松方弘樹、脳リンパ腫と診断!手術可能なのか?

matukata
スポンサードリンク
脳腫瘍の疑いで長期療養に入られた俳優の松方弘樹さん(73)の病名が脳リンパ腫と診断されました。 3月2日、所属事務所がFAXを通じて発表しました。 「担...

脳腫瘍の疑いで長期療養に入られた俳優の松方弘樹さん(73)の病名が脳リンパ腫と診断されました。

3月2日、所属事務所がFAXを通じて発表しました。

「担当医師より検査結果が報告され『リンパ腫』との確定診断に至りました」と報告。「予定しておりました仕事のスケジュールをやむを得ず降板する事に際しまして、ファンの皆様、関係者の方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけ致します事、心よりお詫び申し上げます」

つい最近まで、お元気で、具合が悪くなってからも「インフルエンザかな?」程度での受診をされました。

matukata

出典:http://eiga.com/

松方弘樹さんは、先月23日に、脳腫瘍の疑いということで、公演の中止や舞台の降板をされ、組織の生検を行っており、今日病名が発表されました。

脳リンパ腫とは?

松方弘樹さんが診断された脳リンパ腫とは、通常は脳の悪性リンパ腫のことを指し、以前は全体の悪性リンパ腫の中でも1パーセントにも満たないごく稀な病気とされていました。

つまりわかりやすく言うと、脳の中にできた癌ということです。

現在でも脳リンパ腫に罹る割合としては10万人に0.38人であり、稀な病気であることは確かです。発症年齢は60歳前後が最も多く、女性よりは男性がやや多く罹患しています。

脳は、脳血管関門とよばれる特殊な仕組みがあり、有害物質や薬などを簡単には脳の中に通さない仕組みであり、脳を守る仕組みとなっています。
しかしこの仕組みがあるがゆえに、脳リンパ腫の治療をする際には他の癌治療に用いられる抗がん剤が使えず、限られるという結果になってしまっています。

 

スポンサードリンク


//

手術は可能なのか?

外科手術は、以前はよく行われていたそうですが、再発が多く、正常な脳の組織をも切り取ってしまうために、日常生活が困難になってしまうことが多いそうです。

現在では、腫瘍そのものを切り取る手術は行われていないそうです。

したがって松方弘樹さんの手術は行われない可能性が強いようです。

放射線治療は外科的切除よりは、結果が良いそうですが、多くが再発してしまいます。

松方弘樹さんには放射線治療と抗がん剤を併用した治療が行われるのではないでしょうか?

脳リンパ腫の症状は?

脳に腫瘍ができて脳が圧迫されるために脳の働きが阻害される
ことによる麻痺や、感覚障害などがあるそうです。

頭痛、吐き気、嘔吐なども1/3~1/4で、精神症状も1/5でみられるそうです。

役者復帰はあり得るのか?

>脳にできた癌で手術は困難、73歳と高齢なことから、抗がん剤や放射線治療なども負担が大きいでしょうから、残念ながらしばらくはお元気な姿を見ることは難しいかと思います。

細木数子先生の六占星術では12年に3年間ある大殺界の真っ最中です。
病気に負けて天国へ旅立たれることもあり得るかもしれません。
スポンサードリンク
PREV:ライザップ4ヶ月で森永卓郎が20キロ減量!その方法は?
NEXT:榮倉奈々&賀来賢人の熱愛発覚!「Nのために」がきっかけか!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です