吉田洸二監督(山梨学院)の経歴と野球指導は?嫁や子供も調査!

山梨県の高校野球の強豪校はいくつかありますが、その中の一つが山梨学院高校です。

今回は、その山梨学院高校を率いる、吉田洸二監督に注目してみました。

吉田洸二監督の経歴野球指導法嫁や子供など家族についても調べて見ました。

ぜひご覧ください!

吉田洸二監督の経歴やプロフィール!

出典:https://mainichi.jp/koshien/graphs/20160225/hrc/00m/050/001000g/15

 

山梨学院高校は、2016年に山梨学院大付属高校から、今の校名に変更しました。

山梨学院大付属高校時代から、甲子園出場経験がある、山梨県内の野球強豪校の一つです。

その山梨学院高校を現在率いているのが、吉田洸二監督です。

吉田洸二監督のプロフィールを見てみましょう。

吉田 洸二(よしだ こうじ)

 

生年月日:1969年5月6日生

年齢:49歳

出身地長崎県

出身校;佐世保商業

出身大学;山梨学院大学

佐世保商業、山梨学院大学では外野手として活躍しました。

卒業後に高校教諭となり、母校の佐世保商業 → 平戸高校と歴任し、

2001年に長崎青峰高校(赴任当時:北松南高校)で、野球部の監督になります。

2005年、夏の甲子園に初出場を果たすと、次の2006年春のセンバツで決勝まで進みました。

しかしこのときは準優勝とはいえ、決勝では、横浜高校に0-21という大差で破れてしまいました。

この雪辱を晴らすべく、練習を重ねます。

2008年夏の甲子園に出場後、翌年の

2009年春、今村猛選手(現・広島カープ)をエースに擁して、とうとう甲子園優勝を勝ち取りました。

この時の決勝の相手は、岩手県代表の花巻東高校。

相手のエースは、現在シアトル・マリナーズの菊池雄星投手でした。

公立高校の選手たちが、未来のメジャーリーガーに打ち勝って甲子園優勝、なんて、

まさに「ジャイアント・キリング」と言ってもいいかもしれません。

 

2013年からは、山梨学院高校の監督に就任します。

すると、早速2014年に春のセンバツに出場。

夏の甲子園には、2016年から3年連続で出場しています。

吉田洸二監督が赴任してから、一気に甲子園の常連校になりました。

吉田洸二監督が「名監督」と呼ばれているのも、納得ですね!

吉田洸二監督の野球指導法は?

出典:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/25/gazo/G20140125007455310.html

 

監督を務めた高校を確実に強豪に育て上げる、吉田洸二監督ですが、

その野球指導法は、どのようなものなんでしょうか?

指導法を、2つにまとめてみました。

  1.  部員全員に目を配る
  2.  体力トレーニングを重視する

1. 『部員全員に目を配る』

強くて、部員が多いチームだと、どうしてもレギュラー組が優遇されて、それ以外の部員はおざなりにされるケースも多いようです。

でも、吉田洸二監督はそうではなく、レギュラー・控え関係なくコミュニケーションをしっかりと取るそうです。

吉田洸二監督が今までの監督生活の中で自慢できる事に、「退部者が少ない」事があります。

なんと、『1993年〜2009年の16年間で、途中退部した部員は5人もいない』そうなんです!

運動部を多少経験した事がある人なら、どれだけすごい事か、わかるんじゃないでしょうか?

吉田洸二監督は、

「どんなに野球が下手でも、役割を見つけてあげるのが監督の仕事」

だと、言っています。

普段は、レギュラーよりも控え選手たちとこまめにコミュニケーションを取る事を心がけているそうです。

これは、レギュラー組以外の選手にとっては、「監督は、ちゃんと自分の事を見てくれている」というのが分かるので、やりがいが出ますよね。

雑用やサポートの仕事でも、一生懸命取り組んで、結果的にチーム全体の結束力が高まって、強くなっているんでしょうね。

 

2. 『体力トレーニングを重視する』

部員も野球選手ですから、走ったりするより野球の練習をする方が楽しいと思います。

でも、吉田洸二監督は、体力トレーニングを重視しているそうです。

これは、体力をつけるのはもちろんですが、メンタルも鍛える目的もあるそうです。

山梨学院高校では、重さ10kgの丸太を持ってダッシュする「丸太ダッシュ」という練習があるそうです。

考えるだけで、キツそう…。

これは確かに、メンタルも鍛えられそうですね。

スポンサードリンク

 

吉田洸二監督の嫁や子供もチェック!

出典:https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/photo/AS20160809001775.html

 

吉田洸二監督の、プライベートな部分も調べてみましたよ。

奥さんや子供はいるのでしょうか?

調べてみたところ、

奥さんと3人の子供の5人家族

だそうです。

名前や写真などは見つける事ができませんでしたが、

奥さんとお子さんたちは、以前の赴任先だった長崎に住んでいるそう。

現在、吉田洸二監督は、山梨県内に単身赴任中なんだそうです。

山梨と長崎じゃ、なかなか距離も遠く寂しい事も多いんじゃないでしょうか?

山梨に家族を連れてこなかった理由は、子供の学校の事や奥さんの仕事への影響など、色々理由があったのかもしれません。

吉田洸二監督は、山梨学院の監督になってしばらく、思うような結果が出せない事があると、

「山梨なんて、来なきゃ良かった…」と、思った事もあったそうです。

そんな時は、長崎にいる家族に電話して、奥さんやお子さんたちの声を聞いて踏ん張っていたんでしょうね。

今の山梨学院の強さも、奥さんとお子さんの力によるところも大きい、と言えるかもしれませんね!

 

 

山梨学院高校の吉田洸二監督について、調べてみました。

まだ山梨県は、甲子園での優勝がありません。

吉田洸二監督は、「ぜひ自分たちの手で、山梨県初優勝を!」と狙っているのかもしれません。

今後も、吉田洸二監督率いる、山梨学院高校に注目ですね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください