今年のインフルエンザ 予防接種効果がアップ

b3efafa9c88f3daf61f6e6ba0b3c7d78_s
スポンサードリンク
  Contents早くも流行の兆し病院ではすでに予防接種を開始みんなで予防していくことが必要なのでは? 早くも流行の兆し 北海道では、「初雪がいきなり積...

 

早くも流行の兆し

北海道では、「初雪がいきなり積雪か」といういつもより早い寒気の訪れを伝えています。

 

b3efafa9c88f3daf61f6e6ba0b3c7d78_s

日本列島に寒気の到来で、早くも14の学校で学級閉鎖のニュースが流れています。

東京、神奈川、大阪など全部で8都道府県でインフルエンザでの学級閉鎖があったとか。

先月に学級閉鎖をしているところもあり、例年より流行がはやまっているようです。

インフルエンザにかかると、高熱や頭痛や筋肉痛など耐えられないと思うほどの強い全身症状が出てとってもつらいですね。

子供が学校を休めば親御さんの仕事にも影響が出たり、また家族もくしゃみや咳によって空中に浮遊するウィルスを吸い込んで飛沫感染してかかってしまうかもしれません。

病院ではすでに予防接種を開始

インフルエンザの流行の型は主にAパンデミック型、B山形系統、A香港型があります。特にAパンデミック型は2009年に2000万人が罹患しました。

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s

 

今年の流行は?

今年はBビクトリア系統が流行るのではと予想されています。

ワクチンでの予防対策が重要です。

今年はワクチンが値上げされています。

なぜかというと、今年は4種混合型だから。

500円~1000円の値上げがされています。

ただ嬉しいことに、効果(罹らない率)がいままで3割から5割だったのが6割近くにアップしているそうです。

スポンサードリンク




インフルエンザから身を守るために

流行の兆しの原因一つは、朝晩の温度の差。昼間は天気の良い日は汗ばむほどの陽気で半袖で過ごせるほどなのに、夕方からは急に冷え込んできて衣類の調節が上手くいかないことも。朝晩で10℃以上の気温の差に体がついていけなくて抵抗力が低下することもあります。

もう一つの原因は空気の乾燥。気温が下がることで空気は乾燥しますし、暖房などでさらに乾燥し、抵抗力の低下した体に、乾燥した空気でウィルスが侵入しやすくなります。

インフルエンザがどのようにしてかかるかというと

飛沫感染ー感染者のくしゃみや咳でウィルスが空気中に浮遊しそれを吸い込むことで感染。 接触感染ー感染者のくしゃみや咳が周りの物に付き、それに触ってほかの人が感染。

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_s

インフルエンザから身を守るためには①正しい手洗いーウィルスは石鹸に弱いため外から帰宅したら・食事の前などに指先までしっかりと洗いましょう。②普段の健康管理ー抵抗力が低下しないように十分な睡眠・バランスの良い食事。と言われています。

みんなで予防していくことが必要なのでは?

インフルエンザに罹らない注意を払っていても、人込みや潜伏期間中などで感染してしまうことは避けられません。「インフルエンザかな?」と思ったらすぐに医療機関で受診することは必須です。熱が下がってもウィルスは残っていて、咳などで人にうつしてしまうこともあります。人込みへの外出を控えたり、マスクを着用するのは当たり前のエチケットですね。

私個人としては、やっぱり予防接種が一番だと思います。

みんなで予防接種を受けて、罹らない予防をしたうえで、手洗い、保湿、体力をつけるなどを毎日の日課にすることで、大流行を防ぐことができると考えます。

tearai

スポンサードリンク
PREV:人間力でノーベル賞を受賞した大村智教授
NEXT:「HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン」公開開始!「HEROES」シリーズのおさらいとみどころ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です