青森山田高校野球部2017年メンバーや出身中学は?監督や三上や赤平も!

 

遂に今年の夏の甲子園が
スタートしました。
毎年数々のドラマが生まれる夏の甲子園。

 

さて、今年はどんなドラマが
待っているでしょうか。

 

今回は、スポーツの名門高である、
青森山田高校野球部に関して
詳しく紹介していこうと思いますよ。

 

青森山田高校は、常連校の様に感じますが、
実は8年ぶり甲子園出場となります。

 

2011年に、事件が起きてから、
その名門は崩れたとも言われてきましたが、
見事に完全復活を成し遂げての
8年ぶりの甲子園帰り咲きとなりました。

 

その事件が起きてからは、
これまでほとんど県外から
有力な選手を集めていた青森山田高校野球チームを、
まずは、地元でしっかりと固めるといった事で、
今回のメンバーは、
ほぼ地元メンバーで構成されていますね。

 

まずは、今年の青森山田高校のメンバーを
詳しく見ていきたいと思います。

 

対戦相手や他の高校の記事はこちらをどうぞ!

特集総合ページ

 

青森山田高校野球部2017年メンバーや出身中学は?

出典:青森山田高校野球部♪ 

 

 
今年の青森山田高校野球部メンバーの
出身中学を見てみますと、
神奈川県から2名、
茨木県から2名、
東京から1名のメンバーを除くと
ほぼ青森県出身のメンバーとなっています。

 

レギュラーや背番号一桁台の選手は、
青森県出身の選手ばかりで、
完全に青森県を代表する選手構成に
なっていますね。

 

そうなることで地元青森県人の
注目になるのは間違いないですね。

 

それでは、そんな青森山田高校野球部を
指揮する兜森監督について
調べて行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

青森山田高校野球部2017年兜森監督の経歴やプロフールは?

8年ぶりに青森山田高校野球部を
甲子園に導いた兜森監督とは
どういった人物像なんでしょうか。

 

兜森監督は、青森県出身で
中学生の頃は野球部のエースとして
全国大会に出場経験があり、
その後青森山田高校でもエースとして活躍するも、
甲子園まであと一歩のところで涙を呑んだそうです。

 

そんな兜森監督は、
青森大学に入学し、
教員の免許をとり
母校である青森山田高校に
教員として戻ってきました。

 

すごく野球に熱心な教員であり、
中学硬式野球である
青森山田リトルシニアの指導者として
実績を積み、
その後2015年に
青森山田高校野球部の監督に就任し、
見事2年で悲願の甲子園切符を
手に入れることができたとのこと。

 

まだ、38歳の若さもあり
今後すごく期待を持たれる監督の一人でしょう。

 

そんな兜森監督は、
チームの方向性を理解させながら、
自主性を取り入れたトレーニングや
練習で選手の持つ個性を
最大限に引き出すのがうまい監督です。

 

そんな兜森監督に指導されながら、
今回のチームで注目をされる三上選手、
赤平選手に注目したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

青森山田高校野球部の三上選手や赤平選手に注目!

 
まず、三上投手ですが、
中学生時代は弘前白神シニアに在籍し、
その後青森山田高校に進学。

 

投手として小柄な中、
135キロのストレートを武器に、
スライダー、チェンジアップを得意とします。

 

甲子園予選では
主に中継ぎとして
5試合22イニングを投げてきました。

 

奪三振を取れる投手で、
甲子園では先発投手としての
起用も考えられるのですが、
兜森監督の采配には注目したいところですね。

 

次に注目されるのが赤平選手です。

 

赤平選手は、
青森山田リトルシニア時代から
注目される選手。

 

まだ、2年生ながら
打撃センスを認められ
3番打者というレギュラーを獲得。

 

今年の4月には腰を痛めて
2か月間ほど練習ができなかった
赤平選手ですが、
夏には必ず復活するいう意気込みで、
夏の県予選から出場すると準決勝、
決勝ではチームの10得点中7得点の大暴れ。

 

特に準決勝で古屋敷投手の
152キロの球をホームランにした
今一番輝いている選手で
甲子園での打撃が非常に楽しみに思えます。

 

プロからも注目されるほどの器です。

 

 

対戦相手や他の高校の記事はこちらをどうぞ!

特集総合ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください