ブラックフライデーまであと少し!関連記事はこちら!

日本対サウジアラビアの日程や放送時間やキックオフ時間は?審判も!

 

 

ワールドカップ2018ロシア大会を目指す、
日本代表。
アジア最終予選も最終節に突入しますね。

 

 

8月31日のオーストラリア戦に、
勝利することで
ワールドカップ出場が決定しますが、
引き分けや負けるような事があれば、
最終節であるサウジアラビア戦での
勝利が必要になります。

 

 

サウジアラビア戦は、
オーストラリア戦と比べると、
アウェーの試合となるために、
想像以上のリスクがあると思うので、
必ずオーストラリアに勝利してほしいと
願うばかりです。

 

 

サウジアラビアは、中東であり、
高温多湿の中での試合となります。

 

イラクに敗れた、
あのドーハの悲劇がいまだに頭に
焼きついているので、
中東での試合は本当に難しいと感じています。

 

 

また、オーストラリア戦での結果次第では、
これまでチームを創りあげてきた、
ハリルホジッチ監督の進退にも影響が
出そうです。

 

技術委員会の9名全員が現地入りしチェック、
するようです。

 

もしもの更迭などがあった場合は、
コーチである手倉森誠が監督代行を務める
などの声があがっているくらいですので、
本格的な動きがあることはうかがえます。

 

 

私、個人的にはこの様な危機での
更迭後の監督は、岡ちゃんこと、
岡田武史しかいないと思うのですが、、、

 

 

そんな最悪な結果を今は忘れて、
オーストラリアにもサウジアラビアにも
勝利を収め堂々とワールドカップに
出場してほしいですね。

 

こちらも御覧ください!

ワールドカップ2018!ロシア大会特集!記事一覧!

 

日本対サウジアラビアの日程や今後の予定は?

出典:MARQUEE

 

 それでは、アジア最終予選、最終節である
サウジアラビア戦の日程を見ていきたいと思います。

 

日程は、
2017年9月5日にサウジアラビアの
キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー
で開催されます。

 

 

この最終節で、すべての順位が決定し、
グループの1位、2位は自動昇格となり、
ワールドカップへの切符を手に入れる事ができますが、
3位でもプレーオフで勝利することができれば、
ワールドカップアジア5枚目の切符を手に入れる事が
できます。

 

 

日本は、グループBでの戦いとなりました。

 

もしも3位で終了となると、
グループAでの3位チームとプレーオフとなります。

 

 

その試合予定を見てみると、
2017年10月5日or6日 アジアプレーオフ第1節 アウェー
2017年10月10日  アジアプレーオフ第2節 ホーム

 

 

この試合で勝利するとアジア第5代表として、
次に行われる大陸間プレーオフに出場します。

 

大陸間プレーオフの抽選会の結果、
北中米カリブ海第4代表とアジア第5代表の対戦と
なることが決まっています。

 

日程ですが、
2017年11月9日と
2017年11月14日となっていますが、
現段階では、
日程のみで開催時刻やホーム、スタジアムなどは
未定となっています。

 

その後、2017年12月1日には、
ワールドカップ2018年ロシア大会の
組み合わせ抽選会が行われる予定となっています。

 

スポンサードリンク

 

日本対サウジアラビアの放送時間やキックオフ時間は?どこで放送?

 

それでは、
詳しくサウジアラビア戦を見ていきたいと
思います。

 

まず、キックオフの時間ですが、
現地のサウジアラビアでは、
2017年9月5日の20:30キックオフとなっています。

 

日本時間では、
2017年9月5日深夜2:30キックオフとなります。

 

現段階では、
テレビ朝日で完全生中継
されるのは確認できていますが、
NHK BS1での放送は、
まだ予定に挙げられていないので
テレビ観戦は、
テレビ朝日が確実です。

 

2017年9月5日深夜2時より完全
生中継で放送されますよ。

 

日本対サウジアラビアの審判を調査!何人で何人が担当する?

 
大事な試合になればなるほど
審判団が気になりますよね。

 

特にワールドカップ予選での判定は難しいし、
えっ?なんで今のがPK取られて、
今度は取られないの?
みたいな変な誤審も多い訳で、
この最終予選でも度々、
ハリルホジッチ監督は
抗議をしてきました。

 

また、最終節がサウジアラビアという事で、
もっとも恐ろしい中東の笛。

 

この最終予選では、
4人の審判で構成されます。

 

まだ、この最終予選のサウジアラビア戦での
審判団の情報がないですが、
私個人的には、
カタール人や中国人の審判は避けたい所です。

 

アジアではイラン出身
モフセン・トーキーさんが
もっとも優秀な審判とされていますが、
日本とは相性が悪いそうですね。

 

まっ、審判の誤審を恐れて試合はできないので、
圧倒的な強さで、
誤審されても勝つサッカーをやりぬいて欲しいですね。

 

こちらも御覧ください!

ワールドカップ2018!ロシア大会特集!記事一覧!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください