高校野球記事大量作成中!メンバー表を右にスライドすると更に詳しく見れます!

小泉泰典監督(羽黒野球部)の経歴や年齢は?出身高校や大学も調査!

こんにちは!

関東は、急に気温が下がり、肌寒いくらいの気温です!ずっと暑かったから、少しホッとしますが、

この気温差に、体調を崩さないようにしないと!ですね!!

 

さて、今回の記事は、15年ぶり、2度目の甲子園出場を果たした、山形県にある羽黒高校。

羽黒高校は、10日に初戦を迎えます!

今回は、羽黒高校野球部の監督に注目して、小泉泰典監督経歴年齢出身高校大学について書いていきます。

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

小泉泰典監督(羽黒野球部)の年齢やプロフィールは?

まずは、小泉泰典監督のプロフィールです。

名前:小泉 泰典

読み:こいずみ やすのり

生年月日:1984年10月3日

年齢:33歳(2018年現在)

出身:神奈川県川崎市

出身高校:慶応高

出身大学:慶応大学

現在、33歳とは、なんとも若いっ!!

最近は、若い監督さんも増えてきていますが、小泉泰典監督もその一人!

2010年に、羽黒高校に着任し、2012年から、野球部の監督を務めています。

 

ご自身も、高校、大学時代から、野球をされていて、その経験や、大学時代の研究から、『4スタンス理論』を取り入れた指導をされています。

4スタンス理論』とは、プロゴルフにも用いられている方法で、天性的に4つのタイプに分類されていて、その特性は重心の位置で決まるという理論で、羽黒高校では、入新入生は10種類以上のテストを受け、4つのタイプ別に、選手に合った指導をしているそうです!

出典元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/img/bb_kunikara01m_160701-ogp_0.jpg?20160709014906

個々に合った、重心にすることで、故障もしにくくなるということのようですね。

「自分の体に合ったことを教えることで、今までできなかったことができたりします。甲子園に連れていって、少しでも良い思いをさせてあげたい」

出典元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1671587.html

今年、4スタンス理論と、監督の想いが実ったということですね!

 

小泉泰典監督のプライベートについて、なにか情報はないかと、調べて見ました。

小泉泰典監督のFacebookを発見!

こちらを見る限りでは、2012年に結婚されていて、いづみさんという奥様がいるようです。

お子さんもいるみたいですね!

奥様の、いづみさんの写真にお子さんもチラッと映っていますが、女の子で、いづみさんも、お子さんもすごくかわいい!!

奥様は、現在、慶応大学でお仕事されているようです。

同級生なのでしょうかね?

幸せそうなご家庭で、かわいらしいお子様がいて、さらに甲子園出場と、小泉泰典監督にとっては、今年の夏ほど幸せなときはないのでしょう!!

小泉泰典監督(羽黒野球部)の出身高校や大学を調査!

小泉泰典監督は、慶応高から、慶応大。という、とても頭が良い!というイメージの学歴です。

更に、大学院まで進んでいます。

出典元:http://cyberresort1510.com/WP/wp-content/uploads/2016/07/keio-680×452.jpg

慶応大学時代は、4年生で学生コーチ、大学院では、投手コーチを務めています。

 

更に、調べていたら、2008年に小泉泰典監督が作成した研究報告書の記事が見つかりました。

「野球の投球動作におけるドッジボールを用いた動作改善方略の提案」

野球とドッジボールの投球動作の関係を検証して、運動学習方略の構成をする研究報告です。

 

大学時代から、フォームなどを、理論的にとらえて、研究されていたのですね。

現在取り入れられている、『4スタンス理論』も、この研究あってこそ。ということでしょう!

先日の高校野球選手権大会抽選会の時のインタビューでも、母校について話していますし、まさに、小泉泰典監督の原点ですね!

小泉監督は中学から慶応で「母校も出てるし、頑張りたい」と意欲を見せていた。

出典元:https://gunosy.com/articles/RW3J7

 

小泉泰典監督(羽黒野球部)の経歴をチェック!

小泉泰典監督の経歴はどうなのでしょうか?

 

先ほども書きましたが、小泉泰典監督は、慶応義塾高校から、慶応大に進んでいますが、

普通野球部から、慶応塾義高校野球部、大学野球部で投手として活躍している経歴を持っています。

2004年、大学1年の時に、明治神宮野球大会で準優勝の成績を残していますが、ご自身は、現役時代に甲子園の経験はありません!

また、慶応義塾高校OB会の日吉倶楽部の54期でもあります。

監督としては、2017年に、育成ドラフトで巨人から指名を受けた、田中優大投手を育てていますね。

 

 

若さと、自身の経験、そして、秀才だからこそできる、理論に基づいた指導で甲子園出場を勝ち取った、羽黒高校。

小泉泰典監督にとっても、初の甲子園です!

抽選会の時も、「2日目に当たっても良いように調整してきた」と話しているので、準備万端!なのでしょう。

今年の結果で、注目度も上がるでしょうし、『4スタンス理論』で自分に合ったフォームを身に着けた選手のプロ入り!なんてことも、あるかもしれませんね!

監督自身も若いので、今後の活躍が期待です!!

 

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください