下関国際高校野球部2017年のメンバーや監督は?岸田や浜松に注目!

 

2017年夏の高校野球・山口大会は、

昨秋と今春の県大会を制した宇部鴻城を下し、

下関国際高校が春夏通じて

初の甲子園出場を勝ち取りました。

 

今回は、まだまだ未知数である

下関国際高校野球部について

ご紹介していきます。

 

高校野球特集はこちら⬇

特集総合ページ

 

下関国際高校野球部2017年のメンバーや出身中学校は?

下関国際高校野球部は部員数45人

 

そのうち3年生のスタメンは

3人という2年生主体のチームです。

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/jobin33375/archives/378660…

 

3、4番を打つ2年生コンビをはじめ、

物怖じしない選手が多い」という

監督の言葉通り、

思い切りの良いバッティングが持ち味です。

 

出身中学校に関しては、

野球部に寮がないという事もあり、

県内出身の選手が多いのではないでしょうか。

 

下関国際高校野球部の坂原秀尚監督を調査!

 

初めて甲子園への切符をつかんだ

下関国際高校の野球部を

率いているのは就任12年目の坂原秀尚監督です。

 

下関国際高校には寮がなく

県外出身の選手は、

アパートを借りて暮らしています。

 

そんな時、

坂原監督は自身も選手が住む

アパートの近くに物件を探し、

引っ越しています。

 

その数、何と4回。

 

 

家族である、

奥さんと3人の子どもと一緒に引っ越すため、

ボーナスのほとんどが引っ越し費用」と、

笑いながら話す坂原監督。

 

スポンサードリンク

 

続けて、

その子の人生を預かっているから」と、

話す坂原監督からは、

選手に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

 

そんな坂原監督のもと、

2009年夏には山口県ベスト8

2011年夏は山口県ベスト4

2015年春には、悲願の県大会優勝

2015年夏には、県大会準優勝と、

着実に成績を伸ばしていきました。

 

特に、2年前の夏の決勝戦後は、

課題となったバッティングを徹底的に強化。

 

日々の練習は過酷さを増し、

主将というプレッシャーからか

今年の2月には上野翔仁選手

練習中に脱走する事件も。

 

その他にも、辞めていった選手は数知れず。

 

そんな中で、やっと掴んだ甲子園。

選手以上に、坂原監督にとっても

感慨深いのではないでしょうか。

 

下関国際高校野球部2017年の岸田や浜松や吉村に注目!

ここで、2017年の下関国際高校野球部で

特に注目の選手をご紹介します。

 

まずは、

1年生の頃から141km/hの速球を

投げる本格派右腕として

大注目されていた岸田俊介投手です。

 

本来であれば、

今年は3年生になり

最後の夏に挑んでいるはずでした。

 

 

しかし、

残念ながら岸田投手は

2年生に上がる前に退部してしまったようです。

 

続いては、

浜松晴天選手です。

 

 

6番打者ですが、山口大会の打率は4割越え。

 

 

下関国際打線は、

7番の木村選手と9番の品川選手も、

ともに4打点と下位打線の活躍が目立っています。

 

どこからでも点の取れる打線は、

相手ピッチャーにとって気が抜けず、

大きなプレッシャーとなるはずです。

 

最後は、

2年生で投手兼右翼手として

活躍する吉村英也選手

 

吉村選手は、

山口大会の決勝戦で

攻守ともに大活躍を見せました。

 

1-1で迎えた5回裏2死2塁の場面では、

ライト線に飛んだ鋭いライナーを

見事にダイビングキャッチ。

 

 

相手の逆転を阻止します。

 

直後の6回表2死1、2塁で

打順が回ってきた吉村選手は、

その初球、

狙い球の外角を迷わず振り抜き、

勝ち越しのレフト前ヒットを放ちます。

 

さらに、

8回表2死2塁でも

再び外角をヒットにし、

それが決勝打に。

 

この決勝戦での大活躍から、

注目度はチームNo.1だと思います。

 

 

度胸の良さと、

思い切りの良いスイングで

甲子園でも大活躍して欲しいです。

 

 

春夏通じて初めての

甲子園出場を決めた下関国際高校の野球部。

 

これまで坂原監督が築き上げてきたチームで、

度胸ある2年生選手たちが

のびのびと活躍している印象です。

 

そして、

一時期はキャプテンの

重圧に悩んだ植野選手を

始めとする3年生も、

3年間で様々な事を一緒に乗り越え、

その結束を固めてきました。

 

「甲子園では智辯和歌山と対戦したい」

と話していますが、

相手がどこであっても

初めての甲子園でも

持ち味である思い切ったプレーを

見せて欲しいです。

 

高校野球特集はこちら⬇

特集総合ページ

1 Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。