関田誠大の移籍先について!イケメン筋肉画像や経歴もチェック!

 

みなさん、こんにちは!

ワールドカップバレーボール2019が盛り上がっていますね。

 

今日は男子の日本代表の関田誠大選手のことについて、移籍先のチームや、

イケメン筋肉画像、そして関田誠大選手の経歴についてもチェックしていきたいと思います。

 

関田誠大の移籍先はどこ?所属のチームを調査!

出典:http://vbm.link/23946/

 

関田誠大選手はもともと、パナソニックパンサーズというチームに所属していました。

パナソニックパンサーズは男子バレーボールのチームの中でもトップクラスですが

2018年9月に関田誠大選手はパナソニックパンサーズを退団し、

2018年10月に堺ブレイザーズというチームに移籍しました。

 

パナソニックパンサーズを退団した理由は、ズバリ出番が少なかったからだといわれています。

というのもパナソニックパンサーズは選手層が非常に厚く、

特に関田誠大選手のポジションであるセッターには深津秀臣選手がいました。

深津選手は全日本のキャプテンを務める選手で、関田誠大選手より3歳年上です。

メインの深津選手と控えの関田誠大選手、というような順序になってしまっていたのかもしれません。

 

関田誠大選手も全日本のメンバーであるのに、深津選手ばかりが注目されあまり試合にも出てこない。

そうすると目立たない存在となりファンも付きづらい状況になってしまいます。

関田誠大選手本人もそれをもどかしく思っていたようで、移籍を決めたようです。

 

関田誠大選手は堺ブレイザーズに移籍してからも大活躍で、徐々に人気を集めてきています。

それに加えてファンとしては、関田誠大選手と深津選手の対決も

別チームになったからこそ実現する見どころの一つ!

見る側である私たちとしては楽しみが増えたと言える、前向きな移籍だったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

関田誠大のイケメン筋肉画像のまとめ!

出典:http://vbm.link/28366/

 

さて、人気と実力を兼ね備えた関田誠大選手ですがもう一つ忘れてはいけない大きな特徴があります。

それはズバリ、イケメンだということです!

 

スポーツ選手の顔面偏差値なんて大して関係ないと思われがちですが

特に女性からしてみれば、顔が一番大事といっても過言ではありません。

 

かっこいい選手とかっこよくない選手が居たら、かっこいい選手を応援したくなる。

当たり前です!!

それに、関田誠大選手は鍛え上げられた肉体美も兼ね備えています。

まさにパーフェクトな関田誠大選手の写真を少し集めてみました。

 

まずはインスタグラムに投稿されたお写真を拝見しましょう。

さすがバレーボール選手、腕の筋肉がすごいですね!

こちらも二の腕の筋肉の逞しさが、もはや神々しいレベルです。

ガッツポーズいただきました!

続いてはTwitterから

フジテレビはバレーボールを全試合放送してくれるのでありがたいですね!

https://twitter.com/JVA_Volleyball/status/1129687031171362816

チケットのパネルを持ち上げる関田誠大選手の腕の筋がもう~たまりません!

 

関田誠大選手のかっこいい&かわいいお顔と、逞しい筋肉がたっぷり堪能できましたね。

わたしはもうすっかりメロメロです~!

 

スポンサードリンク

 

関田誠大の経歴について!

出典:https://number.bunshun.jp/articles/-/839297

たくさんの写真と動画をまとめてみましたが、ここで改めて関田誠大選手の経歴をざっと見てみましょう。

 

名前:関田 誠大

読み:せきた まさひろ

ニックネーム:ゴリポン

生年月日:1993年11月20日

出身地:東京都江東区

血液型:B型

身長:176㎝

体重:73kg

ポジション:セッター

 

 

バレーボールを始めたきっかけは小学校1年生の時に

お姉さんに影響されたからだそうです。

中学は駿台学園中学校に通っていて、

関田誠大選手が3年生の時に駿台学園中学校が全国優勝しています。

 

 

その後東洋高等学校に進学、1年生の頃からレギュラーの座を獲得。

東洋高等学校は都内有数のバレーボール強豪校で、

関田誠大選手は1年生の時からレギュラーセッターとして活躍していました。

2010年、念願の春高バレーで東洋高等学校は初優勝を果たし、

セッターとして活躍した関田誠大選手は全国に名前をとどろかせました。

 

大学は中央大学法学部に進学した、関田誠大選手。

法学部に入るなんて、バレーのみならず勉強もできるんですね!

関田誠大選手が3年生の時、2014年のインカレで中央大学が優勝をしています。

翌年、2015年のインカレで去年に続き優勝を果たしインカレ2連覇を達成します。

その大会で関田誠大選手は最優秀選手賞を受賞し、輝かしい功績を残しています。

 

ここまでまとめてみますと、関田誠大選手は中学、高校、そして大学すべてで

全国優勝の経験があるということがわかりました。

そして関田誠大選手が大学を卒業する前にパナソニックパンサーズに内定が決まり、

社会人チームでもバレーボールを続けていくということが発表されました。

そして、この記事の冒頭でまとめた通り、現在は堺ブレイザーズに所属しています。

 

こうしてまとめてみると関田誠大選手のバレーボール人生は順風満帆のように見えますが、

バレーボールを続ける上で、もがき苦しんだ日もたくさんあったと思います。

活躍したいのに出来ないという苦しみをから、

挫折しそうになったことも1度や2度ではないと思います。

でもその度に諦めない強い心と、たゆまぬ努力で

何度でも立ち上がってボールを追い続けたからこその、

今の関田誠大選手の姿があるのだと思います。

 

今回は、バレーボール日本代表の一人、関田誠大選手について調べてみました。

かっこいい顔と、逞しい筋肉がとっても魅力的な関田誠大選手。

経歴を調べてみると、中高大と優勝経験がありとても華やかですが

その陰で地道な努力と、絶対に諦めない強い心を持った選手だということが垣間見えて

ますます応援したくなる選手でしたね!

今後、関田誠大選手の出場している試合を見るときの参考になれば幸いです。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください