【お知らせ】2019年春の高校野球の関連記事!準備中です!

湊谷春紀の進路はどこ?中学高校や彼女と兄弟や家族も調査!

出典:https://www.75th.tokai.ac.jp/hakone/team/interview03_minatoya.html

今年も残すところあとわずか!

お正月といえば箱根駅伝がありますよね。

今回は、第95回箱根駅伝に出場する東海大学の湊谷春紀選手に注目してみました!

湊谷春紀選手の進路先、出身校や経歴、また家族や彼女について
調査したので気になる方は是非ご覧ください!

湊谷春紀の進路はどこ?

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/rikujo/2018/05/08/___split_9/

 

湊谷春紀選手は、現在東海大学の4年生です。

4年生となると、やはり卒業後の進路先が気になりますよね。

調べたところ、湊谷選手はDeNAが運用する「横浜DeNAランニングクラブ」に所属するとのことです。

これは、10月ごろ報知新聞に掲載されていた情報です。

時期的に不確定な事も考えられますが、これが現状の最有力候補の実業団になります。

「横浜DeNAランニングクラブ」は、2013年3月末に廃部したエスビー食品を受け入れるかたちで創部しました。

その後、全日本実業団対抗駅伝で4年連続入賞という好成績をおさめていますが、
今年の10月に不況の影響で駅伝から撤退し、マラソンなどの個人種目に強化する方針を発表しました。

個人種目に力を入れるとなると、湊谷選手がこれからどういう練習をしていくのかが大きく関わってきますね。

卒業後も、実業団で輝く選手になってほしいと願うばかりです。

スポンサードリンク

湊谷春紀の小学校・中学・高校時代は?

出典:https://sabotena.com/post-424/

 

次に、湊谷選手の出身校について調べてみました。

湊谷選手の出身小学校は、大仙市立神宮寺小学校というところです。

小学校時代は、まだ陸上を始めていなかったようです。

そして、大仙市立平和中学校へと進学します。

この中学校には陸上部がなく、中学時代は野球部に所属していました。

巨人の高橋由伸選手に憧れて野球を始めたそうです。

この野球部の練習がとてもキツく、先生の機嫌によって左右され、
練習で失敗すると馬のように走らされたんだとか。

そしてある日、助っ人として参加した陸上大会で好走したことで、
秋田工業から勧誘を受け、秋田県立秋田工業高校へ進学します。

この秋田工業は陸上が盛んな高校で、全国高校駅伝の常連校でもあります。

たった1度の陸上の好走からスカウトを受けるって、相当才能や素質があったんでしょうね。

陸上は、努力をした分結果がついてくることが面白く陸上にハマったそうです。

野球部はキツいだけで練習の成果を得ることが出来なかったので、陸上へ転身したのは良かったと思います。

高1、高2の時には全国高校駅伝に出場し、高3の時には国体の男子A5000mで3位になるという大活躍ぶり。

高校から陸上を始めたにも関わらず、湊谷選手は最終的に主将をつとめることになります。

自分の才能って、いつどこで開花するか本当に分かりませんよね。
中学時代のあの陸上の大会がなければ、またスカウトを受けなければ、湊谷選手はここにいないわけです。

スポンサードリンク

湊谷春紀のプロフィール!

ここで、湊選手のプロフィールと経歴を振り返ってみましょう!

https://twitter.com/TokaiLong/status/675980090610728960

 

湊谷春紀(みなとやはるき)
生年月日:1996年4月25日(22歳)
出身地:秋田県大仙市
身長:171.5cm
体重:57kg
血液型:A型
東海大学 体育学部競技スポーツ学科4年

 

自己ベスト
5000m 13分53秒48
10000m 28分41秒77

湊谷春紀の経歴!

カンタンに経歴をまとめました。

高校
・2013年 全国高校駅伝 1区32位(30分33秒)

・2014年 全国高校駅伝 1区4位(29分47秒)

・2015年 都道府県駅伝 1区7位(20分15秒)

 

大学
・2015年 出雲駅伝 2区5位(16分9秒)

・2015年 全日本大学駅伝 3区3位(27分06秒)

・2016年 箱根駅伝 1区16位(1時間03分42秒)

・2016年 都道府県駅伝 3区15位(25分05秒)

・2016年 出雲駅伝 6区5位(30分36秒)

・2017年 全日本大学駅伝 5区2位(34分13秒)

・2018年 箱根駅伝 9区5位(1時間11分29秒)

・2018年 全日本大学駅伝 7区9位(53分45秒)

・2018年 関東インカレハーフ 7位(1時間05分09秒)

数々の3大駅伝で活躍する湊谷選手。
1年生から箱根駅伝に出場するなど、自身の力を存分に発揮してきましたが、2年生の秋から長い期間怪我に苦しむ毎日を送ることになります。

リハビリに使うエアロバイクも漕げないほどの良くない状態だったそうです。

走れていない期間は、同期や先輩、また後輩が活躍している姿を見て悔しかったと語っています。

湊谷選手の1つ下の代には、「黄金世代」と呼ばれる実力者たちばかりなので、
悔しさに加え、焦りもあったのかもしれないですね。

そして、長い怪我から復帰してからは、湊谷選手のコンディションもいい状態となり、
駅伝やマラソン等で数々の好走を見せます。

そして4年生になり、東海大学陸上部の主将に就任します。

湊谷選手の性格は、大人しくて真面目で、グイグイチームを引っ張っていくタイプではないが粘り強く物事に対応できる選手。

また湊谷選手が主将というポジションを経験して成長、進化してほしいという監督の期待から主将に就任されたようです。

湊谷選手本人も

「自分は、なかなか言葉でガツッと言えないぶん、走りで引っ張っていくしかないかなって思っています」

引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/rikujo/2018/05/08/___split_9/

と語っています。

言葉じゃなく走りで牽引するという発言、とてもかっこいいですね。

2019年箱根駅伝では、1人の選手、そして主将として精いっぱいの力を見せて頑張ってほしいですね!

スポンサードリンク

湊谷春紀の父親や母親と兄弟などの家族について!

出典:https://www.sankei.com/sports/photos/180103/spo1801030019-p3.html

 

次に、湊谷選手の両親や兄弟などの家族について調査してみました。

しかし、調べても家族に関する情報を見つけることは出来ませんでした

湊谷選手は、ツイッターやインスタグラムまどのSNSをやっていないので、
プライベートな面は謎ですね。

ということで、ここは私なりに予想をしてみようと思います!

湊谷選手は秋田県出身なので、ご両親はまだ秋田に住んでいると思います。

そして陸上を始めたのが高校生からという遅めのスタートなので、恐らくご両親は
陸上の経験者ということではなさそうですね。

また、秋田工業からのスカウトを受け、陸上をすると決めたのは湊谷選手本人ですが、
両親の後押しは少なからずあったと思います。

息子が高校生になって陸上を始め、栄養面や生活面などのサポートはかなり大変だったのではないでしょうか。

それでも息子を信じ支えてきたから、今の湊谷選手がいるわけですね!

そして、兄弟についてですが、個人的には長男なんじゃないかな?と思っています。

理由としては、しっかりしているから!の一言に尽きます(笑)

このインタビューを見て分かりますが、話し方が落ち着いていてしっかりしているんですよね。

 

なので湊谷選手は長男で、弟か妹がいるのではないかなー。と勝手に妄想しています。。。

湊谷春紀の彼女は?

最後に、湊谷選手の気になる彼女についてですが、
SNSをやっていないため、彼女に関する情報も見つけることが出来ませんでした

恐らくですが、湊谷選手に彼女はいないのではないかと思います。

東海大学陸上部を引っ張る「主将」というポジションですし、
彼の真面目な性格から、彼女を作るよりも陸上のことだけを考えたいという気持ちしかないんじゃないでしょうか。

2年生の時、怪我で大会に出られなかった分「今度こそはチームを助けることができる存在になりたい。」と本人も語っています。

最後の箱根駅伝にかける思いは強いと思うので、最後まで陸上一本で突き進んでほしいですね!

しかし、大人しい性格と甘いマスクから、女性からの人気は高いみたいですよ!

 

真っすぐひたむきに走る姿と、普段は少し大人しい所のギャップが良いですね!

箱根駅伝が終わると、4年間の陸上生活、大学生活も落ち着くと思うので、
これからステキな彼女が出来るかもしれないですね♪

 

 

いかがだったでしょうか。

まだ箱根で優勝経験のない東海大ですが、
主将である湊谷選手がチームを引っ張り、初優勝へと導けるのでしょうか!?

湊谷選手も有終の美を是非飾ってほしいですね!

今からとても楽しみです^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください