耳をすませばのその後の続編が気になる!幸せな時間とは?

「千と千尋の神隠し」に続いて、

金曜ロードショーで「耳をすませば」が放送されます。

 

友情・恋愛・夢など、

誰もが憧れる様な青春を描いた素晴らしい作品です。

 

何度でも見たくなります。

 

「カントリーロード」は音楽の授業でも歌いました。

 

日本語歌詞はもちろん英語でも、

誰もが来たことがある名曲ですね。

 

そんな耳をすませのその後、

特に雫と誠司のその後が気になりますね。

 

耳をすませばに続編はあるのか、

「耳をすませば 幸せな時間」とは、

耳をすませばのその後について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

耳をすませばの続編はあるのか?

ジブリとしての続編ならば、

「猫の恩返し」ではないでしょうか。

 

劇中で雫が書いていた小説「バロン 猫の男爵」

ベースになっているそうです。

 

バロンが店で立っているだけという設定も同じです。

ハルがムタを追いかけて迷い込むシーンは、

雫が地球屋を見つけたシーンを彷彿とさせますね。

 

猫の恩返しも名作ですね。

 

あれを見て猫が好きになったような気がします。

 

つじあやのさんの「風になる」も大好きです。


出典:https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/p/p/71/bd/114945_01.jpg

 

 

スポンサードリンク

 

では、物語的にはどうなのでしょうか。

 

実は耳をすませばには原作があることをご存知でしょうか。

 

それが柊あおいさんの「耳をすませば 幸せな時間」です。

 

ここにアニメの続編の答えがあるのでしょうか。

 

しかし、残念ながら原作にも続編というよりは、

アニメの後日談があるだけのようです。

 

近藤義文監督もジブリも、

正式な回答はないようです。

 

近藤さんは既に他界されているようで、

心中を聴くことも叶いません。

 

見た人の想像におまかせということですね。

 

スポンサードリンク

 

「耳をすませば 幸せな時間」とは?

耳をすませばの原作として、

「耳をすませば 幸せな時間」には小説と漫画があります。

 

 

大まかな内容は皆さんが知る通りですが、

テーマが違います。

 

原作のテーマは「恋愛」、

アニメは「若者が夢を追いかける」です。

 

なんと原作での誠司の夢は画家になることだそうです。

 

アニメオリジナル設定を加えたのですね。

 

画家でもよかったのではないでしょうか。笑

 

ヴァイオリン職人というとあまりピンときませんね。

 

馴染みのない夢だからこそ追いかけたくなるものなのでしょうか。

 

「夢」を強調するためにあえて変えたのですね。

 

音楽関係の夢にすることで、

「カントリーロード」を通じて、

自然に雫と誠司が繋がったと思います。

 

もちろん、おじいさんやバロンともです。

 

スポンサードリンク

 

耳をすませばのその後が気になる!

アニメでは夢が大きなテーマということで、

雫と誠司の夢の行方が気になりますね。

 

雫はご存知の通り小説家になりましたね。

 

「猫の恩返し」が物語っています。

 

そして、誠司は無事にヴァイオリン職人になれたのでしょうか。

 

ラストシーンは誰もが胸キュンだったと思います。

 

きっと彼は夢を叶えて雫に会いに、

カントリーロードを歩いてくると思います。

 


出典:
http://ghibli-tosidensetu.com/wp-content/uploads/2016/06/fd6c04e119878e75ea897ddcb6253973.jpg

 

そういえば、夕子と杉村はどうなったのでしょうか。

 

杉村を応援していました。

 

エンドロールで仲良く待ち合わせしていましたから、

きっとうまくやっているのでしょう。

 

最後に雫役「本名陽子」さんの「カントリーロード」をどうぞ。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=7CmBFTcNpbQ]
最新情報をチェックしよう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク