慶應義塾高校野球部2018の監督やメンバーは?グランドや寮と髪を調査!

文字サイズ:||

スポンサードリンク


皆さんこんにちは! エンタメガ天ライターの@soraです。   毎日寒いですね。   豪雪のピークは8日までみたいなので、 雪が降ってる地方の人は、 も...

皆さんこんにちは!

エンタメガ天ライターの@soraです。

 

毎日寒いですね。

 

豪雪のピークは8日までみたいなので、

雪が降ってる地方の人は、

もう少しの辛抱です。

頑張れ自分。笑

 

春の選抜高校野球。

神奈川からは9年ぶり9回目となる、

慶応義塾高校野球部が出場します。

 

2018年の監督やメンバー、

寮やグランドといった施設、

野球部の概念を覆す、

髪型などについても調べてみました。

 

慶應義塾高校野球部2018の監督とメンバーは?

 

慶應義塾高校野球部2018の監督は、

森林貴彦監督です。

 

東京都渋谷区生まれ。

慶應義塾普通部から慶應義塾高等学校

慶應義塾大学法学部法律学科を、

卒業しています。

 

バリバリの慶應ボーイですね。

 

現役時代は名ショートとして活躍、

学生コーチ時代には、

元西武の佐藤友亮選手を育てました。

 

その後は某有名企業に勤めるも、

高校野球への夢は捨てがたく、

指導者になることを決意し、

筑波大学大学院で体育理論を修めます。

その後は幼稚舎教諭として、

日吉倶楽部技術指導委員長として、

また学生コーチOBとして、

積極的に、

部員の技術指導に携わってきました。

 

そして、

2012年から助監督に就任、

2015年秋から監督として指揮を執っています。

 

慶應愛溢れる経歴ですね。

 

幼稚舎教諭と高校野球部監督という、

二束の草鞋をみごとに履きこなし、

甲子園へ向けて、

部員とともに歩んでいます。

 

そんな森林監督率いる、

慶応義塾高校野球部2018のメンバーは

こちらです。

 

2018年度のメンバーですので

現時点で1学年繰り上げて

表示しています。

背番号 名前 学年 出身中学
1 生井惇己 3 千代川中学校
2 善波力 2 城山中学校
3 吉川海斗 2 富勢中学校
4 奥村拓馬 3 駒留中学校
5 下山悠介 3 打瀬中学校
6 宮尾将 3 法政大学第二中学校
7 大川裕也 3 清新第二中学校
8 関展里 2 栄中学校
9 石田新之介 3 慶應義塾中等部
10 渡部淳一 3 東深沢中学校
11 丸田俊之介 3 富士中学校
12 千坂卓海 2 松島中学校
13 杉岡壮将 2 宮崎中学校
14 田邉慎之佑 3 浜中学校
15 駒形凌 2 小平中学校
16 山下健太郎 2 八潮学園
17 斎藤俊 2 西葛西中学校
18 福島豪 2 蕨市立第一中学校

 

 

 

2017年秋季関東大会のメンバーですので、

選抜時、

学年は1つ上がっています。

主将は5番の下山悠介選手

 

注目選手は2番キャッチャー、

善波力選手です。

 

父親は、

ユニバーシアードで金メダルを獲得した、

大学日本代表監督を務める、

明大の善波達也監督です。

 

野球だけでなく、

成績もほぼオール5に近いなど、

文武両道がしっかりできていますね。

 

 

スポンサードリンク

 

慶應義塾高校野球部のグランドや寮とは?

 

慶応義塾高校野球部のグランドは、

日吉台球場

 

大学準硬式野球部と共有ですが、

平日の授業終了後は、

専用で使用できるようです。

 


出典:慶応義塾高校野球部HP

 

1、3塁にはダッグアウトやブルペン、

室内練習場やトレーニングジムなど、

設備は充実しているようです。

 

監督やコーチ、

マネージャーのための通称管理棟もあり、

細かな配慮も見られます。

 

寮について、

野球部専用の寮はないようですが、

民間の学生寮はあるようです。

 

寮の食事は夜10時まで、

しかし、

学校周辺が学生街なので、

飲食店は多いようです。

 

練習の際もこんな甲子園モデルの

スパイクを使ってるんでしょうか?

 

 

慶應義塾高校野球部の髪について!

 

慶應義塾高等学校硬式野球部は、

そのユニークで伸び伸びとした野球姿勢から、

「エンジョイベースボール」

の名で広く知られています。

 

“日本一を目標とし、古い体質の日本の高校野球に新風を吹き込む。”

という文言があり、

これまでの高校野球の文化や常識を打ち破り、

慶応義塾高校野球部独自の道を切り開こう。

 

と言う強い意志が感じられます。

 

具体的には、

高校球児の一番の特徴である髪型です。

 

坊主を強制しない。

 

高校球児といえば坊主頭ですね。

 

僕の高校の野球部も坊主でした。

 

しかし、

慶応義塾高校野球部では、

前監督上田誠氏が、

坊主を強制しても強くはなれないという考えで、

実際に試合でも坊主でない選手が、

数多く見受けられるようです。

 

髪型以外にも、

型破りなスタイルがあります。

 

冬季トのレーニングでは、

普通筋トレやラン等を行いますが、

より動きやすく、

トレーニングの効果を最大化させるために、

ユニフォームでなくジャージや手袋、

アップシューズといった格好で行います。

 

確かに、

野球部は常にユニフォームで、

大変だな思っていました。

 

このように、

野球部というもの対する概念を崩し、

スポーツを楽しんで強くなるという、

エンジョイスポーツはまさしく、

スポーツ本来の姿ではないでしょうか。

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

古い伝統をいい意味で崩す。

 

それが慶応義塾高校野球部の、

強さの秘訣かもしれませんね。

 

2018年も彼らの躍進に期待です。

 

スポンサードリンク

 

PREV:名探偵コナンの映画のベイカー街の亡霊の無料視聴方法は?
NEXT:日大山形野球部2018の監督やメンバーの出身中学は?寮や斎藤も調査!

コメントを残す

あわせて読みたい関連記事


スポンサードリンク