井上広輝の兄は井上大成!出身中学と球速や球種と家族もチェック!

今年、新2年生となる日大三高の井上広輝選手は、侍ジャパンU18日本代表としてワールドカップを戦った、あの井上大成選手のです。

 

そんな偉大な兄に負けず劣らず、大きな才能を秘めた弟の井上広輝選手に今、注目が集まっています。

 

昨年は弱冠1年生ながら、夏の甲子園にベンチ入りし、入学早々、チームからも主力として期待されている井上選手について、プロフィールはもちろんのこと、球種球速お兄さんの井上大成選手ご家族についても調査してみました!

 

日大三高について詳しくはこちら⬇

日大三高野球部2018のメンバーや監督は?進路や寮と練習もチェック!

 

スポンサードリンク

 

井上広輝のプロフィールや出身中学は?

 


出典:野球ブログ

 

日大三高の新2年生、井上広輝選手は、神奈川県厚木市の市立南毛利中学校を卒業しています。

 

小学校ではソフトボールチームに所属し、世界選手権にも出場した経歴を持っています。

 

中学校では、2016年に発足したばかりの海老名南リトルシニアというチームで投手として活躍。

 

南関東選抜にも選出された実力の持ち主です。

 

この時の監督が、日大三高出身の中込監督で、日本代表監督も務めたことのあるほどの実力者。

 

そんな監督の影響もあって日大三高への進学決めたのかもしれませんね。

 

身長は180cm、体重76kgと恵まれた体格の井上選手は、1年生ながら、夏の甲子園大会では早くも背番号20番でベンチ入りし、秋季大会では背番号11番でリリーフとして登板、東京大会での優勝および甲子園への切符の獲得に貢献しました。

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

井上広輝の球速や球種と評価を調査!

 

右腕の井上選手が得意とする球種は、何と言っても最速145キロの直球です。

 

リリーフ時でも常時130キロ台後半から140キロ前後で放つ直球が本格的です。

 

無駄のない美しいフォームから繰り出される最速ストレートは1年生とは思えない迫力に満ちています。

 

豊富な球種を持ち、縦横のスライダーは120キロ台で、タイミングを外すチェンジアップは110キロ台その他、シンカーも操るとのこと。

 

特にシンカーには空振りを取れる切れ味があると評判のようです。

 

シンカーは、高校に入ってから投げ始めたものですが、すでに自身のトレードマークである変化球の一つとして習得しているところは、さすがと言えますね。

 

持ち味であるストレートの速球に甘んじることなく、様々な変化球を組み合わせた配球で、敵を翻弄しつつ勝機を引き寄せていく力は、才能と努力との2本柱で鍛錬した賜物といえるでしょう。

 

まだ不安定な要素は残るものの、これから2年生になる井上選手ですから、まだまだ伸び代が大きく、これからもっと強く化けていくことが期待されますね!

 

スポンサードリンク

 

井上広輝の兄は井上大成!家族もチェック!

 

井上広輝選手の兄、井上大成選手は今年高校を卒業する、言わずと知れたU-18ワールドカップ出場選手です。

 


出典:タウンニュース

 

身長180cm、体重80kgと兄弟揃って野球をするために生まれたような素晴らしい体格を持っていますね!

 

高校は広輝選手の先輩でもある日大三高

 

U-18ワールドカップでのメキシコ戦では、チーム1号の3ランを放つなど、パンチ力のある打者として注目されています。

 

弟の広輝選手同様、1年生の頃から、あの日大三高でベンチ入りを果たします。

 

大きな身体を持ちながら、俊足にも恵まれており、2年の秋からは本格的にレギュラーメンバーに選抜されました。

 

今春からは青山学院大の野球部に入部。大学でより力をつけて、4年後のプロ入りを目指します。

 

4年後といえば、弟の広輝選手も高校は卒業しているでしょうし、もしかしたら弟が先にドラフトでプロ入りなんてこともありえるかもしれませんね。

 

兄の大成選手と一緒にU-18で戦ったメンバーにはあの清宮選手も居ますし、人材の豊富な年代といえます。

 

4年後のプロのマウンドで兄弟対決や同期対決が見られたらと思うと、今から楽しみで仕方ありません。

 

そんな井上兄弟を育てたご両親は、きっと野球が大好きであることには間違いありませんが、小学校からチームに所属するとなると、土日はほぼ応援やチームの練習の応援など、兄弟のソフトボールや野球が家族行事になっている状態だったと推察されます。

 

そして二人とも大きな体格を持っていますから、きっと食事の量も相当なものだったでしょう。

 

お母様はきっとたくさんの食事の支度や、日々の練習の付き添いやお世話で大変だったと思います。

 

それでも、ここまで広輝選手と大成選手が立派な選手に育ったのは、ご両親の熱心なサポートがあったおかげでしょう。

 

今後、広輝選手は日大三高で本格的に、大成選手は青山学院大という新天地で、さらなる活躍を期待したいですね!

 

日大三高について詳しくはこちら⬇

日大三高野球部2018のメンバーや監督は?進路や寮と練習もチェック!

 

スポンサードリンク

 

最新情報をチェックしよう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク