竹田浩一の年収や経歴は?出身高校や大学と学生時代もチェック!

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000023...

 

こんにちは!

今日は様々なTV番組や有名雑誌で取り上げられている話題に光目覚まし時計「inti4」の開発者。

また、ムーンムーン株式会社の社長を務められている竹田浩一さんをピックアップして紹介していきます!

竹田浩一社長の年収は一体どれくらいなのか?出身高校や大学はどこなのか?

経歴や学生時代のことも調べてみましたのでぜひごらんくださいね!

 

 

 

竹田浩一の出身高校は?

 

竹田浩一さんの出身高校はどこなのでしょうか?

調査したところ竹田浩一さんの出身高校は熊本県立熊本工業高校ということがわかりました。

熊本県立熊本工業高校は略して「熊工」と呼ばれているみたいです。

熊工は熊本市中央区にある共学の公立高校です。

工業高校とありますが設置されている学科は約10種類あり、全日制とともに定時制もある高校のようですね。

幼いころから「睡眠の悩み」を抱えていた竹田浩一さんはおそらく高校時代も不眠などの症状があって定時制のある熊工を選ばれたんじゃないかと思います。

また、熊工の特色としては「文部科学省のIT人材育成プロジェクト」の指定校となっていて現在の「inti4」などの開発や社長としての基礎的な能力も高校で培われたのかもしれません。

出身地も熊本県ですし、ムーンムーン株式会社の本社や竹田浩一さんの自宅も熊本県にあるみたいですね。

地元の熊本県で生まれ育ち進学した高校も熊本県ということ。

おそらく今まで一時的には地元の熊本を離れたこともかるかと思われますが現在も熊本で暮らしているようなので地元の熊本が大好きなのでしょうね!

 

 

スポンサードリンク

 

竹田浩一の出身大学は?

 

竹田浩一さんは熊工の高校を卒業後は九州ルーテル学院大学に進学しました。

九州ルーテル学院大についても調べてみようと思います!

調べたところ、九州ルーテル学院大も熊工と同じく熊本市中央区にある学校のようです。

私立の大学ということでどんな学科があるのかな?と思いさらに調べてみました。

主な学科としては人文学と臨床心理学科が設置されていてそこからいろいろなコースに分かれるみたいです。

どこの学科でどのコースを選ばれていたかまではわかりませんでした。

一見、現在の社長をしている仕事とは関係ないかと思われる方もいるかも知れませんが僕としては心理学や人文学など人間を知ることで様々な仕事に応用できる知恵や知識が身につくのではないかと思います。

もしかしたら、今度出演される「マツコの知らない世界」でも人間について博識な鋭い視点や面白い話が聞けるかもしれませんね!

 

 

スポンサードリンク

 

竹田浩一の学生時代や経歴をチェック!

 

ではここからは竹田浩一さんの学生時代や経歴について見ていきます!

睡眠改善インストラクターとしての一面も持つ竹田浩一さんですが睡眠に関わるようになったきっかけ幼いころから睡眠に悩まされていたことにあります。

調べたところ小学2年生のころからなかなか寝付けないという悩みを抱えていて20年以上睡眠のことで悩み、いろいろなことを試されてきたそうです。

20年以上という期間の中でいろいろな快眠グッズや食べ物、飲み物を試してきた結果、100万円以上ものお金を快眠グッズにつぎ込んだといいます。

 

また、経営については大学時代から取り組んでおり、独学で勉強してきたそうです。

そして、大学4年生のときに在学中にもかかわらず、起業を決断したました。

 

インタビュー記事によると起業したばかりの頃は

インターネットを使い、少年サッカー指導者向けのDVD製作・販売事業を行っていた。

そして、竹田青年に転機が訪れたのは28歳のときのことです。

長年悩み続けてきた睡眠障害に効果のあるという「光目覚まし時計」。

 

思い切ってアメリカから取り寄せた「光目覚まし時計」が竹田浩一さんの人生を変えることになります。

今テレビや雑誌で話題の「inti4」も竹田浩一さんのこのような苦悩から生まれた商品なんですね!

 

竹田浩一さんの現在経営されているムーンムーン株式会社も

「自分と同じ悩みを持つ人は多いはず。そんな悩みから解放するお手伝いがしたい。ビジネスチャンスはある」

という思いから思い切って立ち上げたのだとか。

僕も思い切って「inti4」を買って使ってみたいですね〜!

 

 

スポンサードリンク

 

竹田浩一の年収は?

 

では竹田浩一さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

年収については公開されているわけではありませんので独自で予想してみようと思います!

 

結論から言うと僕の予想した竹田浩一さんの年収は約3000万円〜約5000万円ほどではないかと思います。

 

年収を予想した判断材料についても紹介していきますね!

 

まず、竹田浩一さんのムーンムーン株式会社で発売した商品についてまとめていきます!

 

一番始めの商品は初代の「OKIRO(オキロー)」という商品。

そして、「inti」ですが「inti」は現在4代目の商品となっています。

さらに、3年前には横向きに寝る人向けの枕「YOKONE(ヨコネ)2」を発売。

現在は「YOKONE3」の3代目も発売されています。

 

現在のムーンムーン株式会社の社員はわずか8人だそうですが、そのうち6人が睡眠改善インストラクターの資格を持っているそうです。

 

また、 平成28年の熊本地震では本社のあったビルが被災して、住まいを失った社員もいたのだとか。

震災後には被災地の企業が作っている商品を「応援」のために購入してくれる日本全国からの復興への後押しに支えられて過去最高の売上を達成できたそうです。

ちなみにムーンムーン株式会社の物流拠点は千葉県です。

 

また、現在の快眠グッズや寝具類の世界市場は、4兆円規模と言われていて竹田浩一さんも会社の成長への意気込みをこのように語っています。

 

「社員や顧客のため、会社を大きくするのが今の自分に課せられた責務だ。日本に限らず、世界でもシェアを獲得する。将来的には年間売り上げを1千億円、いや1兆円規模にしたい」

 

また、日本の中小企業の社長さんの平均年収を調べたところ大まかに2000万円ほどなのだとか。

 

将来的には年間売り上げを1千億円と言われていますので仮に現在の売上を三分の一の300億円ほどとします。

そこから経費や人件費など様々な費用を引いてさらに三分の一とすると現在の利益額は約100億円ほどになるんじゃないかなと思います。

 

比較としてあまりいい例ではないかもしれませんがあのヤマダ電機の売上は大まかに約1兆5000億ほどですが社長の年収は約4億円ほどだといいます。

 

このような情報から大まかに予想でして竹田浩一さんの年収は約3000万円〜約5000万円ほどではないかと思いました。

 

いかがだったでしょうか?

今回はムーンムーン株式会社の社長の竹田浩一さんの年収や経歴から通っていた学校や学生時代について調べてきました。

「マツコの知らない世界」で紹介される光目覚まし時計「inti4」は僕も是非欲しいと思ってますのでチェックしてみようと思います。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください