小林麻央の病名は乳癌!抗がん剤治療中の心境は?

mao
スポンサードリンク
2016年6月9日の記者会見で、 市川海老蔵さんが、妻の小林麻央さん(33歳)の病名について会見を開きました。 夫婦で、人間ドックを受けたときに発覚...

2016年6月9日の記者会見で、

市川海老蔵さんが、妻の小林麻央さん(33歳)の病名について会見を開きました。

夫婦で、人間ドックを受けたときに発覚した。

スピードの速いもので、なかなか大変なものだと医師から説明された。

覚悟を決めたうえで、公にするのかしないのかを悩んだ末、1年8か月前の乳癌発覚からずっと隠してきたそうです。

病名は乳癌!

抗がん剤治療は人によってきかなかったり、効いたりする。

いまは、中心として抗がん剤治療。

零下4歳は、少しづつ状況を理解してきている。

麻央自身は今回のことをどう受け取っているのか

げんきになりたいきもち、母親で居られないつらい気持ちを感じる。

麻央は、子供たちと楽しく過ごす時間は、キラキラした時間を過ごしている。

ステージは?

という質問に、「比較的深刻な症」ということでご理解いただきたい。

日本橋のホテルでわたし自身途方に暮れた。

麻央本人は、気丈に冷静に物事を判断していたので、私より、ショックは大きかったと思う。

麻央という存在の大きさを痛感している。

 

今日は、子供たちは、お客さんがたくさん来てはしゃいできた。

父親として、子供たちを導いていかないといけない。

麻央がげんきになっていくのを見守っていただきたい。

どんな言葉をかけて励ましたか

「ポジティブな部分とネガティブなんき部分があるけど、必ずげんきになるからと言った。」

もうしわけないというきもちがつよいのではないか。

子供たちの人生の選択の一番大切な時期にそばにいてあげられないことを申し訳ないと思っている。

 

スポンサードリンク



 

癌が発覚してからはどんな1年8か月だったか

長かった、これからも続くので、各々が、悲しんだ1年8か月だった。

元気になるまでは、家族が支えていきたかった。隠さなくていいことにほっとしている。

辛かったけど、あの頃は大変だったねと言えるようになりたいね、と話している。

なるべくしずかにみまもっていただきたい

 

小林麻耶も仕事の合間に看病していたので、疲れがたまっていたのではないだろうか。

自分もずっと休みが取れていないので、休みを取って旅行に行きたいのでそっとしておいてほしい。

静かな環境で、麻央さんの治療や、子供たちの生活を確保していただきたい。

これからの治療は?

抗がん剤で小さくしてから手術をということで、合う抗がん剤をためしながら使っていた。

ホルモン療法が使えないのは、悪いほうの癌。

比較的スピードの速い癌で、小さくても転移が早かったのでは。

これから、癌とのながい戦いになると思うので、みんなで乗り越えたい。

 

幸せを絵にかいたような家族だとおもっていた麻央さん家族。

今回の治療を乗り越えて、癌に勝っていただきたい。

小林麻耶さんも、体調を崩していることはこのことがげんいんだったのではないでしょうか。

細木数子先生の六占星術で調べてみた

小林麻耶さんは、健弱という時期ですが、大殺界ではなく、小殺界です。

かならず、生還されると思います。

小林麻耶さんが大殺界です。むしろ注意してほしいです。

もしかしたら、麻耶さんの大殺界の影響を受けているのではないでしょうか

 

最後に関連してると記事を載せておきます。

小林麻耶長期休養の本当の理由判明!心の病からカルト集団に?

スポンサードリンク
PREV:スッキリ!10周年記念フェス出演のアーティストはだれ?
NEXT:永瀬正敏、役作りで激やせ!健康へ悪影響?病気のリスクは?

コメント

  1. […] 小林麻央の病名は乳癌!抗がん剤治療中の心境は? […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です