
木滑良 1991.1.22 27 168/54 瓊浦高校 28’18″52 2°08’08”
定方俊樹 1992.3.4 26 171/59 川棚高校 東洋大学 28’41″19 2°16’21”
松村康平 1986.11.25 22 176/59 清風高校 山梨学院大学 28’27″04 2°08’09”
岩田勇治 1987.7.9 31 170/54 福岡工業高校 28’53″82 2°12’15”
佐藤歩 1988.2.25 30 168/52 専大北上高校 大東文化大学 28’49″10 2°12’37”
目良隼人 1992.4.30 26 168/51 川棚高校 28’40″28
浦野輝 1994.7.26 24 168/53 川棚高校 30’03″70
的野遼太 1992.8.17 26 175/61 諫早高校 順天堂大学 28’38″55
井上大仁 1993.1.6 25 165/51 鎮西学院高校 山梨学院大学 27’56″27 2°06’54”
エノック・オムワンバ 1993.4.4 25 170/54 ナイクル高校 山梨学院大学 28’00″33
コリンズ・ケンボイ 1997.8.23 21 183/65 ケソップ高校 28’50″55
吉田裕晟 1995.7.26 23 179/59 諫早高校 専修大学 29’09″30

 

MHPSは長崎県に本拠地を置いています。

出身高校を見てみると、やはり地元・長崎県の川棚高校や諫早高校の出身者が多いですね。

大学では、山梨学院大学の出身者が多いのが目に付きます。

 

実際に松村康平選手や井上大仁は、山梨学院大学時代には箱根駅伝でも活躍しています。

エリック・オムワンバ選手も、箱根駅伝ではケガなどで振るいませんでしたが、トラックでは強さを発揮していました。

そういった実力を期待されて、MHPSに入社したのでしょう。

 

ちなみに、MHPSが外国籍選手を置いたのは2015年からで、割と最近です。

これは、駅伝全国区のチームとしては珍しいですね!

MHPSの2019年の駅伝部の監督は誰?

出典:http://mainichi.jp/graphs/20170101/hpj/00m/050/001000g/20

 

このMHPSを、2019年ニューイヤー駅伝で率いる監督は、誰なのでしょうか?

名前は、

黒木 純さん

です。

出典:https://www.mhps.com/jp/special/newyearekiden/

 

箱根駅伝ファンの中には、覚えている方も多いと思います。

箱根駅伝での山梨学院大学の2度目の優勝に、キャプテンとして貢献しました。

MHPS監督になってからの指導力も、とても高く評価されています。

2016年の九州実業団対抗駅伝では、強豪・旭化成を見事に破り、チームを優勝に導きました。

翌2017年の九州実業団対抗駅伝でも優勝し、2連覇を果たしています。

ニューイヤー駅伝でも、2017年は4位、今年2018年は8位入賞と、MHPSは着実に強豪チームの仲間入りを果たしつつあります。

練習はもちろん、レース直前の調整方法まで細やかに選手を見てアドバイスする監督で、それが近年の躍進にも繋がっているようです。

今年ジャカルタで行われた、アジア大会にも日本代表コーチとして参加しているので、指導力はピカイチなんでしょうね!

MHPSの2019年の駅伝注目メンバーを紹介!

出典:https://mainichi.jp/graphs/20171123/hpj/00m/050/002000g/1

 

2019年ニューイヤー駅伝、MHPSの注目メンバーを見てみましょう。

まずは、

井上 大仁選手

です。

 

出典:https://twitter.com/pctril_alife/status/835776463034957824

 

山梨学院大学時代は、大学三大駅伝で活躍し、「山梨学院大学歴代最強日本人」とまで呼ばれていました。

そして入社1年目から、ニューイヤー駅伝で4区に抜擢され、区間3位の快走を見せました。

2018年も東京マラソンで、

2時間06分54という、日本男子歴代4位の好タイムを叩き出しました。

まだ25歳と若いながらも、MHPSのエースと言ってもいいでしょう。

 

そしてもう一人は、

木滑 良選手

です。

出典:https://www.mhps.com/jp/special/newyearekiden/

 

2018年の東京マラソンでは、

2時間8分台の自己新記録を出しています。

その結果、井上 大仁選手と共に、東京五輪選考レースとなるMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)の出場権を獲得しました。

ニューイヤー駅伝の予選となる11月の九州実業団対抗駅伝にはエントリーしませんでしたが、ニューイヤー駅伝ではキャプテンとしてチームを引っ張る事でしょう。

井上 大仁選手と木滑 良選手が中心となり、2019年のニューイヤー駅伝では、一気に強豪チームの仲間入りを狙っているのではないでしょうか。

 

MHPSの駅伝部メンバーの出身校や監督について、そして注目メンバーを紹介しました。

2019年ニューイヤー駅伝で、MHPSが王者・旭化成を再び脅かす事ができるのか、要注目ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください