盛岡大付属野球部2017年メンバーや監督は?植田や寮費にも注目!

2017年夏の甲子園、
盛岡大付属の初戦の相手は夏の大会
2連覇を狙う栃木代表・作新学院でした。

 

昨年の王者を相手に、見事な集中打で
初戦を突破した盛岡大付属。

 

今回は、そんな盛岡大付属野球部に
ついてご紹介します。

 

 

関連記事もごらんください〜!

[kanren id=”19454″]

 

スポンサードリンク

 

盛岡大付属高校野球部メンバーや出身中学は?

出典:朝日新聞デジタル

 

2017年の盛岡大付属野球部のメンバーは、
神奈川県出身の選手が目立ちます。

 

エースの平松竜也投手、
控えの三浦瑞樹選手、臼井春貴選手、
須藤楓選手、松本跳馬選手は
出身中学は違うものの、全員が神奈川県の
横浜瀬谷ボーイズでプレーしていました。

 

神奈川県内にも強豪校が数多くある中で
遠く離れた盛岡大付属までやって来た
という事は、それほどの魅力が
このチームにはあるのでしょう。

 

メンバーの中で、地元・岩手出身の選手は
4名おり、その中で3人が
レギュラーを勝ち取っています。

 

捕手の松田夏生選手は久慈市久慈中、
三塁手の大里昂生選手は滝沢氏滝沢中、
右翼手の三浦奨選手は大和市引地台中、
控えの大宮海星選手は洋野町宿戸中
の出身です。

 

県外からの選手が多い中、
地元選手も頑張っています。

 

関連記事もごらんください〜!

[kanren id=”19454″]

 

スポンサードリンク

 

盛岡大付属高校野球部の関口監督の経歴や寮費を調査!

 

盛岡大付属を率いるのは、自身も同校野球部
のOBである関口清治監督です。

 

高校時代には、捕手として活躍し
3年生の時に、盛岡大付属初の
夏の甲子園出場を果たします。
ちなみに、その時バッテリーを
組んでいたのが、
元福岡ダイエーホークスの
小石澤浄孝投手です。

 

高校卒業後は、東北福祉大学に進学。
捕手としてプレーしていましたが、
肘を故障してしまい、その事がきっかけで
指導者を志します。

 

盛岡大付属では、コーチ・部長を経て、
2008年秋に監督に就任。
2010年の春に、監督として初の
甲子園出場を果たしました。

 

2012年夏には、現在、
日ハムで活躍する大谷翔平投手のいた
花巻東を下して甲子園出場。

 

監督として、着実に結果を出してきています。

 

盛岡大付属は、県外選手が多いため、
寮生活を送る選手がほとんどです。

 

入学したばかりの1年生は全員「清翔寮」に
入寮し、上級生になると学校敷地内の
学生会館に転居します。

 

学生会館は地上10階建ての個室型の寮です。
寮としては、かなり綺麗な印象で、
シーズンによって異なりますが、食費なども
込みで月に5万円程度の寮費がかかります。

 

野球選手にとって、寝食は重要ですので、
とても良い環境だと思います。

関連記事もごらんください〜!

[kanren id=”19454″]

 

スポンサードリンク

 

盛岡大付属高校野球部の植田投手や平松選手に注目!

 

盛岡大付属の注目選手をご紹介します。

まずは、中堅手の平松選手です。

 

小柄ながら、鍛えられた体格をした
俊足の選手。
2年生の頃からレギュラーとして
活躍しており、2016年の夏には
最速154km/hを誇る創志学園の
高田萌生投手からホームランを打ち、
甲子園を沸かせました。

 

強打の盛岡大付属の主軸を担う
プロ注目の選手です。

 

続いては、エースの平松竜也投手。
最速145km/hを誇る速球派右腕で、
自慢のストレートの他に、
スライダー・フォーク・チェンジアップ・
カーブと変化球も多彩です。

 

県大会では、準決勝と決勝で
2桁奪三振を記録。

 

甲子園の初戦でも、作新学院を
2安打1失点に抑える好投を見せました。

 

春に痛めていた肩の状態が心配ですが、
三浦瑞樹投手を始めとする、控え投手も
豊富な盛岡大付属。

 

投打ともにプロ注目の選手が揃っています。

 

今年で夏の甲子園に10回目の出場となる
盛岡大付属ですが、これまで3回戦の壁に
阻まれてきました。

 

しかし、今年の盛岡大付属は
これまでにないほどの強力打線に
仕上げてきました。

 

岩手県大会では、6試合中4試合で
コールド勝ち。
決勝戦も9-0と快勝し、
危なげなく勝ち上がってきました。

 

控え選手でも十分に主軸が打てるという
盛岡大付属。
次の試合も甲子園を大いに盛り上げて
欲しいです。

 

関連記事もごらんください〜!

[kanren id=”19454″]
最新情報をチェックしよう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク