高校野球記事大量作成中!メンバー表を右にスライドすると更に詳しく見れます!

明豊のチアガールがかわいい!2017年チア部やチアリーダーをチェック!

皆さんこんにちは!

 

最近、

チョコミントアイスが欲しくてたまらない、

エンタメガ天ライターの@soraです。

 

暑さと疲れを癒すため、

冷たいものが欠かせない季節。

皆さんのお気に入りは何ですか?

 

甲子園もいよいよ、

3回戦が終わろうとしています。

 

岩手の盛岡大付

埼玉の花咲徳栄が、

準々決勝にコマを進めています。

 

毎回、

注目校のメンバーなどを紹介していますが、

今回は1味違います。

 

1足先に準々決勝進出を決めた、

大分代表明豊高校

 

18日に行われた、

鹿児島の神村学園との接戦を、

見事に制しました。

 

そんな明豊高校のチアガールが、

とてもかわいいと評判のようです。

 

僕の高校は、

チアリーディング部がなかったので、

あるところは羨ましいです。

 

強いところって大抵ありますよね。

 

明豊高校のチアガールが可愛い件について、

チア部や、

チアリーダーについても調べてみました。

 

明豊高校のチアガールがかわいい!

 

高校野球と言えば、

選手たちの熱い戦いはもちろんですが、

各高校の趣向を凝らした応援も、

見どころの一つではないでしょうか?

 

特にチアリーディングは、

花形ですね。

 

そんな中で、

明豊のチアガールがかわいいと評判です。

 

ご覧の通り、

全員がかわいいですね!

 

1人2人かわいい人がいるなら、

聞いたことがありますが、

全員がこのレベルってすごいと思います。

 

これなら、

選手たちのモチベーションも上がりますね!

 

ネットで騒がれているのはもちろんですが、

大分大会の中継でも、

明豊のチアが映る回数が多かったそうです。

 

NHK大分スタッフの鈴木アナは、

「準決勝からチアが登場したことにより選手の励みになる」

と言っていたそうです。

 

スポーツにおいて、

応援の力はとても重要。

 

特にかわいい子からの黄色い声援は、

男子にとっては何よりの活力剤です。笑

 

上述した試合では、

大分舞鶴に10点差で圧勝!

 

チアの応援のすごさを感じざるを得ません。

 

甲子園が始まってからの、

接戦を制することができたのも、

チア初め応援の精神的支えが大きいと思います。

 

スポンサードリンク

 

明豊高校2017年のチア部紹介!チアリーダーはどんな子?

 

チア部の発端は2011年のこと。

 

夏の甲子園出場が決まった直後に、

当時2年生の大塚蒼依さんらが、

「チアリーディングで応援したい」

と校長に直訴したそうです。

 

それを受けて、

8月初めに2年生7人でチームが結成されました。

 

踊りはネットの動画サイトなどを参考に、

自分たちで考えるなど熱意が伝わってきます。

 

積極的な行動力と熱意が校長を、

学校を動かした。

 

青春のサクセスストーリーですね!

 

こういうことが現実で起こっていると、

何だかワクワクします。

 

全ての部活動には、

始まりがありますが、

こういった人たちが、

いつの時代もいるんですね。

 

正式にチアリーディング部として、

始動したのは2015年。

 

その時の部員はダンス経験者で3年生の、

吉田有沙さんと貴嶋萌花さんを中心とした、

9人でした。

 

チア経験はなかったので、

振付などはネットの動画や、

学外の指導者からアドバイスをもらい、

この2人のチアリーダーが中心となって、

考えたそうです。

 

大塚さんが起こした行動が、

ここで実を結び、

いま、

多くの人から注目されるようになっています。

 

かわいいというのはもちろんありますが、

注目されるには、

それなりに振付や応援が、

素晴らしかったのでしょう。

 

そうじゃないと、

カメラにも、

あまり抜かれないような気がします。

 

2017年のメンバーは、

顔で選ばれてるんじゃないかと思うくらい、

美人揃いです。

 

 

カメラマンも人間なので、

偏ってしまうんですかね?笑

 

確かにかわいいです!

 

部長さんは、

さとうななさんという名前らしいです。

 

僕個人的には、

4枚目の写真の子が、

1番かわいいと思います!

 

誰がチアリーダーでも、

遜色ないですね。

 

結成当初は、

青が主体のユニフォームだったようですが、

今の白に青のスカートも、

清純で爽やかなイメージでいいですね!

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

明豊のチアリーディング部について、

紹介してきましたが、

やはり夏の風物詩の一つとして、

チアガールは外せないですね。

 

選手も応援も気持ちは一つ、

彼女たちにとっても、

甲子園は決戦の舞台です。

 

準々決勝でも、

明豊のかわいいチアガールに、

注目したいですね。

 

明豊高校野球部の健闘を祈ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください