北海高校野球部2018年メンバーや監督は?出身中学とOBの進路も調査!

ごきげんよう。ザコバダンキチです。

今年も高校野球選手権大会が始まろうとしています。

今年はなんと100回目となり、更に熱い試合が予想されていることでしょう!

はるか北の大地では南大会を四連覇している北海高校に注目が集まっています。

今回はその北海高校野球部2018年メンバー監督メンバーの出身中学OBの進路も調査してみました。

 

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

北海高校野球部2018年メンバーや出身中学を調査!

控え位置氏名学年投打身長体重出身地出身中学校前所属
投手井平光紀右右17775北海道北斗市上磯中函館東シニア
捕手太田良平大阪阪南市貝掛中
内野林虎太朗北海道札幌市啓明中札幌西シニア
内野藤原稜大阪泉大津市誠風中忠岡ボーイズ
内野鈴木聖矢右左16756北海道札幌市清田中北広島シニア
内野辻本林太郎北海道札幌市日章中札幌南シニア
外野久原啓太北海道札幌市元町中札幌手稲ボーイズ
外野渡辺颯斗北海道札幌市柏丘中札幌北シニア
外野小原竜一大阪泉佐野市佐野中
控え投手伊藤源右左17778北海道音更町下音更中中学軟式
控え大窪士夢北海道岩見沢市緑中岩見沢シニア
控え金田光生北海道札幌市新川西中札幌手稲ボーイズ
控え岩田永遠北海道北斗市上磯中北海道選抜(軟式)
控え三浦啓太北海道札幌市清田中札幌豊平ボーイズ
控え岸耕太郎大阪阪南市鳥取中
控え中川祐樹北海道札幌市札苗中札幌白石シニア
控え山崎祐輝大阪和泉市信太中南大阪BBC
控え三間陽樹北海道余市町余市東中余市シニア
内野林祐樹恵庭リトルシニア

表を見てわかることは、道内だけでなく大阪から5人も集まっていることです

注目選手とされている井平光紀選手は北斗市大磯中、控えの岩田永遠選手も同中学ですね。

一つに固まることはなく、各方面の強力な選手が集まっているのでしょう。

 

スポンサードリンク


 

北海高校野球部2018年の監督は誰?

 

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/

北海高校野球部2018の野球部の監督は平川敦(ひらかわあつし)監督です。

他の高校の威勢のいい監督と違い、落ち着いていて淡々とした人みたいですよ。

 

平川監督は北海高校野球部のOBで、北海学園大学進学後にコーチを務めました。

元々の守備は投手だったようで、1989年の夏に北海高校野球部より甲子園に進出しています。

北海学園大学卒業後、3年間、北海道内の百貨店に勤務し、98年若干28歳で北海高校野球部の監督に就任したそうです。

 

 

そして翌年に早速同高を甲子園に導くという快挙を果たします

29歳にて甲子園出場校の監督になるなんて、普通に考えたら凄いですよね。

 

持論は守備だ、という監督で、派手さばかりではなく地道なことを大事にしてこそ結果が出ると評しています。

「我慢」、「辛抱」が口癖でしっかり練習をして、しっかりと守備をして、勝ち進むタイプの方みたいです。

個性という面ではあまり強いものを持っていませんが、いぶし銀の渋さがある職人気質の監督というイメージですね。

 

持ち味の我慢、辛抱で今回の甲子園を勝ち進むことが出来るか楽しみです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください