尾花高夫監督(名桜高校野球部)の経歴について!嫁や娘も調査!

 

こんにちは!

今日は、2018年の甲子園準決勝で金足農業が苦戦した名桜高校の監督の尾花高夫監督について書いていきます!

 

尾花高夫監督は、元プロ野球の選手、監督!

2019年の2月に就任したときにも話題になりました。

ということで今回の内容は

明桜高校野球部で監督兼投手コーチを務める尾花高夫監督の経歴について

また、嫁や娘などの家族についても調べていきます!

プロと高校野球の指導の違いについても迫ってみようと思いますのでぜひご覧くださいね!

 

名桜高校野球部の監督のプロフィールや経歴について!

では尾花高夫監督のプロフィールやカンタンな監督歴などをまとめていきますね!

明桜高校野球部の監督のプロフィール

名前:尾花高夫

読み:おばな たかお

生年月日:1957年8月7日

年齢:61歳

出身地:和歌山県伊都郡九度山町

出身高校:PL学園

社会人:新日本製鐵堺硬式野球部

 

尾花高夫監督の選手時代のプロフィール

身長:184cm

体重:90kg

ポジション:投手

投打:右投右打

元所属:ヤクルトスワローズ(選手)

 

監督・コーチ歴
千葉ロッテマリーンズ (1995 – 1996)
ヤクルトスワローズ (1997 – 1998)
福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス (1999 – 2005)
読売ジャイアンツ (2006 – 2009)
横浜ベイスターズ (2010 – 2011)
読売ジャイアンツ (2013 – 2017)

 

尾花高夫監督の選手時代の戦績はプロ通算112勝もしているんですね!

監督歴としても名だたるプロチームの監督をいくつも務められてきています!

 

さらに尾花高夫監督の出身高校はなんと!あのPL学園なんです!

 

明桜高校は、前々から強豪校として強いチームと激戦を経てきた高校ですがその明桜高校に

プロ野球でバリバリテレビとかに出ていた監督が就任したのですから

それは話題になりますよね!

 

選手たちもテレビに見たことのある名コーチが来るとなって

投手交代のマウンドでボールを渡していた人だ」と興奮していたようです!

 

高校や大学で野球を教えようとすると以前は教諭や臨時講師として2年間在籍する必要がありました。

現在は学生野球資格回復研修というものがあるのでいいですよね!

 

学生野球資格回復研修とは?
元プロ野球選手が短期間の座学研修などで高校、大学の指導者になれる制度(2013年7月から導入)

尾花監督も2018年に「学生野球資格回復研修」を受講していて2月に資格回復が認定されていたとのこと。

 

そんな尾花監督ですが実は、高校や大学時代は体の線が細く、球威不足で無名の選手だったそうなんです。

ですがヤクルトの片岡宏雄スカウトの目に留まって1978年のドラフトでは4位を獲得しました!

 

MEMO
ちなみに話とは関係ないですが尾花高夫監督は、ワインが好きなんだそうです!

 

スポンサードリンク

 

尾花高夫監督の嫁や娘などの家族を調査!

では尾花高夫監督の奥さんや子供さんには、どんな方がいるのでしょうか?

 

調べたところ、尾花高夫監督のご家族は、

  • 尾花高夫監督
  • 息子
  • 娘二人

5人家族なんだそうです!

 

奥様の名前や顔まではわからなかったのですがなんでも「元客室乗務員」なんだとか。

さすが元プロ野球選手ですね!

 

さらに子供さんについても調べてみたのですが全員の情報まではわかりませんでした。

しかし、次女の娘さんがモデルをやっている「尾花貴絵」さんでした!

 

テンちゃん
めっちゃ美人やないかい!監督と似てへんがな!
エンタくん
失礼ですよね!すいません!!

 

尾花貴絵さんについてちょっとだけ調べてみたんですがテレビやドラマにも出ているらしく

TV番組「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターをやっていたこともあるそうです!

 

テンちゃん
高校野球のミステリハンターもしてくれ〜!
エンタくん
ふざけすぎ、、、

 

ちなみに尾花高夫監督の血液型はB型

娘さんの血液型はO型なので奥様の血液型を予想するとO型が有力のようです。

O型×B型
B型・57% O型・43%
出典:https://matome.naver.jp/odai/2137491000746402901

 

さらにちなみになんですが尾花高夫監督は「血液型性格判断」を信じてるとか信じてないとかで

「O型とB型にはいいピッチャーが多い」と話していたそうですよw

 

スポンサードリンク

 

尾花高夫監督の名桜高校野球部の指導法は?

では尾花高夫監督の明桜高校野球部の指導法はどのようなものなのでしょうか?

まず、僕が気になったのはプロと高校野球で指導の仕方に違いはあるのか?ということでした。

 

尾花高夫監督は、プロとの違いに対してこう答えています。

「変わらないですよ。子どもの能力をどうやって引き出してあげるか。基本を勘違いしていることもあるし、きちんと教えれば成果は確実に出る」

 

なるほど〜!基本的なことは同じなんですね!

では尾花高夫監督のプロ野球時代からの指導方針はどのようなものなのか?調べてみました。

 

尾花高夫監督の野球は、横浜の監督1年目からアナライジング・ベースボール(分析野球)なんだそうです。

ウィキペディアによると

詳細なデータで説得力を持たせた上で何をしなければならないかを徹底的に分析し、指導・采配を採るという采配方針

なんだそうです。

 

確かに徹底的に調べたデータを示されると説得力が抜群ですからね!

 

ただし、以前の尾花高夫監督は、正しいことはいうものの口が悪く、人を傷つけてしまう傾向にあったそうです。

プロの選手達と比べると高校野球の選手たちのほうが繊細そうな気がしますよね。

口が悪いことに関してはこれからの尾花監督の腕の見せどころなのではないでしょうか!?

 

また、尾花高夫監督は人格者としても知られているようで「犯罪を犯した人の社会復帰や更生を手助けする」活動をやってこられたのだとか。

高校野球の選手も思うようにスタメンに入ったり試合に出られず葛藤選手もいるんじゃないかと思います。

そんな思い悩んでいる教え子に対してどういうフォローをやっていくかもこれから注目していきたいところですよね!

 

また、尾花高夫監督は指導について

「成長するためには考えることと行動の質を高めることが大事」

とも話しています。

 

高校野球の選手たちは野球だけではなく、学業もしっかりやっていかないといけないので

時間を確保しながらいかに行動の質を高めていくかということもプロの練習とも共通しているのかもしれません。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は、明桜高校野球部の尾花高夫監督について書いてきました。

新監督のもとで迎える2019年の夏の高校野球大会。

明桜高校野球部はどんな戦いを見せてくれるのか!?

 

今後行われる全国大会に進めるのか注目ですね!

応援してますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください