現在リニューアル作業中です。

明徳義塾高校野球部2017年メンバーや寮生活や人数は?プロ野球選手も!

 

今年も熱い戦いが続いている夏の甲子園!

 

第一回戦で、日大山形を相手に見事勝利を収めた、
明徳義塾高校野球部

 

夏の甲子園には、8年連続19回目の出場
いう事で、貫禄のある試合展開でしたね。

 

少し、一回戦を振り返ってみると、
両チーム立ち上がりに得点を重ね、
序盤から3-3の
緊迫した試合展開となりました。

 

その後は、どちらも譲らず、
延長12回に3得点をあげた、
明徳義塾高校の勝利となったわけですが、
この試合で特に注目したのが、
明徳義塾高校の2番手市川悠太投手

 

なんと、2年生ながら
落ち着いたマウンドさばきで、
7回を投げて無失点ですよ。

 

先発投手の北本佑斗投手がしっかりと試合を作ると、
その後は、安定したピッチングで、
2年生とは思えない
素晴らしい投球術を披露してくれました。
2回戦以降の試合もすごく楽しみになりますね。

 

 

今回は、安定した強さで名門高校として、
全国的に知られる明徳義塾高校野球部がどのように、
生活を行っているのかを探っていきたいと思います。

 

対戦相手や他の高校のの記事はこちらをどうぞ!

特集総合ページ

 

明徳義塾高校野球部2017年メンバーや寮生活や人数は?

出典:朝日新聞デジタル

 

 
現在、明徳義塾高校野球部の人数は134名

 

全体の70%が県外からのメンバーで、
これほど県外から集まるには理由がありました。

 

それは、野球部員全員が青雲寮という寮での、
共同生活。

 

 

いえば、野球漬けの生活を行う事ができると
いう事なんです。

 

また、部員全員が同じ寮で生活することで、
刺激し合い、互いに高め合うといった文化は、
非常に素晴らしいものがありますね。

 

毎朝、5時から自主練

 

7時過ぎに朝食

 

朝食は、ご飯3杯パンなら6個は必ず食べると
決められている様です。

 

要は、食べることも練習の一環。

 

学校が終わり練習を行うと、
毎晩21時からミーティングで、
家族に感謝することを忘れない様です。

 

その後は、22時半の消灯までは、
素振りをしたり
ストレッチをしたり電気が消えるまで、
練習を繰り返すそうなんです。

 

そんな生活環境から見てみると、
名門校はこうして作られるというよりも、
これまでの選手が作ってきた、
伝統、文化が非常に素晴らしいと言えますよね。

 

 

そんな伝統ある明徳義塾高校の
青雲寮からプロ野球選手として活躍する選手を、
探りたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 スポンサードリンク

 
明徳義塾高校野球部出身のプロ野球選手をチェック!

 
 明徳義塾高校では、
これまでに21名のプロ野球選手を、
輩出しています。

全国の高校を見てみると、
PL高校や横浜高校など
数多くのプロ野球選手を輩出していますが、
明徳義塾高校も
それに負けないやはり名門校になりますね。

 

現在、プロ野球選手として活躍している選手を
紹介すると、オリックスバファローズ伊藤光選手
楽天イーグルス北川倫太郎選手
同じく楽天イーグルス石橋良太選手
そしてヤクルトスワローズ古賀優大選手です。

 

どの選手もチームの中心選手としてしっかりと
結果を残していますね。
そんなプロ野球選手を輩出する明徳義塾高校の
名将と言われる馬淵監督
今年、プロから注目される、
西浦選手について詳しく見ていきましょうね。

 

明徳義塾高校野球部の馬淵監督や西浦選手に注目!

 
名将として知られる馬淵史郎監督は、
1990年から指揮を取っています。

 

青雲寮近くに家を立てた様ですが、
その家での生活は、
わずか1か月程度で、
ほぼ青雲寮で生徒と共に共同生活を
行っている熱血的な監督とも言えるでしょう。

 

馬淵史郎監督といえば、
1992年夏の甲子園で、
松井秀喜選手に5敬遠与えたことで知られていますね。

 

今年の春の甲子園では、
早稲田実業の清宮幸太郎選手との
激突で、
あの松井秀喜選手と同じように敬遠するのか、
すごく注目されました。

 

そんな名将は、
素晴らしい記録を成し遂げようとしています。
それは、甲子園での50勝。

 

現在49勝ですので、
この夏の大会で50勝を成し遂げて欲しいですね。

 

 

それでは、今年プロから熱視線を向けられている、
西浦颯大選手について紹介したいと思います。

 

西浦颯大選手は、
中学生時代熊本北リトルシニアに在籍し、
3年生の頃はU15日本代表に選ばれ、
W杯に出場。
その後、明徳義塾高校に進学し、
1年生の春からレギュラーの座を
奪いました。

 

 

昨年の夏の甲子園では、

なんと満塁ホームランを放ち、
高校通算で23本塁打を記録しています。

 

また、50メートルを5秒台で走り、
守備では強肩として知られ、
3拍子すべてが揃った逸材です。

 

今年の夏の甲子園でどれだけ暴れまくるか、
注目が集まる選手に間違いないですね。

 

 

対戦相手や他の高校の記事はこちらをどうぞ!

特集総合ページ

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.