夏の甲子園特集!関連記事大量作成中!

赤間健太社長の年齢や経歴は?年収や出身高校や大学もチェック!

こんにちは!

 

最近のニュースで最近流行りのシェアハウス事業の「かぼちゃの馬車」を運営する「スマートデイズ」が経営破綻するというものがありました。

 

ニュースの映像にはスマートデイズの社長の赤間健太さんが謝罪する様子がうつしだされ今後どうなっていくか?ということが気になるとともに赤間健太社長ってどんな人なんだろう?という疑問が湧きました。

 

そこで今回はスマートデイズの赤間健太社長に注目して年齢や経歴から年収や出身高校と大学についても調べてみました。

 

こちらの記事もよく読まれています。

ベッキーのCMが不快?!かぼちゃの馬車でバッシングか?!

 

赤間健太社長の年齢や出身高校や大学は?

 

スマートデイズのような新しい試みをする社長って仮にうまくいってなかったとしてもなんだか頭が良さそうですよね。

 

一体どこの高校や大学の出身なんでしょうか?

 

調べてみたところ、年齢や出身高校と大学に関する情報は公開されていませんでした。

 

赤間健太社長のものと思われるFacebookページは見つけることが出来ましたがプロフィールに関する情報は書かれていません。

 

見つけた赤間健太さんのFacebookページで友達を調べてみると社長や代表取締役をされている友人が多くいるのでFacebookページがスマートデイズの赤間健太社長のものである可能性は十分にあると思います。

 

また、別のブログの情報によると友人にスマートデイズ副社長の菅沢聡さんがいるとのことですので可能性は高いです。

 

ページを見てみると世界を旅したことがあるのか人生を謳歌しているような写真が見立ちますのでオーナーの方には不愉快なものになるかもしれませんので見ないほうがいいかもしれません。

 

赤間健太社長のFacebookと思われるページ

 

外見から年齢を予想してみると30代から40代ぐらいじゃないかと思われボクとしては36歳ぐらいじゃないかと思います。

 

Facebookページから同級生を探せないものかと思って調べてみましたが学歴を公開している人が少なく1件だけ東京大学出身の友人を見つけることが出来ましたがそれだけでは根拠となる情報としては物足りないので不明ということになります。

 

 

ボクとしてはやっぱり、ある程度有名な大学を卒業されているんじゃないかと思います。

 

出身高校に関しては出身地などが絞り込めれば予想しやすいのですが一般人ということもあり情報が少なすぎてわからない状態です。

 

もし判明すれば追記させていただきます。

 

 

スポンサードリンク

 

赤間健太社長の経歴や年収も調査!

 

赤間健太社長の経歴について調べていたところ、実は赤間健太社長はスマートデイズの創業者ではなく、民事再生法の申請直前の4月3日に社長に就任しています。

 

スマートデイズの今までの社長について調べて見たところすべてはわかりませんでしたが一部紹介します。

 

  1. スマートデイズの創業は2012年。創業者は不明
  2. 2017年8月に「オーシャナイズ」と業務資本提携
  3. 2017年10月に商号「スマートデイズ」に変更
  4. 2018年1月「オーシャナイズ」の代表菅沢聡さんが社長に就任(現副社長)
  5. 4月3日に「オーシャナイズ」取締役CFOの赤間健太さんが社長に就任

 

こうやって見るとなんだか計画的に破産申請してる気がしてきますね。

 

各社長がどれくらい報酬を得ていたのかも気になります。

 

ちなみにCFOとは?

 

CFOとは「Chief Financial Officer」の略で、ずばり「最高財務責任者」のことで、企業の財務戦略の立案から執行までを担う責任者のことを指します。

 

いやいや、オーナーからしたらCFOの就任遅すぎじゃないか?!と言いたくなってしまいそう。

 

そもそも、いつから経営が危なくなっていたのでしょうね。

 

さらに調べてみると2012年からの5年間で1000棟も展開する急成長ぶりだったそうです。

 

怪しすぎだろ?!と思ってしまいました。

 

もっと前から兆候は見えなかったのでしょうか。

 

いや〜、創業からの社長さんたちに「でてこいや!」と言いたくなるオーナーさんもいるんじゃないでしょうか。

 

赤間健太さんの年収についてですがおそらくスマートデイズに就任してからはもらってないんじゃないかと思います。

 

っていうか、赤間健太社長にはこれから頑張ってもらいたいですが責めるべきは赤間健太社長ではなく、今までの社長をやってこられた方々ではないでしょうか。

 

ちなみに前社長の菅沢聡さんはオーナー向けの説明会にてお金がないことを強調していたといいます。

 

実は民事再生法を申請するのにも費用が必要で負債額が66億円だとすると700万円の予納金。弁護士費用等の様々な費用を含めるとすると2000万円ほどがかかるといわれています。

 

しかも、2015年4月に社長に就任した大地則幸さんに対しては役員報酬として

 

2017年や2016年には6000万から7000万ほどが支払われていたといいます。

 

まだまだ、これから疑惑について調査が進むのではないかと思います。

 

ちなみに新社長の赤間健太さんは「オーシャナイズ」の取締役CFOも兼任されていますのでこちらの報酬はもらっているはずです。

 

一般的なCFOとしての年収は1000万から2000万といわれていますのでそれに近いくらいの年収が赤間健太さんにはあるんじゃないかと思われます。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回はスマートデイズの社長の赤間健太さんについて書いてきました。

 

ボクとしては追求すべきは今までの前の社長で赤間健太社長については応援すべき人物なんじゃないかと思っています。

 

これからどうにかして迷惑をかけた方々にフォローをしていっていただきたいと思います。

 

こちらの記事もよく読まれています。

ベッキーのCMが不快?!かぼちゃの馬車でバッシングか?!

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください