山梨学院野球部の寮やグラウンドは?部員数や練習もチェック!

出典:http://xn--qckyd1c2827ate5a.net/2018dorafutokouho/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E5%AD%A6%E9%99%A2%E3%83%BB%E5%9E%A3%E8%B6%8A%E5%BB%BA%E4%BC%B8%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%A8%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E4%BD%95%E4%BD%8D%E6%8C%87/

 

こんにちは!

今年も年が明け、春のセンバツ高校野球が近づいてきています(^ ^)

高校野球ファンは、球児たちが普段どんな生活を送っているのか、気になるところですよね!

今回は、山梨学院野球部にスポットを当ててみました。

山梨学院野球部の寮やグラウンドについて調べました。

それにプラスして、部員数や練習内容なんかについても紹介しますよ!

興味ある方、どうぞご覧ください!

 

山梨学院野球部の寮やグラウンドは?

出典:https://mainichi.jp/koshien/articles/20160815/ddl/k19/050/017000c

 

山梨学院高校は、2019年春のセンバツに出場が決定しました。

春のセンバツへの出場は、5年ぶり3度目になります。

センバツでは、優勝を目標にして、吉田洸二監督以下、全員が気合が入っていると思います。

その山梨学院野球部の施設を見てみたいと思います!

 

山梨学院野球部の寮は「富士見寮」と言います。

今までの「旧・富士見寮」から、2018年6月に新しく寮をリニューアルしました。

以前と同じ3階建てですが、トレーニングルームやラウンジ、医務室や学習室など、寮内の設備が充実しているようです。

寮の中にトレーニングルームがあるなんて、プロ野球チームみたいですね!

それだけ、山梨学院全体の野球部にかける期待の大きさが伝わってきますね。

 

山梨学院野球部は、山梨県内でも有数の強豪校なので、県外から野球留学で入学してくる選手も多いそうなんです。

そういう生徒たちが、心置きなく野球に集中できる環境を作っているんですね。

 

そして寮での楽しみの一つ、といえば、そう、ご飯です!

メニューはどんなだろう?…と思って調べてみたのですが、食事内容などの詳しい情報は見つけられませんでした。

ただ、寮にいる生徒ならわかる「あるあるネタ」があるみたいです。

ツイッターで見つけました。

おそらく、キャベツの千切りが達人のように早くて正確なんでしょうね!

この小林さんという方、きっと何年も山梨学院野球部の食事を作り続け、支えてきた方なんだと思います。

みんな、小林さんのキャベツの千切りの達人技を見て、「おお〜!」と声を上げながら食事を待つ…みたいな場面を想像してしまいました。

 

この「富士見寮」は、2人部屋なんだそうです。

野球の話はもちろん、高校時代ならではの将来の話や恋愛話…とかで盛り上がっているんじゃないでしょうか。

青春の1ページですね!

生徒たちにとっては、一生の宝物になるでしょうね。

 

専用グラウンドも2018年6月に改良され、新しくなりました。

外野やバックネット前などを人工芝に張り替え、内野の土も水はけが良い土に入れ替えたそうです。

写真で見ても、素晴らしいグラウンドなのが伝わりますね!

寮やグラウンドなど、こういう環境で野球に打ち込みながら、選手たちは甲子園での胴上げを目指しているんでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

山梨学院野球部の部員数やマネージャーは?

出典:https://twitter.com/ybs_ana/status/1023508965710159873

 

山梨学院野球部は、部員数が74名(2018年8月時点)だそうです。

強豪校は、部員が100人くらいいるイメージが個人的にあったので、やや少ない気がしました。

 

山梨学院野球部は、スカウトや全国各地からの野球特待生などを入れているようです。

野球部は、山梨学院高校の「強化運動部」に指定されているので、いわば「少数精鋭」のチームと言えるかもしれません。

山梨学院野球部に入れただけでも、かなり評価が高い、という事になりそうですね!

 

マネージャーもいるようです。

正確な人数などはわかりませんでしたが、野球部マネージャーを務めた方のツイッターを見つけました。

https://twitter.com/erei_watanabe/status/1026810114991218688

 

今度卒業される、3年生の方でしょうか。

女子一人だったんですね。仕事量がものすごい、とか、きっと大変な事もいっぱいあったでしょうね。

きっと部員たちもその頑張りを見ながら、「甲子園に連れていって、ベンチ入りさせてあげよう!」と、頑張ったんだと思います。

強豪校とはいえ、やはり勝負なので、時には県大会で負けてしまう時もあります。

そんな厳しい戦いの中を全員で勝ち抜いたのは、貴重な経験だったでしょうね!

 

スポンサードリンク

 

山梨学院野球部の練習もチェック!

出典:https://www.kininarublog.net/yamanashigakuinnkoukou-yakyuubu-2018-menber-yoshudakantoku-sinnyuusei-ryou-12231

 

強豪・山梨学院野球部は、普段どんな練習をしているんでしょうか?

こちらも調べてみました。

特徴的なのが、ウォーミングアップです。

なんと、練習前に1時間もやるらしいです!

 

出典:https://timely-web.jp/article/207/

 

ランニングをした後、ストレッチなどで体をほぐし、今度は腕立て、腹筋、背筋などを行うんだそうです。

ある日のウォーミングアップでは、腕立て90回、腹筋80回、背筋150回、とのこと。

まだ、ボールを握る練習の前に、これだけこなすのは凄いですね!

私なら、つい途中で手を抜いてしまいそうですが(笑)、山梨学院野球部の選手たちはそんな事はないようです。

 

というのも、吉田洸二監督は

「このアップをしっかりできなければ、どれだけ野球の力があっても公式戦では使わない」

と明言しているからです。

 

その理由を、吉田洸二監督はこのように話しています。

「誰が高い意識で取り組んでいるかは、選手同士がよくわかっているもの。「あいつはやっている」「あいつはさぼっている」と。それなのに、真面目にやっていない選手が試合で使われると……、「何で?」となりがちだ。そこから連携が乱れていくこともある。」

引用元:https://timely-web.jp/article/207/

ダッシュの時はゴールまで全力で走っているか、腕立ては最後の1回までしっかりやっているか、という所まで、しっかりと見ているんだそうです。

選手も監督がしっかり見てくれている事で、モチベーションが上がるでしょうね!

細かい部分まで手を抜かない練習が、山梨学院野球部が強豪であり続ける理由なんだと思います。

 

もちろん、一歩練習を離れれば、全員で楽しく盛り上がっているようです。

ラップが得意な生徒もいるらしく、みんなを盛り上げているみたいです!

オンとオフを切り替えて、甲子園優勝に向けて努力しているんですね!

 

 

山梨県勢は、まだ甲子園での優勝がありません。

山梨学院野球部が、山梨県初の優勝校になるのか、期待が高まりますね!

注目して見ていきたいと思います。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください