意識回復のブルリバー青木!病気の病名は?


    スポンサードリンク


    先日3月22日に体調に異常を感じて自ら病院に行ったという、売出し中のお笑いコンビ「ブルリバー」の青木淳也さん(34歳)がその時の診断で危険な状態で...

    先日3月22日に体調に異常を感じて自ら病院に行ったという、売出し中のお笑いコンビ「ブルリバー」の青木淳也さん(34歳)がその時の診断で危険な状態ですぐに手術が必要と診断されていた。22日に始まった手術の影響で意識不明の状態の陥っていた青木さんが呼びかけに反応できるほどに回復したことを、相方の川原さんが自分のツイッターで明らかにされました。

    ブルーリバー青木の病気の病名は?

    ブルーリバーの青木淳也さんは22日のお医者さんの診断でA型急性大動脈解離だと診断されました。そのため診断されてすぐに緊急手術が必要ということで手術が始まりました。22日の午後7時に始まった手術はなんと18時間にも及んだそうです。そして回復までには1ヶ月以上かかる見込みだということです。

    コンビの相方の川原豪介さん(34歳)は「あいかたも今必死でがんばっているとおもいますので、皆様からもパワーを送り、しんじてまっていただけたらありがたいです」と話されました。

    「ぼくはあいかたが戻ってくるまで、一人でブルーリバーをがんばります!かならずげんきになって、また皆様の前でブルーリバーのマンザイをかならずおめせしたいと思っています」とやくそくされました。

    また意識が回復して川原さんはツイッターで「あいかた、青木のいしきがもどりました。手術をして一週間はきつかったとおもいますがおうえんしてくれる皆さんの気持ちが伝わったのだと思います」と報告されました。

    青木さんはまだかいわなどはできないものの問いかけにうなずいたり、からだをうごかしたりとハッキリと反応しているという。

    青木淳也さんのプロフィール

    aoki

    出典:fox.2ch.net

    名前:青木淳也(あおき じゅんや)

    誕生日:1982年1月6日(34歳)

    出身:福岡県福岡市

    身長:186cm

    体重:107kg

    血液型:AB型

     

    スポンサードリンク



     

    ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。

    2004年に九州産業大を卒業してブルーリバーを本格始動。

    2014年四月に上京。

    高校地理歴史教員免許を持っていて、特技は日本史の授業。

    趣味はドライブと料理。

    ブルーリバーの二人は福岡出身で高校の同級生。コンビ結成は2004年ということです。

    青木さんが身長186cm体重110kg。川原さんが184cm体重110kgと二人揃って巨漢の男性コンビです。

    はかた直送のヘビー級マンザイで福岡では圧倒的な人気をもっていて最近はきょてんを東京にうつしていた。二月に開かれた「ワタナベお笑いNO1決定戦」では参加した233組のなかから最後の4組に残ったりしていて今後を期待されていたようです。

    急性大動脈解離とはどんな病気?

    動脈のかべは内まく、中まく、外まくの三重のそうでできています。

    動脈解離とは内まくにキレツができて中まくのそうで内まくと外まくの間にすきまができます。

    けつあつと血流によってすきまがどんどんさけていきます。動脈が中まくのそうで裂けて、二重の腔になってしまう状態です。

    大動脈に乖離が発生した場合が急性大動脈解離といわれてます。

    大動脈解離は近年ぞうかしつつあって、予後がふりょうのためにちゅうもくされている病気です。

    突然はっしょうし放置すればはっしょうご48時間以内に50%一週間以内に70%二週間以内には80%の高確率で死亡するといわれています。

    PREV:バトシン・アキと藤田ニコルが結婚?! ウエディングドレス姿をキャッチ!!
    NEXT:報道ステーションのお天気キャスターに抜てき森川夕貴のプロフィールは?

    コメントを残す

    あわせて読みたい関連記事


    スポンサードリンク