呂比須ワグナーの現在は?現役時代のプレイスタイルや家族も調査!

呂比須ワグナーといえば、元日本代表の

サッカー選手で日本が最初のワールドカップに

出場した時に大活躍しましたよね。

 

深夜に日本代表が強豪国と試合を

しているのを見て、大興奮していました。

 

その呂比須さんが今、注目されています。

 

いったい、どのような方なのでしょうか?

 

調べてみました。

呂比須ワグナーの現在は?最新情報をチェック!

まずは、プロフィールのご紹介

名前:呂比須・ワグナー(ロペス・ワグナー)

生年月日:1969129日(48歳)

出身地:ブラジル

身長:182cm

出典:https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150406/299440.html

 

呂比須さんは、ブラジル人で日本国籍を取得した

元プロサッカー選手です。

 

Jリーグ時代はベルマーレ平塚や、名古屋グランパス、

FC東京、アビスパ福岡に所属し

2002年に現役を引退しています。

 

引退後は故郷のサンパウロに戻り、指導者

としての道をスタート、現在は、ブラジルのパラナで

監督を務めていましたが、最近退任されたそうです。

 

その理由が

Jリーグ監督の就任を依頼されている

との事。

 

その噂が本当なら、楽しみですね!

 

現役時代はFwとして活躍していた彼なら、

就任したチームはきっと攻撃重視のチーム

になるはずです。

 

やっぱり、サッカーの醍醐味はゴールですよね。

ブラジル仕込みのテクニックでチームを勝利

に導いて欲しいものです。

 

さて、呂比須さんはどのような選手だったのでしょうか?

華麗なテクニックで日本代表にも選出された、

呂比須さんの現役時代について、調べてみました。

 

スポンサードリンク




 

スポンサードリンク

 

呂比須ワグナーの現役時代やプレイスタイルを調査!

呂比須さんの現役時代の出場試合数は

369試合で、得点は244と驚異的な

数字叩き出しています。

 

あの、ゴン中山こと、中山雅史さんでさえ、

485試合に出場し、得点は228でした。

 

この結果だけ見ても、呂比須さんが

ストライカーとしていかに優れていたのかが

分かります。

 

特に社会人クラブチームの本田技研時代は

60試合に出場し、得点は67

 

試合に出たら、ゴールを軽々と奪っていく、

相手DFにとっては嫌な存在でした。

 

呂比須さんは、ベルマーレ時代に

キラーパスで有名な中田英寿さんとも

プレーしています。

 

日本代表では、ワールドカップ初出場の

原動力となり、1998年のフランスワールドカップ

では3試合に出場。第3試合のジャマイカ戦

では、日本の大会初ゴールをアシスト!

 

その場面は今でも鮮明に覚えています。

 

スポンサードリンク

 

呂比須ワグナーの嫁や子供などの家族を調べてみた!

呂比須さんは、どうやら、日系ブラジル人の

女性の方と、結婚しているようです。

 

子供もいるようですね。その他の情報は調べても、

出てきませんでした。

 

やはり、お子さんはサッカーをしている

のでしょうか?きっと、お子さんもお父さんに似て

サッカーが上手な事でしょう。

 

どうやら、呂比須さんのJリーグ監督の

就任が現実味を帯びてきました。

 

アルビレックス新潟の三浦文丈監督が

成績不振を理由に退任したようです。

 

現在は、呂比須さんとアルビレックス新潟

との間で交渉が進んでいる模様。

 

呂比須さんはパラナの監督を退任されているので、

交渉がうまく進めば、アルビレックスの監督に

なるかもしれません。

 

アルビレックスは下位に沈んでいるチーム

ですので、残留争いは避けられません。

 

呂比須さんの手腕でチームを浮上させる事が

出来るのか?今後も呂比須さんから目が離せません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください