知らなきゃよかった!片平なぎさの美貌を保つためのをこだわりの食事は?

katahira
スポンサードリンク
7月5日放送の「中居正広のミになる図書館」では、芸能人の愚痴を川柳にするという企画でした。 出演者の中でも、2時間ドラマの女王と呼ばれていた、年令を...

7月5日放送の「中居正広のミになる図書館」では、芸能人の愚痴を川柳にするという企画でした。

出演者の中でも、2時間ドラマの女王と呼ばれていた、年令を感じさせない美人で気さくな性格の片平なぎささんが、

普段の食生活で、注意を払いながら、こだわって実践している食事方法を披露しました。

一見優等生のような食事が、実は、「知らなきゃよかった」と思える内容を指摘されました。

こだわりの鉄瓶で沸かした白湯は、鉄分0だった!

片平なぎささんは、鉄分を体に取りいれるためにと、鉄でできたやかん、鉄瓶で水を沸かし、覚ました白湯を飲んでいました。

こだわりは、沸騰させないことで、水のいいところ残すということでした。

ところが、鉄瓶からてつを吸収するには10分以上、100℃で沸騰させる必要があったのです。

つまり、片平なぎささんが、こだわっていた白湯は、鉄分0の水だったんです。

こだわりの食事はこちら

朝 鉄瓶で沸かした白湯

にんじん2/1、りんご

みそ汁にご飯50g入りのおじや

昼 小鉢がいっぱいの和食

夜 ごぼうと野菜一杯のスープ、豆腐、納豆

 

スポンサードリンク



 

片平なぎさは極度の方向音痴だった!地図がひどすぎる!

片平なぎささんは極度の方向音痴だそうです。

収録スタジオから、楽屋までの地図を、書いてもらうと、ひどいものでした。

認知症にくわしい医師竹中龍人さんから、「空間認知」という言葉を聞くと「認知?」とおどろいていましたが、

要するに、場所を上から見てしまうからだそうです。

道を覚えられなくても、何度も何度も経験して、意識して覚えるようにするとよいそうです。

片平なぎささんのプロフィール

片平なぎささんは1959年7月12日生まれの56歳です。

アラフォーと言われてもおかしくないくらいの若々しさですよね。

現在は、HORIPURO所属ののタレントさんです。

1974年にオーディション番組の「スター誕生」からアイドル歌手になりました。

バラエティー番組に引っ張りだこの榊原郁恵さんと同期です。

1978年からは歌手を辞めて、女優に転向され、「スチュワーデス物語」では悪役を演じて衝撃的でした。

1990年代からは、日本テレビの「火曜サスペンス劇場」フジテレビの「山村美佐シリーズ」テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」に

出演され、『2時間ドラマの女王』と呼ばれるようになりました。

今は山瀬まみさんですが、新婚さんいらっしゃいの初代アシスタントでした。

結婚はされていません。

番組共演の多かった、船越英一郎さんとつきあっていたとうわさがありましたが、結婚にはいたらなかったようです。

血液型はO型、性格は、情にあふれ心の内をストレートに表現する明るい性格の方のようです。

性格に問題があっての「結婚できないんじゃなくて、離婚したくないから、結婚しない」のだそうです。

ダメ出しをした医師は藤林万里子(東海大学医学部形成外科臨床助手)

huzibayasi

出典:http://earthagency.jp/

スキンリファインクリニック吉祥寺院に勤務されています。

専門分野は美容皮膚科、形成外科だそうです。

体の内側、外側から美と健康をプロデュースされています。

 

 

スポンサードリンク
PREV:月曜から夜ふかしで関ジャニファン必見の赤羽八幡神社が登場した件
NEXT:変顔モデルmireiの変顔自撮りがすごい!本名は?彼氏は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です