現在リニューアル作業中です。

英明高校野球部2018年の監督やメンバー打率は?黒河や千原に注目!

こんにちは!

 

いよいよ3月も中旬にさしかかり、選抜高校野球の開催まであと残り12日となりました。

 

組み合わせ抽選会も日程が迫っていて3月16日に開催の予定となっています。

 

そこで今回は選抜高校野球に出場する高校の中でも四国地方からの出場となる英明高校野球部に迫っていきます。

 

内容は2018年の監督やメンバーについて、チーム打率や注目選手の黒河選手千原選手についても書いていきますのでごらんになっていってくださいね!

 

選抜高校野球の1回戦の相手はこちら⬇

国学院栃木野球部2018の監督やメンバーは?グランドや寮と出身中学も調査!

 

他の2018年選抜高校野球出場高校の記事はこちらからごらんください!

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

 

英明高校野球部2018年の監督は誰?

英明高校野球部の監督は香川智彦監督

1957年8月8日生まれの60歳。

出身は香川県の多度津町です。

 


出典:ビジネス香川

 

香川監督は高校野球の監督の中でもかなり苦労を重ねてきた監督です。

 

1976年に卒業した丸亀商業高等学校(現 丸亀城西)で野球をプレー。

 

1980年に卒業した専修大学では野球部のコーチを担当。

 

1981年から94年までの13年間は藤井学園寒川高等学校の教諭として野球部の監督監督をつとめます。

 

寒川高校時代の指導方針はスパルタ指導で選手を鍛えまくりました。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”ペガサス左.png” name=”名前募集中1”] 香川監督はスパルタ指導からはじまったんだね。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”男の子右.png” name=”名前募集中2”] 昔の野球って根性論とか多そうだよね。[/speech_bubble]

 

しかし、残念なことに在任中は甲子園には出場することは出来ず、香川監督が辞めた15年後の2009年に寒川高校は甲子園にはじめて出場します。

 

その後社会人野球をやる一般企業に入社。

 

2年ほどそこで監督をやることになりますが社長が口を出してくる方だったらしく、采配の話で衝突して辞めてしまいます。

 

当時、2人の子供がいたのでどうにかして養わなくてはということで野球の道を諦め、瓦職人として働くことになります。

 

1年ほど野球を離れることになりましたが1997年に丸亀城西高等学校の校長から要請があり、再び監督を務めることになりました。

 

しかし、それでも香川さんの生活は苦しかったとのこと。

 

丸亀城西高校の監督をつとめながら、人材派遣会社の営業や、鉄筋工の仕事を兼任しながら働きました。

 

そして、ついに1997年夏に香川監督の尽力で丸亀城西高校は28年ぶりに甲子園出場を果たします。

 


出典:朝日新聞デジタル

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”ペガサス左.png” name=”名前募集中1”] 甲子園への出場。めっちゃうれしかったんだろうね! [/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”男の子右.png” name=”名前募集中2”] 苦労してきた感じが画像の表情ににじみ出てるよね。[/speech_bubble]

 

その後、1998年に香川さんの恩師の橋野純教諭が観音寺中央高校の監督をしていたこともあって橋野純教諭から誘いがあり、香川さんは観音寺中央高校に移ることに。

 

その後、2005年に橋野監督は香川さんに監督の座をゆずり、丸亀城西高校の監督として赴任することになります。

 

橋野監督は初めて出場した選抜で野球部を優勝させていましたがその後を継いだ香川監督は優勝候補と言われる中、2年連続で

敗退してしまいます。

 

しかも、香川監督の生活は楽にならず、依然として苦しい生活が続いたといいます。

 

 

スポンサードリンク

 

香川監督は観音寺中央高校を負けさせてしまった責任をとり辞めて、橋野監督の後を追って丸亀城西高校に移ろうとしますが

その時に英明高校からオファーが来ました。

 

そして、2005年から英明高校の監督として今に至ります。

 

長い経験の中で香川監督はスパルタ指導では選手が伸びないことを学び、指導方法を変えました。

 

ビジネス香川のサイトのインタビューではこう答えています。

 

「その時期の経験で、スパルタでは能力が伸びない、勝てないことが分かったんです。厳しく、そしてほめること。寛厳自在が大事だと分かりました」

 

ボクが驚いたのは英明高校野球部の練習時間は3時間ということ。

 

16時から19時までで20時には皆帰宅するとのこと。

 

たくさん練習する高校も多い中、練習時間は3時間とはすごいですよね。

 

しかも、指導方針は文武両道を目指して、学業を疎かにする選手はベンチ入りはもちろん、練習試合にも出してもらえないそうなんです。

 

かなり異色の監督でよね。長い苦労の中で培われた経験が指導に活きているのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 スポンサードリンク

英明高校野球部2018年のメンバーや出身中学は?チーム打率もチェック!

ここではメンバーについて紹介していきます。

まずはメンバー一覧を御覧ください。

 

位置氏名学年投打身長体重出身中学校前所属
投手黒河竜司2右右18075屋島中学校
捕手中村太陽3右右16575藍住中学校(徳島)徳島ホークス
千原凌平3右右17182桃山中学校(京都)木津川シニア
奥野尚弥3右右17166御影中学校(兵庫)宝塚ボーイズ
田中陸3右右17366立江中学校(徳島)阿南シティホープ
山上慎太朗2右右17262白峰中学校
山下鳴海3右右17473太田中学校
加藤稜3左左17368八万中学校(徳島)阿南シティホープ
中川文太3右左17575光陽中学校(奈良)橿原コンドル
捕外倉石健斗3右左17070太田中学校
投手杉田壱成2右右18293太田中学校
二木大翔2右左17282小松島南中学校(徳島)阿南シティホープ
内外堀江昴生2右右17172国分寺中学校
天満龍弥2右右17057山田中学校
大垣康平2右左17161木太中学校
阿部大樹2右右16862太田中学校
捕手横岡怜2右右16270香南中学校
佐藤旺介2右右16254三木中学校

 

選手の出身地としては香川県出身者が11名、徳島県出身が4名、京都、兵庫、奈良が1名ずつです。

 

地元の選手中心の構成は英明高校の創部からの方針ということで県外枠の特待生は5名までと決められているそうですよ。

 

チームの打率は公式戦の18人の合計が.279。練習試合まで含めた合計が.320です。

 

英明高校の野球部に与えられたグランドは横長でいろいろな練習をするには十分な広さがなかったそうです。

 

そこで香川監督は練習方針の発想を変えて、グラウンドはバッティングセンターのように使うことに決めたそうです。

 

そして、外野と内野の連携プレーは練習試合でのみ、学ばせることに。

 

徹底して練習試合で守備を鍛えることで実践に強いチームになりました。

 

次の項目では注目選手について紹介します。

 

高校野球を見て野球の面白さに気がついたそこのあなた!

 

高校野球のことだけじゃなく、プロ野球やメジャーリーグのことももっと知りたくないですか?

 

そんな情報も毎月定額で読み放題になる方法があります。

 

それはU-NEXT会員が使える電子書籍サイトBookPlaceです。

 

BookPlaceなら野球雑誌スラッガーの最新号が読み放題!毎月U-NEXT会員だけが無料でもらえるポイントを使って野球関連書籍も無料で読めます!

 

人気のアニメの動画も見ることができるのでご家族の方でも楽しめます!

 

さあ!今すぐ登録して子供と一緒に楽しもう!

 

BookPlaceのラインナップをチェックする

 

初回登録はは600ポイントプレゼント!

U-NEXTを31日間無料体験する

 

英明高校の2018年注目選手!黒河や千原を調査!

黒河竜司


出典:https://www.daily.co.jp/baseball/2017/10/14/0010643027.shtml

 

名前:黒河竜司(くろかわりゅうじ)

ポジション:投手

投打:右右

身長:180cm

体重:75kg

 

黒河選手の球速は最速138km。ストレートとキレがあるスライダーを得意として、チェンジアップやフォークも投げる投手。

 

投球は足を高く上げて力強く投げ込むフォームを使いこなします。その様子はヤクルトの小川投手を思い出させます。

 

投球のコントロールも抜群でフォームから分析すると下半身の強靭さがうかがえます。

 

今のフォームは屋島中時代の模索によって生み出されたものといわれています。

 

ポーカーフェイスも特徴で時には味方のメンバーにまで「何を考えているか分からない」といわれたりもするそうです。

 

黒河選手自身はそのことを「集中できてる証拠」とポジティブに捉えてるみたいですけどね。

 

まだ、2年生ですのでこれからさらなる成長が期待できる選手ですよ。

 

千原凌平


出典:毎日新聞

 

名前:千原凌平(ちはらりょうへい)

ポジション:1塁手

投打:右右

身長:170cm

体重:82kg

 

高校通算25本の本塁打を放つ英明高校の4番。

 

身長はさほど高くないものの、そのガッシリとした体型から繰り出される強打が魅力!

 

チームの頼れるキャプテンです。

リストが非常に柔らかい印象でバッティングがむちゃくちゃ上手いと評判の選手です。

 

一時は調子が悪いこともありましたが復活の兆しをみせているので春の選抜では火を吹くかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は英明高校について書いてきました。

 

調べてみて思ったのは経験豊富な香川監督からくりだされる多彩な戦略が勝敗にどう関わっていくかに注目して試合を見るのも面白いかもしれませんね。

 

英明高校の活躍に期待しましょう!

 

選抜高校野球の1回戦の相手はこちら⬇

国学院栃木野球部2018の監督やメンバーは?グランドや寮と出身中学も調査!

 

 

他の2018年選抜高校野球出場高校の記事はこちらからごらんください!

高校野球特集2018!注目の記事一覧!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.