花咲徳栄野球部2017年メンバーや出身県や寮は?岩井隆監督や西川も!

皆さんこんにちは!

エンタメガ天ライターの@soraです。

 

生涯スポーツとしてもできるテニスですが、

これ以上気温が上がったら、

外で運動さえも厳しそう。

 

そんなことを考える、

大学生最後の夏です。

 

こんな中野球する高校生って、

凄いですね。笑

 

甲子園は3回戦。

奈良代表の天理高校

香川代表の三本松高校

大分の明豊高校と西東京東海大管生高校が、

それぞれベスト8に進出しました!

 

残り4校は、

どこが勝ち残ってくるのでしょうか?

 

注目は、

群馬の前橋育英と埼玉の花咲徳栄の、

北関東対決があります。

 

今回は花咲徳栄高校野球部の、

2017年のメンバーの出身県、

寮について、

西川選手や岩井監督についても、

調べてみました。

 

花咲徳栄野球部2017年のメンバー紹介!出身県はどこ?

出典:http://blog.livedoor.jp/yips_blog2/archives/518329…

 

花咲徳栄ナインの出身中学は、

1番 清水達也  3年生 深谷市藤沢中

2番 須永光   3年生 加須市東中

3番 野村佑希  2年生 伊勢崎市境西中

4番 千丸剛   3年生 町田市真光寺中

5番 高井悠太郎 3年生 所沢市山口中

6番 岩瀬誠良  3年生 千葉市高浜中

7番 西川愛也  3年生 堺市金岡南中

8番 太刀岡蓮  3年生 加須市北川辺中

9番 小川恩   3年生 吹田市第二中

と県外出身者が多いです。

 

ナインではさいたま出身者は4人、

西川選手と小川選手が大阪で、

群馬、

東京、

千葉と関東圏が多いですね。

 

今まで見てきた高校でも、

特に県外出身者が多い気がします。

 

積極的な県外選手の受け入れ。

 

夏の甲子園3年連続出場の所以が、

ここにあるような気がします。

 

スポンサードリンク

 

花咲徳栄野球部の寮はどんなところ?

野球部の寮はグラウンドの隣にあり、

遠方の選手はもちろん、

市内の選手にとってもありがたいですね。

 

共同生活も、

他校と比べて厳しいということはなく、

野球以外では、

先輩後輩仲良く余暇を楽しんでいるとか。

 

日常生活で不備はなさそうですが、

先月、

西川愛也選手のユニフォームが、

紛失していたようです。

 

プロ注目のイケメンスラッガーとはいえ、

高校生のユニフォームに、

手を出してしまう人がいるんですね。

 

施錠など安全対策に、

やや難があったようですね。

 

選手たちが不安で不調になりかねないので、

しっかりと対策を取ってほしいものです。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

花咲徳栄野球部の西川愛也選手や岩井隆監督をチェック!

やはり、

花咲徳栄野球部2017年の注目選手は、

西川愛也選手です。

 

上記の通り、

ユニフォームを欲しい人がいるくらいです。

 

紛失翌日の試合では、

急造ユニフォームながら、

ランニング本塁打を打つ大活躍!

 

スター性がありますよね。

 

大阪府堺市金岡南中出身。

 

所属していた浜寺ボーイズは、

プロ選手も輩出している強豪です。

 

小学校6年生時には、

オリックスJrにも選ばれるなど、

早くから頭角を現していました。

 

身長180cm、

体重78kgと、

外野手にしてはかなりがっちりした体格。

 

昨年の甲子園大会では、

2年生ながら4番を務め、

右大胸筋破裂の大ケガを乗り越え今では、

打率.500 4本塁打 18打点 1三振 四死球6 盗塁2

と好成績を記録しています。

 

各球団の熱視線を集め、

スカウトからは、

バッティングの長所が、

ソフトバンクホークスの、

内川聖一選手に似ていることから、

左の内川と評されています。

 

外野手なので、

スローイングにケガの影響がないか、

ドラフトに向けてはそこが心配です。

 

花咲徳栄高校野球部を指揮するのは、

岩井隆氏。

 

1970年生まれ47歳。

 

高校時代は神奈川の強豪、

桐光学園野球部

 

卒業後は東北福祉大学に進学します。

 

大学卒業後に花咲徳栄野球部へ、

コーチとして招聘されます。

 

というのも前監督の稲垣人司氏は、

岩井監督の高校時代の恩師ということで、

お呼びがかかったのかもしれませんね。

 

その後9年間、

稲垣監督の下でコーチとして、

生徒たちを指導しました。

 

そして2001年、

稲垣前監督が急逝の際に

監督を引き継いだ形です。

 

就任わずか1年目で、

甲子園初出場を果たすことから、

稲垣監督は最後まで名采配。

 

岩井監督も恩師の期待に応えました。

 

その後、

2003年には埼玉県の強豪校と呼ばれるよう!

 

春の選抜でベスト8、

2015年夏の選手権でも、

同じくベスト8に選ばれています!

 

恩師から受け継いだチームを、

強豪の名を背負って、

西川選手初め将来性豊かな選手と、

甲子園優勝を目指してもらいたいですね!

 

花咲徳栄高校野球部の、

甲子園での健闘を祈ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください