SMAP解散騒動の真相!メリー副社長語る!けじめ済処分なし!

スポンサードリンク
解散報道から5日目の1月18日、テレビ番組でのメンバーの緊急生謝罪で、解散危機を乗り越えたSMAP メンバーのすっきりしない表情から、まだなにかあるのかな?...

解散報道から5日目の1月18日、テレビ番組でのメンバーの緊急生謝罪で、解散危機を乗り越えたSMAP

メンバーのすっきりしない表情から、まだなにかあるのかな?と思いますよね。

時間が経つにつれ見えてきた全貌とこれからについて

そもそもなぜSMAP解散危機が報じられたのか、発売中の週刊新潮のインタビューで、舞台裏を明かした人がいます。

それは、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89歳)

いろいろな憶測が飛び交う中、ジャニーズ事務所側からの情報です。

きっかけ

SMAPを育てた女性マネージャーが紅白歌合戦の総合司会にSMAPを推したという出来事にメリー喜多川さんが激怒し、SMAPをつれて出ていきなさいといったと言われています。

そのとき木村拓哉以外のメンバーが行動を共にする動きを見せたということです。

メリー副社長語る真相!

今回の騒動がこじれ、大きくなった理由が語られました。

謝罪遅れ!

一部スポーツ紙では、女性マネージャー独立にタモリさんなどが所属する大手芸能事務所が協力して、中居正広さんが芸能活動を続けるのでは?と報じていました。

ところが、真相は、SMAPの分裂危機を避けるために、田辺エージェンシー社長は、12月28日メリー喜多川さんに「4人を元に戻してもらえませんか」と和解案を提案したそうです。独立ではなく、元の形に戻そうとしたそうです。

「わかりました」とメリー副社長は答えました。

田辺エージェンシー社長から1がつ2日に電話があり、

「中居君に対して、後の3人をきちんとまとめてジャニーズ事務所に挨拶に行くこと!、ある意味ケンカみたいになっているのだから木村君にもちゃんと謝ってきなさいと伝えてある」と、メリー副社長に電話があったそうです。

「では、それを待ちます」とメリー副社長は答えました。

このままいけば大きな騒動には発展しなかったはずだったのに、1月8日まで待っても4人は謝罪に現れなかった。

ここの真相は当の4人に聞いてみないとわかりませんが、「忙しかった」で済まされる問題ではないことぐらい中居さんにはわかったはずなんですけどね。

「4人は来ない!!私はもうこれを受けることはできない」とメリー副社長は激怒します。

これで、1月13日騒動は明らかになったわけです。

「私は4人を追い出したわけでも、受け入れないといったわけでもありません」

 

スポンサードリンク




次第に見えてきたメンバーの姿

1月17日夜に中居さんら4人はジャニーズ事務所を訪問し、ジャニー社長に謝罪をしました。そして1時間半話をしたと週刊文春では伝えています。

その後、焼き肉店を貸し切り、4人は遅くまで語り合ったと言われています。

そして緊急生謝罪が翌日行われたわけです。

処分なし!

今まで独立を表明した後、ジャニーズに戻った人はおらず、仮に戻ったとしてもジャニーズでは一番下の扱いになるのでは?という憶測が流れていましたが、それはなさそうです。

生番組での謝罪会見で禊は済んだとされたようです。

雨降って地固まるのように、ますますSMAPの絆は強くなるでしょうね。

そして、騒動が収まって、いつの日かSMAPの口からも真相が語られることでしょう。

スポンサードリンク
PREV:尾野真千子と長瀬智也が食わず嫌いに登場!二人の素顔は?
NEXT:いつかこの恋を思い出して1話ネタバレ内容&感想 練はどこへ??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です