運営者よりお知らせ。現在、更新を休止してます。楽しみにされている方にはお詫びいたします再開に向けて準備中ですので新しい記事が作成できるように応援をお願いします。

法政大学の箱根駅伝2019年のメンバーや監督は?高校やイケメンも調査!

こんにちは!

今年もあと数日となり、お正月の箱根駅伝が近づいてきましたね。

今回は、上位進出を狙う法政大学に注目してみました。

法政大学の、2019年箱根駅伝のメンバー監督、注目のイケメン選手出身高校について調査してみました。

ぜひ、ご覧ください!

法政大学箱根駅伝の2019年のメンバーは?

出典:http://www.hosei.ac.jp/NEWS/campuslife/170103_1.html

 

法政大学は、今年の箱根駅伝で、6位に入賞して、シード権を獲得しました。

これは、ここ10年間では最高の成績で、近年どんどん力をつけています。

その、今年の箱根駅伝は、このようなメンバーでした。

【2018 箱根駅伝】

区間 名前 学年 記録 区間順位(総合)
1区(21.3km) 土井 大輔 3年 1時間03分21秒 19位(19位)
2区(23.1km) 坂東 悠汰 3年 1時間10分05秒 14位(15位)
3区(21.4km) 細川 翔太郎 4年 1時間03分52秒 8位(13位)
4区(20.9km) 松澤 拓弥 2年 1時間04分04秒 13位(14位)
5区(20.8km) 青木 涼馬 2年 1時間11分44秒 1位(5位)
6区(20.8km) 佐藤 敏也 2年 58分49秒 3位(4位)
7区(20.9km) 岡原 仁志 2年 1時間06分06秒 11位(4位)
8区(21.4km) 大畑 和真 3年 1時間07分41秒 8位(4位)
9区(23.1km) 磯田 和也 4年 1時間11分18秒 4位(5位)
10区(21.3km) 矢嶋 謙悟 3年 1時間13分20秒 12位(6位)

 

そして、10月の出雲駅伝のメンバーです。

1区と2区の出遅れが響いて、残念ながら12位に終わってしまいました。

【2018 出雲駅伝】

区間 名前 学年 記録 区間順位(総合)
1区 坂東 悠汰 3年 24分14秒 15位(15位)
2区 岡原 仁志 3年 17分08秒 11位(12位)
3区 大畑 和真 3年 25分35秒 5位(9位)
4区 土井 大輔 3年 18分21秒 7位(9位)
5区 坪井 慧 3年 19分00秒 4位(7位)
6区 増田 蒼馬 3年 31分56秒 15位(12位)

 

11月の全日本大学駅伝では、7位まで順位を上げてきました。

箱根駅伝に向けて、チームの調子が上がってきているみたいですね。

【2018 全日本大学駅伝】

区間 名前 学年 記録 区間順位(総合)
1区 青木 涼馬 3年 27分34秒 5位(5位)
2区 鎌田 航生 1年 33分19秒 15位(11位)
3区 佐藤 敏也 3年 35分02秒 8位(11位)
4区 岡原 仁志 3年 35分02秒 5位(9位)
5区 狩野 琢巳 4年 37分12秒 10位(9位)
6区 坂東 悠汰 4年 38分07秒 6位(6位)
7区 土井 大輔 4年 54分13秒 15位(8位)
8区 大畑 和真 4年 59分52秒 9位(7位)

 

どうやら、全日本大学駅伝のメンバーが、ベストメンバーに近い布陣のようです。

出場していない中心選手もいますが、

ほぼ、このメンバーが中心になって箱根駅伝に挑むことになるでしょう。

このメンバーは、今年の箱根駅伝を経験している選手が多く残っているので、これは法政大学にとって有利だと思います。

コースの特徴や、大会の雰囲気を体感していると、緊張なども少ないでしょうから、2019年箱根駅伝の法政大学は、ひょっとしたら優勝争いに食い込んでくるかもしれません!

期待したいところですね!

法政大学箱根駅伝の2019年の監督は?

出典:http://www.hosei.ac.jp/koho/taiikukai/023/NEWS/15101902.html

 

法政大学を率いる監督は、

坪田 智夫監督

です。

出典:https://life2.0guide.jp/think/2017/08/02/34/

 

坪田 智夫監督自身も、法政大学で陸上をしていました。

箱根駅伝にも3度出場していて、4年生の時にはエース区間の2区で区間賞を取り、名前を残しています。

自分でも、箱根駅伝を経験しているのは、選手にとっても心強いでしょうね。

社会人時代は、コニカミノルタに在籍して、2003年世界陸上パリで10000mの日本代表で出場しています。

箱根はもちろん、世界を知っている監督です。

2013年に法政大学の駅伝部監督に就任しました。

法政大学がここ数年、躍進しているということは、長期的に強化に取り組んできた証拠だと思います。

箱根駅伝に出るような強豪校なら、「すぐ結果を出さなければ」というプレッシャーもあったでしょうが、世界も知っている程の方なので、プレッシャーや修羅場には強い監督なんでしょうね。

まだ41歳と、若い監督です。

元・陸上選手の奥さんと、2歳のお子さんがいるようで、家族が頑張る励みになっているんでしょうね!

法政大学箱根駅伝の2019年のイケメンや注目選手を調査!

出典:http://www.hosei.ac.jp/koho/taiikukai/023/NEWS/17070506.html

 

2019年箱根駅伝での、法政大学の注目選手やイケメン選手を見てみましょう。

まずは、

青木 涼馬選手

です。

出典:https://ailbainpro.com/sports/post-3076

 

キリッとしたイケメンですね!

埼玉県の春日部高校から法政大学・理工学部に入りました。

今年の箱根駅伝では、山登りの5区を担当。

結果はなんと、9人抜きで区間新記録を叩き出しました!

青木 涼馬選手は、とても謙虚な性格のようで、こんなツイートをしています。

2019年の箱根駅伝でも、おそらく5区を走ると思われます。

今回も快走を見せれば、誰もが認める「新・山の神」の誕生になるでしょう!

今回も、好記録に期待ですね!

 

そしてもう一人、注目選手と言えるのが、

坂東 悠汰選手

です。

出典:https://twitter.com/hashtag/%E5%9D%82%E6%9D%B1%E6%82%A0%E6%B1%B0

 

身長なんと、190cm!

きっと集団で走っているのをテレビで見ていても、すぐ分かると思います(笑)。

兵庫県の津名高校から、法政大学・スポーツ健康学部へ進んでいます。

今年の箱根駅伝では、2区で区間14位と、青木 涼馬選手とは対照的に悔しい結果になってしまいました。

どうやら、ケガの影響があって本来の力が出せなかったようです。

2019年の箱根駅伝では、期するものがあるでしょうね。

出雲駅伝では振るわず、全日本大学駅伝には出場しませんでしたが、坪田監督が「間違いなくチームのエース」と信頼する選手です。

きっと、箱根駅伝に向けて、調子を整えているでしょう。

法政大学は、青木 涼馬選手と坂東 悠汰選手、両エース2人が本来の実力を出せれば、6位以上も十分狙えると思います。

 

いかがでしたか?

法政大学のメンバーや監督、注目選手などを調査してみました。

2年連続シード権を獲得して躍進している法政大学。

2019年の箱根駅伝では、さらに上位に食い込んで「法政旋風」を巻き起こすかもしれません。

ネイビーとオレンジのユニフォーム・法政大学に期待して観戦しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください