ブラックフライデーまであと少し!関連記事はこちら!

中村奨成(広陵)の出身中学や彼女や家族は?ドラフト予想もチェック!

 

7月25日、広島大会で優勝して
3年ぶり22回目の出場を決めた
広陵高校。

 

そういえば、夏はここ2年
広島新庄が出場していました。

 

その広島新庄の3連覇を阻止して
広陵は夏の選手権出場を決めました。

 

久しぶりに夏の選手権に帰ってくる
広陵高校に注目の捕手がいます。

 

中村奨成(なかむらしょうせい)選手です。

 

今回は中村奨成選手を調べました。

 

中村奨成(広陵)の出身中学やプロフィールは?

中村奨成選手は広陵高校の3年生。
181㎝、76㎏、右投げ右打ちの捕手です。
三番や四番を主に打っているようです。

 

出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=colu…

 

広島大会の決勝戦で打った本塁打は
高校通算38本目の本塁打でした。

 

出身は広島県廿日市市。
小学一年生から野球を始めました。

 

中学校は大野東中
所属チームは大野シニア
四番で捕手を務め、
中学3年生の夏は県大会で
ベスト8に入りました。

 

高校でも1年の春からベンチ入り、
夏の広島大会では8番・捕手で出場しています。

 

一年生から期待の選手だったことが分かります。

 

中井哲之(なかいてつゆき)監督曰く
現在・読売ジャイアンツに所属する
小林誠司(こばやしせいじ)捕手以上なのだとか。

 

小林誠司捕手というと、10年前の夏の選手権
広陵高校準優勝のメンバーです。

 

その時の広陵は
決勝戦の佐賀北との試合で
8回ウラ、4-1から
佐賀北の副島浩史(そえじまひろし)選手に
史上初の逆転満塁本塁打を浴び
4-5で敗れ
準優勝でした。

 

その時の投手が、
現・広島の野村祐輔(のむらゆうすけ)投手で
バッテリーを組んでいたのが
小林誠司選手になります。

 

中村奨成(広陵)の彼女や家族を調査!

「中村奨成」選手を検索すると
関連ワードに「彼女」が出てきます。

 

関連ワードになるくらいなので
よく検索されているということだろうと思いますが、
みんな球児の彼女とか気になるものなのですね。

 

今のところ情報がないのでいないと思われます。

 

ご家族の情報も出てこなかったので
特に有名な方というわけではなさそうです。

 

ところで、広陵はどうやら全寮制らしいです。
中村奨成選手の出身は広島ですが、
そうなると寮生活をしている可能性が高いです。

 

他県に比べて近いけれど
離れて過ごすことになるのは
ご家族にとっては
ちょっと寂しいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

中村奨成(広陵)のドラフト球団を大胆予想!

中村奨成選手は今年の
ドラフト候補です。

 

広島大会の決勝戦でも
多くのスカウトが見に来ていたそうです。

 

走攻守の三拍子揃った選手で、
更に二塁への送球は1秒76(ベスト)という強肩。

 

高校生№1捕手という呼び声高い選手です。

 

プロ志望届を出せば
ドラフトにかかる可能性も高いでしょう。

 

広島カープは地元選手なので
獲得したい選手だと思います。

 

広島であれば
10年前の夏の準優勝投手の
野村祐輔投手や
中田廉(なかたれん)投手と
チームメイトになります。

 

あとは何故か広島の高校の出身選手を
よくドラフト1位指名している気がする
日ハムも指名があるかもしれません。

 

ちなみに日ハムは
広陵出身の吉川光夫(よしかわみつお)投手
(現在読売ジャイアンツ)、
広陵出身の有原航平(ありはらこうへい)投手、
広島新庄出身の堀瑞輝(ほりみずき)投手
をドラフト1位指名しています。

 

これは単なる偶然かもしれません。

 

ただ、高卒でプロに行くかは分かりません。

 

というのも、最近の広陵の選手は
高校からプロに入っている選手は少ないのです。

 

先に名前を挙げた広陵出身の選手で、
高卒でプロに入ったのは
吉川光夫投手と中田廉投手です。

 

他の選手は大学や社会人を経て
プロ入りしています。

 

小林誠司選手も
同志社大学に進学し、
日本生命で社会人野球を経験してから
プロになっています。

 

中村奨成選手は
ドラフト上位候補の逸材なので
高卒プロもあり得ますが、
大学や社会人で経験を積んで
プロに行くという選択肢も
あるような気がします。

 

いずれにしても、
夏の選手権、または日本代表などで
夏から秋にかけてアピールの場はあるので
そこでどのような活躍をするかで
進路も変わってくると思われます。

 

広陵が目指すのは
10年前、あと一歩のところで逃した
頂点になるでしょう。

 

あの夏の「悲劇のチーム」が
10年の時を経て
どんなドラマを見せてくれるのか。

 

注目の中村奨成選手の活躍と
広陵の躍進を見てみたいと思います。

 

高校野球特集はこちら⬇︎

特集総合ページ

1 Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。