えんとつ町のプペルの無料公開の理由はなぜ?対象年齢や評価、感想は?

文字サイズ:||

スポンサードリンク


みなさん、こんばんは!   昨年、2016年の10月頃に お笑い芸人のキングコングの西野さんが 「えんとつ町のプペル」という絵本を発売して テレビ番組で...

みなさん、こんばんは!

 

昨年、2016年の10月頃に

お笑い芸人のキングコングの西野さんが

「えんとつ町のプペル」という絵本を発売して

テレビ番組で紹介されたことで

大きな話題となって

売上部数も23万部を突破していました。

 

僕自身も以前にめちゃイケの放送で

この絵本のことが紹介されて

どんな絵本なのか?結構気になっていました。

 

そんな絵本「えんとつ町のプペル」が

本日2017年1月19日に

突然ウェブ上で無料公開されることが

西野さんのブログの中で発表されました。

 

正直気になっていた身としては

無料でみれるなんて願ってもないことでうれしいのですが

多数の人間で作成したとされる「えんとつ町のプペル」が

無料で公開されることが

クリエイターの身を案じるファンの間では

賛否両論となって話題を呼んでいます。

 

今回はそんな「えんとつ町のプペル」の無料公開の理由はなぜ?ということや

「えんとつ町のプペル」の対象年齢についてや

「えんとつ町のプペル」の評価、感想について

書いていきたいと思います!

 

えんとつ町のプペルの無料公開の理由はなぜ?

今回なぜ無料公開することになったのでしょうか?

 

絵本を作った西野亮廣さんは

自身のブログではファンからのお手紙がきっかけになったと言っています。

 


そのお手紙の一部に


「2000円は高い。自分で買えない」

出典:西野亮廣公式ブログ

 

という小学生の子供からの意見があったそうです。


ちなみに「えんとつ町のプペル」は税込みで2160円します。

 

スポンサードリンク

 

一般的な小学生のお小遣いから考えるとたしかに高いですよね。

 

それから西野亮廣さんは色々と考えてこう考えることにしたそうです。

 

僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。

出典:西野亮廣公式ブログ

 

正直作り手の立場で考えてしまったら無料公開なんてたまらないと思います。

 

独断で公開なんてことはありえないので

相談はされたんでしょうけど、

作り手のみなさんもよっぽどいい人たちなのか

意見の一致があったのでしょうかね?

 

まぁ、個人的には歓迎したいですけどね!

 

ちなみに西野亮廣さんのブログの全文はこちら!

「えんとつ町のプペル」の無料公開サイトはこちら!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

えんとつ町のプペル [ 西野亮廣 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)

 

えんとつ町のプペルの対象年齢や評価、感想は?

僕の評価や感想としては

無料公開のサイトから読んでみると

半分以上が絵で意外と読みやすいです。

 

ウェブでバーと見てみると

文字量が多くて読みにくそうな気もしましたが

読んでみると文章と文章のあいだにうまい具合に絵が

入っていて内容も読み進めやすい感じなのでいつの間にか終わっています。

対象年齢としては小学3年生位でしょうか?

夜寝かせるのに読み聞かせるのには向いてないと思います。

信じる気持ちとかや思いやりの心にふれられてなかなかいい絵本だと思います。

PREV:全日空(ANA)が新千歳空港でオーバーラン!理由や原因を調べてみた!
NEXT:山下澄人の経歴や年齢は?年収や結婚や妻も合わせてチェック!

コメントを残す

あわせて読みたい関連記事


スポンサードリンク